FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2019.12.08.Sun

Tawashi(タワシ)



いまエコ生活を心がけるフランス人の間で『Tawashi』が話題になっていると妻が言うので「タワシって、あのタワシが、フランスで?」と気になってネットで調べてみると、いらなくなった服や靴下を使って作る、雑巾(台拭き)のようです。
そもそもフランスでは、ふきん(台拭き)というものが存在せず、テーブルやキッチンの汚れを拭くのに、食器を洗うスポンジを使って、汚れを拭き取ります(床を拭くことも)初めて見たときは、ちょっと汚いような気がしたのですが、どうもフランスの家庭では、それが常識のようです。
その、いままでテーブルを拭いていたスポンジの代わりに登場したのが、この『Tawashi』のようです。

不要になったトレーナーを捨てずに、袖の部分を細く切って手作りの治具を使い、編み込んで作るので「エコ」ということなのでしょう。
どうしてこの名前が『Twashi』になったのかはわかりませんが(台所で使うものだから?)一度作ってみるのも面白そうですね。この治具を作る方が面倒くさそうですけど・・(動画の1〜3分をみると作り方が分かります)




2019.12.03.Tue

12月の露店

DSC01060_convert_20191129010227.jpg
ついこの間、夏のバカンスが終わったと思ったら
12月になり、街中はクリスマスモードに変わりました。



DSC01049_convert_20191129010106.jpg
サンタチョコレート



DSC01043_convert_20191129010054.jpg

日本人の感覚だと、暮れの日曜日の商店街は、多くの人で賑わっていると思いがちですが、フランスは日曜、祭日は休業というお店がたくさんあります。街に住んでいる頃は、それも随分不便だなぁと感じましたが、露店(マルシェ)は町のあちこちで開かれているので、12月のマルシェは、いつもより活気があって好きです。


2019.11.24.Sun

マーブルケーキ

DSC01010_convert_20191125062306.jpg

母は料理上手な人で、私が子供のころには、いろいろなお菓子を作ってくれました。その中でも、マーブルケーキが印象に残っていて、今でもたまに食べたくなります。チョコレートを生地に練りこんである(当時はココアパウダー)のが、このケーキが大好きだった理由でした。
今回は、焼いたクルミを混ぜて作ってみたところ、とても私好みのケーキに仕上がって満足です。次回作るときは、最期にチョコレートを上掛けしてみようかと、密かに考えています。




2019.11.18.Mon

ニワトリさん

DSC00905_convert_20191119050417.jpg

10月の終わり頃から、家にいる一羽のニワトリの羽がごっそりと抜けるようになりました。羽がなくなった分、体がひとまわり小さくなり、何かの病気かな?と思いましたが、どうやら羽が抜け替わる時期だったようです。普通、暖かい季節に抜け替わるのかと思っていたら、9〜11月が羽抜けの季節なんだとか。最近になって、どうにか新しい羽が生え揃ったので一安心。見た目も若々しくなりました。(写真左は、外側の羽が抜けて産毛が出てきた鶏)

そんなニワトリたちも2歳半を過ぎ、夏あたりから卵も産まなくなりました。以前、鶏といえば「食肉」としか捉えていませんでしたが、彼女たちも今ではすっかりペットとしての座を獲得し、庭のあちこちに移動しては、足で力強く土を掘り返して餌を探して、時々砂浴びをしながら、悠々自適な生活を送っています。

鶏は紀元前数千年前から家畜化されていたと言いますから、人と鶏の関わり合いは、ずいぶん古いものなんですね。だからなのか、人懐こい面もあって、小さな声で「コココ・・」と鳴きながら、近ずいてくる姿は可愛いものです。




2019.11.09.Sat

寒くてネコも人恋しくなる

DSC00965_convert_20191110024105.jpg

フランスに梅雨はないと言いますが、こちらの秋と冬は、連日、灰色の雲が空を覆い、冷たい雨が降ったり止んだりしているので、日本の梅雨の方が、まだマシだと思います。せめて天気さえ良ければ、フランスの冬も好きになれるのですが、11月にして、すでに春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

最近は日中でも気温6〜7℃と寒くなってきたので、ネコたちが外で過ごす時間も少なくなってきました。ネコは寒がりというより、こたつの中やストーブの前など、温かいところが好きな動物ではないかと思います。
私たちがベットに向かうと、待ってましたとばかりに、甘えん坊の三毛ネコさんが飛んできて、ブラッシングをおねだりしに、妻の膝の上に乗ってきます。



DSC00984_convert_20191110023911.jpg

昨日は久しぶりに天気が良かったので、やり残していた庭仕事を片付けていました。ただ、うちの庭に居ついているご近所のネコが、私が外に出るとすぐに膝の上に乗りにくるので、思うように事が運びません。体をぴたりと寄せて喉をゴロゴロならされると、邪険にもできず、いつしかこれが習慣になってしまいました。





 | HOME |  OLD »