FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.08.15.Wed

ニワトリの喜び

DSC08459_convert_20180728023856.jpg

ニワトリを飼い始めてから一月以上が経ち、いまでは彼女たちも好き勝手に庭の中を歩き回るようになりました。卵は毎日1〜2個のペースで産んでくれるので、新鮮な卵といえばお約束の卵かけご飯にしたり半熟卵でいただいて、ちょうどいい具合に消費できています。

ニワトリの行動を観察していると、お互いの近くにいることが好きなようで、他の鶏がしていることを真似したがる習性があるようです。一羽が地面を掘り起こして虫を探してると真似をして地面を掘り、植物を突いて食べると同じようにつつき、同じように砂浴びをし、同じ時に一休みして毛ずくろいをします。
最近は私たちにもずいぶん慣れてきて、餌をくれる人だとわかっているせいか後を付いて来るようになり、走る姿もとても可愛いです。



DSC08449_convert_20180805061844.jpg

養鶏場は”半端なく臭い”という子供のころの記憶があるので、小屋の中と小屋周りの鶏糞は毎日拾って、野菜クズや刈った雑草と混ぜてコンポストに入れて堆肥にします。


DSC08668_convert_20180814193735.jpg

DSC08669_convert_20180814193817.jpg

ニワトリを飼い始めるときにネコの存在が心配だったのですが、その心配をよそにニワトリが近ずくとネコの方が逃げて行きます



DSC08622_convert_20180814052631.jpg

この自由なニワトリたちを見ていると、自然とは程遠い環境の中で飼育されているブロイラーの事をつい考えてしまいます。ニワトリ本来の持つ生きる喜びや尊厳を無視して、狭い室内や籠の中で工場で物を作るように飼育するのは果たして『当たり前』なのでしょうか。
ニワトリだけに限らず、身動き一つできない場所で一生を終える現代の家畜は、資本主義が生んだ競争社会の犠牲者に他ならないと思います。
少しずつではありますが、世界各地でそういった動物の飼育環境を改善する動きがでてきているので、多くの人が関心を持つようになればいいなと思っています。






hana8_201808090524129c8.jpg





Dj1o_aAU0AAqsRZ_convert_20180806175224.jpg


山口県で行方不明になっていた2歳の男の子が見つかったと聞きホッとしました。私の孫もこの子と同じくらいの歳なので、小さな子供からは絶対に目を離してはいけないなと感じました。無事発見されてさぞかし家族の方も喜ばれていらっしゃると思います。発見したボランティアのおじいさんも素晴らしいです。
いったい何があったのかフランス人女性は未だに行方がわかっていません。良いかたちで発見されることを願っています。

2018.08.08.Wed

”命に危険な夏”にならないために

Meteo-des-previsions-alarmantes-pour-2050.jpg

今年の夏は日本だけでなく北半球全体が猛暑に見舞われているというのは、皆様もすでにご存知のことと思います。私の住んでいる所も(パリ南方50km)昨日まで最高気温30〜36℃という日が何日も続いていましたが、ようやく今日は30℃を下回る気温になりました。

4年前の2014年の12月に、フランスの気象庁が過去のデータを元に『2050年8月18日のフランスの天気予報』というのをというのを発表したことがあります。そのときのブログ記事→2050年8月18日 暑・・予想ではほとんどの地方の気温が30℃〜43℃になると予測しています。そのときこれを見て「本当にこんなことになるのか!?」と思いましたが、2018年の今。猛暑に見舞われている日本を見ていると、32年も待たずとも、あと数年でこの天気予報図に近いことになるような気がしてなりません。
日本に住んでいる母は”異常気象だね”と言いますが、大雨と猛暑を繰り返す日本の夏が異常ではなく”例年の夏”になりつつあると感じている人も多いのではないでしょうか。


