森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.09.20.Wed

ヨーロッパコマドリ

DSC05004_convert_20170920182817.jpg

ヨーロッパコマドリはフランス語でrouge-gorge (赤い喉もと)という意味の、胸元がオレンジ色をしたとても可愛らしい鳥です。
「庭師のお友達」という異名もあって、庭で土を掘り返すときに出てくるミミズを狙って庭師のすぐ近くまでやって来るので、そんな名前がついたようです。確かに一人でコツコツと庭仕事をしている横に、こんな可愛い野鳥がやってくると心も和みます。
冬になると寒い地方からフランスに渡ってくる鳥らしいのですが、夏以外はときどき庭で見かけます。イギリスではRobinと呼ばれて国鳥にもなっているとか。体をぷくっと膨らませた姿がとても可愛い鳥です。


DSC05000_convert_20170920182518.jpg
鉢植えのアジサイが大きくなったので、地植えしていると早速やってきました。





DSC04988_convert_20170920190150.jpg

野鳥にあげていたひまわりの種がこぼれて、いまになって花が咲きました。
フランスはだいたい9月になると急に気温が下がり秋めいてくるのですが、数日前から晩秋のような寒い日が続いて、我慢できずに家の暖房を点けてしまいました。今日から週末にかけて晴れる予定なので、少し暖かくなりそうです。


2017.09.12.Tue

ご近所のネコさん

DSC03588_convert_20170913043829.jpg
シャネルくんは、うちから50mほど離れたお向かいの家のネコさんです(先日子猫が産まれた家)。毎日欠かさず家にやって来ては、餌をおねだりします。自分の家にいるよりも、我が家の庭にいる方が間違いなく長い(笑)
そんなわけで、庭で写真を撮るときには必ずどこかにいるので、頻繁に写真の中に収まっています。

以前はよくよそのネコと喧嘩をして、顔に引っかき傷を作っていましたが、虚勢してからだいぶ性格も大人しくなり、最近ではほとんど顔に傷を作ることもなくなりました。
庭仕事をしていると、私の近くにやってきてはしなだれかかって甘える仕草をし、膝の上に乗ってきます。


DSC04877_convert_20170913041936.jpg


DSC04626_(1)_convert_20170913041844.jpg



DSC04620_convert_20170913042531.jpg



DSC03792_convert_20170913043003.jpg



DSC04929_convert_20170913045222.jpg



IMG_0855_convert_20170913044949.jpg

時には窓辺にやってきて、私たちの姿を探しています。シャネルくんの家では、今までに4〜5匹のネコを飼っていたのですが、全て車にひかれて亡くなっているそうです。それでもネコを放し飼いにしているというのですからちょっと驚いてしまいます。
今では私も妻もすっかりこのネコに情が写ってしまっているので、事故に遭わずに毎日元気な姿を見せてくれることを祈っています。




2017.09.04.Mon

秋の花

DSC04906_convert_20170905022618.jpg
フランスでは昨日から新学期が始まりました。日本と違って9月から1学期が始まります。6月に3学期が終わり、新しい学年に上がるまでの長い夏休みの間は、宿題らしい宿題がないというのですから、なんとも羨ましい話です。

ススキ、シュウメイギク、コスモス、ダリア、そして金木犀と、秋を代表する花が8月の下旬ころから咲き始め、いよいよ旬を迎えつつあります。毎年9月に入ると急に気温も下がり、雨あがりには庭のあちこちに食用のキノコが出てくるので、クリームパスタにして食べています。


 DSC04931_convert_20170905043054.jpg DSC04919_convert_20170905043355.jpg DSC04922_convert_20170905043629.jpg DSC04835_convert_20170905022710.jpgDSC04856_convert_20170905022515.jpg DSC04927_convert_20170905181115.jpg



DSC04606_convert_20170905180224.jpg
8月中旬、夕暮れ時

咲く花の種類で季節の移り変わりを知ることができますが、春はクロウタドリがパートナーを呼ぶ恋の季節からはじまり、シジュウカラの巣作り、メザンジュブルーの子育て、ジョウビタキの巣立ちといった具合に、鳥の行動や鳴き声でも季節を感じることができます。この時期の庭は、鳥の鳴き声はあまり聞こえず、晴れた日でもひっそりとしています。代わりに今は夕暮れ時になると、虫の鳴き声が秋の訪れを教えてくれます。




2017.08.28.Mon

DSC04817_convert_20170829192401.jpg
数日かけて棘の蔓を取り除き、ようやく苔の付いた石が見えるようになりました。
なぜか苔には他の植物にない魅力があります。柔らかい絨毯のようだから。長い時間をかけて、少しづつ成長していく貴重なものだから。苔が成長するということは、それだけ水分が上手く保たれているということなのでしょうね。



DSC04827_convert_20170823043310.jpg




DSC04811_(1)_convert_20170829191354.jpg




DSC04816_convert_20170823043028.jpg




DSC04801_convert_20170823042831.jpg




DSC04830_convert_20170829022341.jpg




DSC04844_convert_20170824020444.jpg
ネコは苔に悪いことはしないようです。






2017.08.23.Wed

鹿

DSC04750_convert_20170824020629.jpg

一週間前、雨がまとまって降った日があったのですが、そのとき鹿の親子がやってきました。野生の鹿が家の近くまで来るときは、どういう訳か雨の日が多く、この季節はよく親子で見かけます。
母親は草を食べるのに夢中でしたが、小鹿は頻繁に周りに注意を払っていました。おそらく自分たちの姿がガラスに反射して、何かが動いているように見えたのだと思いますが、こちらの気配も感じたのでしょうか。何度も家の方を見ていました。



DSC04753_convert_20170824020733.jpg



DSC04755_convert_20170824020852.jpg
ん?


DSC04787_convert_20170824021153.jpg

鹿はバラやアジサイなどのつぼみを食べることがあるのですが、イノシシに比べたらまだ可愛い方です。イノシシは毎年ススキの穂が出る頃にやって来て、庭のあちこちの土をごっそりと掘り返していきます。

この日は珍しく小一時間ほど滞在し、森へ帰って行きました。私があちこちに生えていたブラックベリーを取ってしまったので、鹿の食べる分を減らしてしまったかもしれません。すこし罪悪感を感じました。






 | HOME |  OLD »