森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.04.20.Thu

雑草(セイヨウイラクサ)のスープ

DSC03354_convert_20170421024223.jpg

フランスの野原や森の中に行くと"Ortie"(オティ)というよく目にする雑草があります。一見普通の雑草のように見えるのですが、茎に産毛のような小さなトゲが無数に生えていて、ほんの少し触るだけで皮膚に刺さり、いつまでもトゲが残っているようなとても不愉快な痛い思いをします。フランス人なら一度はこの雑草にやられたことがあるようです。

そんなちょっと嫌な雑草ですが、実は昔から料理やハーブティー、または数週間水に浸けて液体肥料や植物の活力液として使われてきました。カルシウム、マグネシウム、数種のビタミンが含まれている栄養価の高い草なんだとか。

料理する場合はスープにするのが一般的で、飛び抜けて美味しいスープができあがるわけではありませんが、これも日常生活の小さな春の行事ということで、毎年この季節になるとジャガイモと一緒に煮込み、緑鮮やかな優しい味のスープになります。
素手で摘むと痛い思いをするので、ゴム手袋か皮の手袋をはめて摘みます。次に茎から葉だけを摘み取り、クレソンのスープを作る要領でジャガイモと一緒に煮込んでスープに仕上げます。クレソンのスープ←こちら



Urtica_dioica_stinging_hair_convert_20170420185747.jpg
これが刺さるといつまでもチクチクと痛みます。(T0T)



DSC04181_convert_20170421022925.jpg
注意して茎から葉だけを取って




DSC03294_convert_20170420044933.jpg
お寄せいただいた情報により、アイコという山菜の仲間の
和名セイヨウイラクサ←ということがわりました。
教えていただき、ありがとうございます。^^

子供のころ、よもぎ餅を作るために、河原の土手に行ってヨモギを摘みに行きました。よもぎ餅なんて大嫌いなのに、摘むのが楽しくて宝探しでもやるようにヨモギやツクシを探していたのが、今でも良い思い出として残っています。いつか娘夫婦と孫が遊びに来たら、一緒に摘んでスープを作ってみたいと、ふと思ったりしました。



2017.04.16.Sun

菜の花畑

DSC03240_convert_20170416062414.jpg

この季節、車で国道を走っていると、あちこちに点在した菜の花畑が
目に飛び込んできます。窓を開けると花粉の香りが車内いっぱいに広がり、
新緑の鮮やかな緑色が、菜の花の黄色いカーペットをより際立たせています。

上空には大きなプロペラ機がゆっくりと旋回していました。
この近くに古い飛行機の博物館があるのですが
そこに保管されている飛行機だったようです。




DSC03244_convert_20170417044621.jpg
EUPHORBIA CHARACIAS





DSC03254_convert_20170417044843.jpg
去年の秋に植えたコブシ大ほどの大きな球根からグングン芽が伸びて
渋い色の花を咲かせています。








2017.04.12.Wed

アンバリッド

DSC03232_convert_20170413053911.jpg

以前7ヶ月ほど入院していた病院へ検診のために行ってきました。病棟の通路を通っていると、当時の思い出が蘇ります。お医者さん、看護師さん、看護助手さん、理学療法士の方々、受付の人、掃除をしてくれる方。どなたもとても優しい方ばかりでした。あれから16年、今でも当時働いていた人と院内で顔を合わせると、にこやかに声をかけてくれます。なんだか懐かしい家に帰ってきたような気がします。当時の私への一番の治療は、職業の枠を超えた人の優しさだったかもしれません。いまでも感謝の気持ちでいっぱいです。



DSC03234_convert_20170413052006.jpg
フランスの社会保障と福祉の精神の原点には、
キリスト教の教えが大きく関係していると私は思います。
2度の大きな大戦を経験したこともあるかもしれません。
時代が変わり自由主義的な考え方に偏っていくとしても
この精神はいつまでも残って欲しいものです。



DSC03230_convert_20170413051933.jpg
今はバカンス中ということで、街の中は車も少なく人もまばらです。
それとは対照的に、空には四方八方に飛行機雲が広がり、
ずいぶん混み合っているように感じました。
今日も空気の澄んだ暖かい1日でした。







2017.04.09.Sun

ハチの巣箱

DSC03167_(1)_convert_20170410053457.jpg
試験的にミツバチの巣箱を庭に置いてみました。
養蜂用の巣箱というのを初めて見ましたが、
箱の中からは蜜ろう?のなんとも言えない独特な香りがします。
この巣箱は一時的なもので、群れが完全に居着く前に
ちゃんと場所を決めた巣箱に移すつもりです。


DSC03168_convert_20170410024828.jpg
群れを誘い込むために入れておく古いハチの巣。
ハチが完全に居着いてしまうと、巣箱を1m動かしただけで、
巣への帰り道がわからなくなってしまうんだとか。
ハチ社会の仕組みというのも不思議に満ち溢れています。🐝




DSC03176_convert_20170410061400.jpg
今日は気温が23〜25℃はあったかと思います。まるで初夏のような陽気でした。
去年は春から夏にかけて雨ばかりだったのが、今年はその逆のようです。
晴天が続くのは嬉しいのですが、雨が降らないのも困りまりものですね。








2017.04.05.Wed

日曜日

DSC03113_convert_20170405060655.jpg
メトロ6番線のbir-hakeim(ビラケイム)駅

今週から復活祭(パック"paques")の春休みということもあって
観光スポットには、たくさんの観光客が集まってきます。
ここはエッフェル塔に一番近い駅なので、多くの人が利用していました。


DSC03117_convert_20170405060712.jpg
ビラケイム駅で降りてセーヌ川に向かい橋を渡ると
川の真ん中に遊歩道が作られているので、
ここから自由の女神まで散歩する事ができます。

また、この駅から歩いて行ける距離のところにBeaugrenelle 
という大きなショッピングモールがあり、お土産も買えて便利です。
日曜でもお店も開いていますしオススメです。


※最近はこの辺りで、マフィアが観光客相手に賭け事をもちかけて、路上で荒稼ぎするのが問題になってきています。客の目の前で3つカップを逆さまにして手早くうごかし、お目当てのものがどのカップの中に入っているか当てるという単純なゲーム。人だかりになっているので、すぐに分かります。周りの客もやらせなので、こういったゲーム感覚の賭け事には参加しない方が賢明です。


DSC03125_convert_20170405061011.jpg




DSC03102_convert_20170405060510.jpg
ただいま家のさくらんぼの花が満開です。
6月になると熟したさくらんぼが食べられるはずなのですが、
いつもその前に鳥達に食べられてしまいます・・。
枝から摘んで食べると美味しく感じますね。(^^)


 | HOME |  OLD »