地球が一つの大きな生物だとすると、努力次第で人間は善玉菌にも悪玉菌にもなりうる存在だと思います。大事なのは毎日の生活の中で排出される「二酸化炭素を減らす努力」を少しでも実践することだと、最近の気候の変化を目の当たりにして思うのでした。





hana8_201808090524129c8.jpg





Dj1o_aAU0AAqsRZ_convert_20180806175224.jpg

2018.08.05.Sun

緊急

Dj1o_aAU0AAqsRZ_convert_20180806175224.jpg

私の友人の知り合いのフランス人女性が、先日、栃木県を旅行中に行方不明になってしまいました。
以下、産經新聞より『県警によると、ベロンさんは身長165センチ、中肉で髪は茶色。7月27日に来日し、28日から2泊の予定で日光市匠町の宿泊施設に1人で宿泊していた。同29日午前10時ごろ、外出する様子だったベロンさんに宿泊施設の男性経営者が見かけて声を掛けて以降、姿が見えなくなったという。
30日午前11時ごろ、宿泊施設から近くの交番に連絡があり、ベロンさんがメモに残してた付近の観光施設周辺などを捜索したが、手がかりが得られていない。宿泊施設にはスーツケースやパスポートが残されており、小さなショルダーバッグなどの軽装で出かけたとみられる。ベロンさんは今月中旬まで日光市や東北、京都などを旅行する予定だったとみられる。』

現在すでに1週間が経っても見つかっておりません。どこで何がきっかけになるか分かりませんので、今回ブログに掲載いたします。些細なことでもかまいませんので、何か情報がありましたら日光警察署の方にご連絡お願いいたします。


2018.07.27.Fri

水に集う

DSC08490_(1)_convert_20180728023859.jpg

今日は最高気温36℃。昨日も32℃まで気温が上がりましたが、この4℃の気温差はやはり違いますね。まるでオーブンの中にでもいるような感じがしました。それでも湿気の多い日本の36℃の方が、同じ気温でもさらに暑く感じると思います。
こちらは暑いだけでなく、このところまとまった雨がほとんど降ってないので、庭の雑草やコケはカラカラに干上がっています。
そのせいか、この暑さの中珍しく鹿さんが2頭、昼間に水を飲みにやってきました。



DSC08487_(1)_convert_20180728020329.jpg

庭にある小さな池は、去年の春に友人が穴を掘って作ってくれました。夏だけに限らず、ここに住むたくさんの野鳥が水を求めて集まってきます。代わる代わる鳥たちが水浴びをする姿はとても愛らしく、いつまでも眺めていられます。
春には金魚とカエルが産卵し、今ではメダカほどの大きさの金魚とた足の生えたオタマジャクシ、それとゲンゴロウ、あめんぼう、とんぼの幼虫のヤゴも見かけます。
全ての生き物が水を求めて集まる様を見ていると、まさに水は命の源なんだなと実感します。







2018.07.22.Sun

ポンピエ

IMG_3011_convert_20180723052713.jpg

この夏、庭で頻繁にスズメバチを見かけるようになったので、どこかに巣でもあるのかなぁと思っていたら、案の定我が家の屋根裏に巣を作っていました。こちらが何もしなければ、スズメバチの方もおとなしくしているのでしょうが、洗面所の通気口付近に巣があるらしく、日に日にスズメバチの死骸がポツリポツリと落ちてきます。ある日、生きたスズメバチが3匹、洗面所の中を飛び回っていたので、仕方なく消防士(Pompier ポンピエ)を呼んで巣を駆除してもらうことにしました。


IMG_3009_convert_20180723052826.jpg
暑い中、屋根の上で防護服を着た人が作業しています。
先輩消防士は下で見守ってるだけ(^^;)

スズメバチの駆除に消防士を呼ぶというのもおかしな話に聞こえますが、実はこれがありなのです。フランスで消防士といえば誰もが一目置く存在で、子供から若者までの憧れの職業でもあります。火事の時の消火活動、災害や事故だけでなく、スズメバチやアブの巣の駆除(有料=日本円で17,000円ほど)をお願いすると、予約なしでもすぐに駆けつけてくれます。困った時に頼りがいのある消防士は、市民から高い支持を受けています。



DSC08439_convert_20180722181346.jpg
窓辺で涼むあずきちゃん





 | HOME |  OLD »