FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.08.12.Wed

暑さの峠

DSC03726_convert_20200813022414.jpg
ここ数日、35℃前後まで気温が上がる日が続いています。
庭のあちこちに水を置いてあるので、ひっきりなしに水を飲みにやってきます。
鳥だけでなく小さなスズメバチのような虫もやってきます。



DSC03668_convert_20200813031347.jpg
最近は、1日の大半をうちの庭で過ごしている、黒ねこクッキー君 
茶トラ君、この後クッキーを脅かしに走ります。

クッキーは茶トラ君に服従を示す態度をとるので、喧嘩にはなりません。




DSC03573_convert_20200813030857.jpg
ご近所の歌舞伎ねこ 白太郎
たま〜にやってきます。浮世絵に出てきそうな顔!




DSC03669_convert_20200813035155.jpg

朝方は元気な茶トラ君。午後になるとどこか木下に消えてゆきます。
時々カミナリは鳴るものの、お湿り程度の雨が降るだけ。


フランスでは昨日、1日のコロナウイルス新規感染者が2,500人確認されました。
5月以来、一番の多さだとか。間違いなく増えつつあっても、今の段階では感染を
しないように、させないようにと注意を呼びかけることしかできないようです。







2020.08.09.Sun

夏だからこそ

DSC03741_convert_20200810010307.jpg

夏になると、妻はグラスに注いだ水道水に、アーモンドシロップを入れてよく飲んでいます。美味しい、美味しいというので一度飲ませてもらうと、とても美味しいとは言えない、クセのある不味い飲み物でした。
同じようにミントシロップと水を混ぜて、これまた冷えてもいないのに美味しい、美味しいと言って飲んでいます。

ヨーロッパでは冷えてないビールを飲む人も多く、このあたりの感覚の違いはなんだろうなぁと思います。

日本では、ご飯のおかずに果物を入れるのが許せないという人もいます。こういった自分の中ではありえない、不味い、嫌いだ、というものが、いつの間にか好きになっていることが増えてきました。

理由はよくわかりませんが、無性にのどが乾いているとき。お腹がペコペコに空いてるとき。暑くてどうしようもないとき。逆に寒くて凍えそうなとき。

そんなときに飲んだり食べたりしたものが、ふとした瞬間、「嫌い」と「嫌い」の間にある「隙」にスルっと入り込んで「好き」に変わってしまう。

私が熱くて甘いミントティーを好きになったのは「夏を楽しみたい」そんな想いがあるからだと思います。



DSC03743_convert_20200810010145.jpg
ねこ川柳

夏休み 日記に書こう きょうも寝た・・



2020.08.06.Thu

家の周りにいる生き物達



この辺りは野鳥がたくさんいるので、たまに窓ガラスに激突してしまうことがあります。運が良いと脳震とうを起こしただけで、しばらくすると飛んでいくのですが、運が悪いと即死してしまうこともあります。
つい最近、やはり窓ガラスに当たって羽を痛めた野鳥を捕まえて、怪我をした野生動物の面倒をボランティアで見てくれる病院へ連れて行きました。

ところが今朝また、うちのネコが一羽の小さなスズメを追いかけて、家の中に呼び込んできてしまいました。こうなると家の中がパニック状態に陥ります。巣立ったばかりの雛なので、ネコが危険であるということをよくわかっていなかったようです。無事なんとか捕まえたのですが、どうも羽のあたりを怪我したようなので、しばらくカゴの中に入れて様子をみようと思います。


DSC03591_convert_20200806050422.jpg
ワル顏・・

やはりネコがいると、野鳥に悪いことをしないように、こちらも十分に気をつけないといけません。野鳥の餌場の下に柵を起き、金魚も捕まえるので池の淵にも柵を置いています。


IMG_7238_convert_20200807054732.jpg

雨が降らないので、土地はカラカラに干上がり、木々の葉も気の毒なほどしおれて、植物は黄色く色づいてきました。そんな乾ききった日が何週間も続いているので、池で野鳥が水浴びをしたり動物が水を飲みに来る姿を見かけると、やはり自然の中で生きる生き物にとって、特に真夏は水ほど大切なものはないなと感じます。


2020.08.03.Mon

茶トラ君,肥満疑惑

DSC03652_convert_20200804033130.jpg

池にいたカエルたちは皆旅立ち、8月になってようやく睡蓮の花が咲きました。モネの庭でたくさんの睡蓮の花を見てうちの庭でも育てたいと思い、今年で3年目になります。冬に氷が張るので、池の深さが1m以上必要だと言われています。いつか青い色の睡蓮もそだててみたいと思っています。



茶トラ君は暑くなって食欲が落ちたので、夏痩せしたかなぁと思っていたら、お腹を上にして右にコロリ、左にコロリと転がるように毛づくろいをしています。普段から見慣れていると、体型の変化に気がつきにくいものですが、これは間違っても痩せてるネコではない・・。最近あまり食べていなかったのは、自分の家に戻ってしっかり食事を済ませてたのかな?肥満とまではいかないにしても、明らかに赤に変わる一歩手前、黄色信号点滅状態です。でも、可愛い顔でおねだりされると断るのが難しいです(ーー;)


DSC03678_convert_20200804172223.jpg
ネコ川柳

毛ずくろい 腹の脂肪が じゃまをする・・




2020.07.31.Fri

アフリカ大陸からやって来る

DSC03539_convert_20200801031234.jpg
アガパンサス(南アフリカ原産)

今年はまだ猛暑になっていないと言った途端、36℃を超える暑さがやってきました。なんでも、アフリカの方から暖かい空気が流れ込んでいるそうです。日本で生まれ育った私にとって、自分の住んで居る地域にアフリカ大陸から空気が流れ込むということを、いまでも不思議な感覚で捉えています。

それと同じようなことで、以前、私が初めて義父の住む南仏に行った時、海の方角にたくさんの綺麗な鳥の群れを見かけて「ずいぶん沢山鳥がいるけどなんだろう?」と妻に尋ねると、あれはフラミンゴの群れだと聞いて、とても驚いたことがありました。実はそこは海ではなく広い湿原で、毎年春夏にアフリカ大陸からフランスへ渡って来るんだとか。水面に映るフラミンゴの美しい姿に感動したのを覚えています。
フラミンゴは動物園でしか見たことがないと妻に言うと、彼女いわく、自分は日本で猿を見て同じように驚いたそうです。猿は動物園に居るもので、それを今まで自然界で見たことがなかったそうです。なるほどなぁと思いました。




DSC03475_convert_20200723051934_20200801031822b26.jpg

来週も暑くなると、天気予報では予想しています🌞







 | HOME |  OLD »