FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.01.24.Fri

気ままな茶トラくん

DSC00860_convert_20200124200810.jpg


もう7、8年前になるでしょうか、うちの庭に一匹の茶トラのオスが、遊びに来るようになりました。少し痩せていて、飼い猫の目印である耳のタトゥーも去勢もしてありません(現在はマイクロチップですが、当時は飼い猫には耳にタトゥーを入れ、登録をする必要がありました)いつもお腹を空かせていたので、餌をあげてるうちに、我が家の庭に居つくようになりました。

ある日、その茶トラくんが風邪を引いたのか、元気がありません。鼻みずを垂らし、餌を食べず熱もあるようです。放っておくわけにはいかないので、なんとか罠で捕まえて、獣医さんのところへ連れて行き診てもらいました。


DSC05879_(1)_convert_20200125005538.jpg
(当時の茶トラくん)


病院で抗生物質の注射をしてもらい「ナオナオ」という名前で登録を済ませ、耳にもタトゥーを入れて、ついでに去勢もしてもらいました。家に連れて帰り、数日間薬を与えると、しばらくしてネコは元気を取り戻しました。



DSC09521_convert_20200124200519.jpg
(金魚を捕まえようと狙っている悪い子)





DSC09819_convert_20200124200639.jpg

すると、それから約2ヶ月後・・獣医さんから電話がかかってきました。「実は、yoyoさんが”ナオナオ”と名付けたネコは、◯◯さんの家のネコなんだそうです!」なんと、ノラ猫だと思っていた茶トラくんは、実は飼い猫だったのです。

本当の飼い主さんが、茶トラの耳にあるタトゥーを見つけて事が発覚。飼い主さんが獣医に電話をし、そして獣医さんからうちへ電話がきたのでした。
なにしろ、他人の家のネコを勝手に去勢してしまったのですから、怒られるのではないかと心配したのですが、そもそも登録も去勢もされていなかったネコなので、野良と間違われても仕方がなく、その点は飼い主さんにも非があると感じたらしく、私たちが去勢してしまったことを問題にすることはありませんでした。茶トラのおかげで、その飼い主さんともお友達になることができました。



DSC05129_convert_20200124200737.jpg




DSC02952_のコピー_convert_20200124200503

今ではほとんど、うちのネコと化してしまった茶トラくん。飼い主が誰なのか、ネコにとっては何の関係もないらしく、自分の居たい場所で、今日も気ままなネコライフをおくるのでした。





2020.01.06.Mon

迷子のウサギ?

DSC01215_convert_20200107041425.jpg

2019年暮れの29日、突如、可愛らしい1匹のウサギが庭に現れました。フランスには沢山ウサギがいますが、毛の色や耳の短かさから察するところ、野生のウサギには見えません。おそらくどこかの家で飼われていたペットのウサギが逃げ出してきたようです。

だとすると、キツネやイタチのいるこの森の近くはとても危険ですし、氷点下の寒さにも耐えられないだろうと思い、家から逃げ出したウサギがいないか、すぐにご近所に電話をしてみました。すると実はこのうさぎさん、この辺りではちょっと知られた存在で、どこかの家から脱走して半野生化した?うさぎらしく、あちこちの家の庭に出没するのでそうです。

人を見慣れているのか3mくらいまでは近寄れるのですが、近づき過ぎるとやはり逃げてしまいます。それにしても、ぴょんぴょんと走り回る姿が、なんとまぁ可愛いらしい・・。それ以来、庭が気になって仕方ありません(^ ^)。うちの庭には野鳥にあげる穀物もあるので、ぜひ、うちの庭を気に入って、居着いてくれないかと願っています。






2020.01.01.Wed

新年

DSC01186_convert_20200102025338.jpg

明けましておめでとうございます。
おかげさまで、今年も穏やかな元日を迎えることができました。
ここ数日、気温も下がり、雪が降ったように庭一面が霜で覆われていますが
ローズマリーの枝には、すでにたくさんの蕾が付いていました。
家の中に差し込む光も明るくなったように感じます。

皆様にとって良い一年になりますように。
本年もよろしくお願い申し上げます。


2019.12.30.Mon

1年の感謝

DSC01028_convert_20191231064318.jpg


今年も残すところあと1日になりました。更新も少なく、特筆すべきものもない拙いブログですが、いつもご訪問してくださる方、コメントを残してくださる方のおかげで、今年もブログを続けることができました。

私がフランスで暮らし始めて、ちょうどこの12月で20年が経ちました。渡仏して数ヶ月後に、ある事故で障害者になったので、20年弱、車椅子で生活していることになります。そういった訳もあって、私が街に出かけると、よく人の優しさに触れる機会があります。

道路を渡ろうとしている時、一人で重い扉が開けられないとき、段差のある歩道を降りようとしている時、お店の棚にある商品に手が届かない時「お手伝いしましょうか?」と声をかけられることがあります。そういった人の優しさに触れると、とても幸せな気持ちになります。つくづく有難いなぁと思います。こんにちはと笑顔で挨拶されるだけで嬉しくなります。

実生活で、そしてブログを通して今年いただいた、たくさんの優しさに感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございました。どうぞ、皆様も良い新年をお迎えになってください。




2019.12.17.Tue

アンジェ城

IMG_5615_convert_20191217174435.jpg
久しぶりに家を離れ、ロワール地方まで足を伸ばしたついでに、アンジェという街の中心にあるお城を観光してきました。城といってもディズニーに出てくるような優美な城ではなくて、多少の砲弾ではびくともしない、まるで要塞のようなお城です。→アンジェ城
ほとんど飾りっ気のない重厚な造りで、17つの丸い塔の足元には、長い年月を感じさせるコケが張り付いています。


DSC01095_convert_20191217182031.jpg



IMG_5603_convert_20191217174412.jpg




IMG_5623_convert_20191217174655.jpg




IMG_5627_convert_20191217174709.jpg

この城壁の中には、庭園と教会があるのですが、実は5年前に火事で屋根が消失してしまい、新しく作り直されたのだそうです。ここでは絶対に火事を起こしてはいけないという場所でも火災は起きてしまう。
首里城やノートルダム寺院の火災が、まだ記憶に新しい時に、こうも立て続けに、城と名のつく場所での火事の話を聞くとは思いませんでした。

13世紀に建てられたというこの石造りの城は、これから先、何世紀もこのままの姿で立ち続けているだろうと思わせる城でした。




 | HOME |  OLD »