FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2021.04.14.Wed

変わらない感染者数

DSC04898_convert_20210415073029.jpg

外出制限が強化されたにも関わらず一日の感染者が4万人前後と、外出制限前とあまり減らないフランスです。コロナが原因で亡くなった人の数が国内で10万人近くに及ぶというニュースが最近流れていました。
これだけ感染が広がっているので、知人や妻の親戚にもコロナに感染した人がいます。話を聞いてみると人によって容態は様々で、ひどい疲れと熱で苦しんだ人もいれば、軽い風邪のような感じですんだという人もいます。最近ではブラジルでの変異ウイルスが危険だということで、ブラジルへの渡航もフランスへの入国も禁止になりました。

肥満や基礎疾患がある人がコロナウイルスに感染すると重症化しやすいということは言われていますが、先日ある記事に、重症化した人のほとんどが、感染する一年ほど前から運動らしいこと全くしていなかったという調査結果が出たそうです。肺を使う有酸素運動をするのがいいのでしょうか。

50歳代のワクチン接種がこれから始まるということなので、予約が取れ次第接種にいこうかと思っています。



DSC04923_convert_20210415023959.jpg

このところ昼と夜との寒暖の差が激しい日が続いるせいか、風邪をひいてしまった茶トラくん。しばらくお薬のお世話になることになりました。日中は暖かくても朝は水たまりに薄氷が張る寒さです。


2021.04.08.Thu

さくらんぼが〜〜

DSC04872_convert_20210409032326.jpg

暖かい春の陽気が続いていたと思ったらいきなり真冬に逆戻り。綺麗に咲いていた桜の花が散るどころか全て凍ってしまい、茶色く変色してしまいました。おそらく受粉はされていなかったでしょうから、今年のさくらんぼはダメかもしれません(T_T)。

さくらんぼの実がなるのが楽しみ♪ なんて言ってた矢先にこんなことになってテンション⤵︎・・ちょうど開きかけてた枝垂れ桜の蕾も、フリーズドライされたように茶色くなっていました。私の場合は単に花が咲くのを楽しみにしていただけですが、自然を相手のする農家さんの作物がこんなことになったら大変だなとしみじみ思いました。



DSC04877_convert_20210409032844.jpg
最近ちょっと痩せたかな?ポッコリお腹だったのが、
少しだけスリムになったような茶トラ君。

去年は春から夏にかけて極端に雨が少なかったのですが、今年の春もほとんど雨が降っていません。このところほんとに気候がおかしくなってきてるだけに、今年の夏も去年のようになるのかと思うと、今からちょっと心配してます。






2021.04.02.Fri

さくらんぼの木

DSC04831_convert_20210403181941.jpg

寝室の窓からちょうどこの桜の木(さくらんぼの花)が見えます。2〜3日前まで25℃近くあったので、あっという間に散ってしまうかと思っていたら、また気温が下がるらしいので、もう少し花見が楽しめそうです。

庭にこの木を植えるときに『花が咲いた後、実がなって食べられる木とそうでない木のどちらを選ぶか?』そう考えて迷わず”さくらんぼの木”を選びました(^^;)
たまに毛虫が沸く以外は、特別な世話も農薬も使わずに6月になれば実がなるのですが、ちょうど食べごろになると、頃合いを見計らったように鳥たちに食べられてしまいます。

クエッチの実やイチゴもちょうど熟したと思ったら、イタチやナメクジに先に食べられた・・なんてこともよくある話で、彼らが食べずに残してくれる”おすそ分け”が私たちの取り分になっています。


DSC04812_(1)_convert_20210403045805.jpg
お決まりの膝の上で、ちょっと満足げな茶トラ君。



DSC04820_convert_20210403050311.jpg
2年前には3匹いた鶏も今はマルちゃん一匹だけになりました。
鶏イコール食肉という宿命から逃れたマルちゃんも、
生まれて4度目の春を迎えています。


DSC04824_convert_20210403045940.jpg
お隣の猫クッキー君も春を満喫中



DSC04781_convert_20210403050147.jpg

今日からフランス全土で外出制限ということになりました。
しかし多くの人がコロナ慣れしてしまい、外出制限いうのは名ばかりで、
平日の夕方や休日ともなればパリの公園は人で溢れているそうです。
規制している割になかなか感染者の数が減らないのが現状です。





2021.03.29.Mon

春の庭仕事

DSC09724_convert_20210330021545.jpg

週末はよく晴れ渡り今年に入って一番暖かい日になりました。庭の八重桜の花はまだ開花していませんが、つぼみもだいぶ膨らんできました。天気がいいと庭仕事がやりたくなるので、雑草取りから始まり、陽の多く当たる場所へ植木鉢の移動をしていたのですが、ついやりすぎてまた手に痛みが戻ってきてしまいました。

冬の間、重いものはあまり持たずにいたので、手や肘の調子も良くなっていたのですが、やはり無理はせずに少しずつ馴らしていったほうがよさそうですね。

DSC04743_convert_20210330020648.jpg



DSC04751_convert_20210330020900.jpg

パリとその近郊で3度目のロックダウンが行われているにも関わらず、フランス全土で一日平均4万人を超えるコロナの新規感染者が出ています。
今年85歳になる義母もコロナのワクチン接種を終えました。接種した方の腕全体が2日間ほどジワジワと痛んだそうですが、他に目立った副反応もなく済んだようです。

高齢者から順にワクチン接種が行われているのですが、最初、アストラゼネカのワクチンに懐疑的だった義父は、ここに来てワクチン接種の予約をしたところ、どこもいっぱいで今月接種できるかどうかわからないと言われたそうです。時間の経過と共に接種を待つ人が増えていくので、早く無事に接種を終えて安心して欲しいと思います。



2021.03.24.Wed

暖かい日差し

DSC04740_convert_20210325025413.jpg

だいぶ日が長くなってきました。これでもう来週から夏時間に切り替わるので、8時を過ぎてもまだ明るいということになりそうです。この夏冬の時間の変更も無くなるという話でしたが、コロナの影響なのか話がうやむやになってしまいました。

昼を長くして夜の訪れを伸ばした方が、電力を使わなくて済むというのがサマータイム導入の大きな理由だと聞いたことがあります。古い歴史があるのかと思っていたらジスカールデスタン大統領のときかららしいので、50年ほど前からだということです。昼間の時間が長くなるのは、使える時間が増えたようで有難いです。逆に冬時間に戻る時はテンションが下がります。



DSC04727_convert_20210325022214.jpg
晴れた日には、地面に体をこすりつける茶トラ君。

いよいよオリンピック聖火リレーの出発ですね。先日ある新聞の世論調査で、日本人の80%超えが「中止または延期」を望んでいるというのをみて驚きました。昭和39年のオリンピックの時とはまるで違う雰囲気で聖火リレーが始まるというのはちょっと残念ですね。


 | HOME |  OLD »