FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018.12.11.Tue

黄色い服を着た人たちのデモ

16230071_convert_20181211204049.jpg

このところ毎週末に、大規模なデモがパリで行われています。日本のニュースでは、燃料税の引き上げに反対したフランス市民が、今回のようなデモを起こしているとしか説明されてませんが、実際この燃料増税とは、地球温暖化の原因であるCO2を削減するための増税で、(毎年平均気温の上がり続けて悲鳴をあげている地球のことを考えれば、致し方ないことのように私には思えるのですが)公共の乗り物があまり発達していないフランスでは、地方で暮らす人にとって車での移動は必須で、ガソリン代の値上げは直に生活に影響してきます。環境のための増税というと聞こえはいいですが、実際には税金の19%しか環境税に使われません。

燃料税以外にも年金取得者への増税、超富裕層に有利に働く不動産の税制改革。失業者への理解のなさ「ホテル、レストラン業界に行けばいくらでも仕事はある(仕事が見つけられないのは、あなたの努力が足りないからだ)」的なマクロン大統領の発言。医療制度改革で過酷な労働を強いられている医師、看護師の不満。企業が簡単に労働者をクビにできるような労働法の改正などなど・・。様々な不満が鬱積していたところに、今回の燃料税のせいで、市民の我慢の限界も越えてしまったというのが、デモを招いた原因になっています。

デモの中で一部暴徒化したり略奪行為をする人々も映像では流されていますが、あれはデモをする一般市民とは別物の「破壊屋」と言われる人たちで、純粋に抗議をするデモ参加者も納得はしていません。シャンゼリゼ通りの商店街では、約3ヶ月分の売り上げが見込めるこの時期に、観光客が寄り付かなくなるようなデモ行為は、とんでもなくはた迷惑な事でしかないのは事実です。
昨日、マクロン大統領がデモの沈静化をはかるために譲歩案を出しましたが、果たして市民は納得するのかどうか。

先日、家族と一緒に来たシャンゼリゼ通りも、いつもはクリスマスのイルミネーションで彩られ、華やかな雰囲気であるずなのに、今年はどうも陰鬱な空気が漂っています。



2018.11.30.Fri

DSC02826_convert_20181130205926.jpg

ブログを怠けていたら、前回の記事から2週間以上更新が空いてしまいました。
ブログから遠ざかっている間、久しぶりに昔読んだ本を何冊か読見返していました。ミステリ小説や警察小説が好きなのですが、その中でも東京が舞台になっているものは、自分が知っている街並みを本の舞台と重ね合わせ、いろいろ想像を巡らせながら楽しんで読んでいます。実際に自分の身近な場所で、テロや殺人事件が起きることはほとんどないので、本の中でそういった現場を覗いて、現実逃避できるのが魅力なのかもしれません。

そういった意味では、ゲーム(TVゲーム)も映画鑑賞やドラマを観るのも、インターネットを使ってネットサーフィンをするのも、ある意味全てが現実から逃避できるツールだと思うのですが、本を読むという行為との違いは何のなのでしょう。活字を読んで本の世界に想像を巡らせるより、テレビ画面からダイレクトに視覚によって、脳に刺激をあたえられる方が、はるかに簡単で刺激に満ちています。スマホやパソコンに囲まれて育つ現代の子供たちが、ゆっくりと読書をするという姿は、私にはあまり想像できません。





2018.11.14.Wed

DSC06046_convert_20181115053626.jpg
2017年・秋

去年の今頃は、2週間滞在していた日本から帰ってきたばかりで、時差ぼけがひどくて辛かったのを覚えています。以前はそれほど疲れやダルさはなかったのに、これも歳なのかななどと思ったりしました。
今は一ヶ月フランスで過ごした娘が日本へ戻り、帰ってからの時差ぼけがひどいと話していました。歳に関係なく、帰国してからの時差ぼけの方がやはり辛いようです。

フランスの秋・冬は、毎日のように曇り又は雨という天気が続くのに対し、日本の冬は天気も良く暖かいので(関東)、冬は日本で暮らせたらいいなとよく思います。年末の慌ただしい街の雰囲気や、正月の神社の賑わい、ごちゃごちゃとした下町の商店街の匂いも、とても懐かしく感じます。





2018.11.07.Wed

秋も深まり

DSC08758_convert_20181107183031.jpg

10月に家族がフランスにいる間は天気にも恵まれ、初夏のような陽気の日もありましたが、11月に入った途端朝は霜が降りて真冬のように寒くなりました。庭の木々の葉も徐々に色づき、冬支度をしているのかリスが木から降りてきて、木の実か何かを探している姿を時々見かけます。
母と娘たちは日本へ帰国し、それと入れ替わりに義母が病院から退院し、少しの間家に住むことになりました。生活のリズムや食事の嗜好の違うもの同士が、一つ屋根の下で暮らすのは簡単ではないと、私の母が来たときにつくづく感じました。義母も田舎の空気を吸ってゆっくりと療養してもらえればと思っています。

母たちが滞在中は、よく鹿が水を飲みに庭に来ていましたが、最近は雨が降るので、下界まで降りてくる必要はないようです。それとは反対に、冬は野鳥の食べ物が少なくなるので、ひまわりのタネを求めてたくさんのシジュウカラがたくさんやってきています。







2018.10.25.Thu

2泊3日 ロワール地方の旅

DSC09352_convert_20181025180447.jpg
シュノンソー城
先週末、国内最大の動物園と言われるボーバール動物園と、ロワール地方のシャトーへ行ってきました。パリから南西に移動し、ロワール地方に近づいて来ると、パリ近郊では見られないブドウ畑を見かけるようになってきます。この日も10月とは思えない暖かさで、車で移動している間にも秋だというのに畑に水を撒いている光景を見かけました。観光をするには有難い気候でしたが、やはりこの雨の少なさは深刻です。
そのせいかシュノンソー城の下を流れる川の水位もだいぶ下がっていたので、以前見た時より美しさに欠けるように感じました。



DSC09346_convert_20181025180400.jpg



DSC09309_convert_20181025181332.jpg
シャンボール城(城の全景を写した写真が他になかったので母登場・笑)


DSC09378_convert_20181025180935.jpg



DSC09408_convert_20181026050845.jpg



DSC09415_convert_20181026051351.jpg

パリから車で2時間半ほどで着くこの動物園。動物の種類よりもその敷地の広さに驚きます。園内で行われるアシカのショーや鳥のショーを観ると、1日で全ての動物を見て回るのはちょっと厳しいかもしれません。私たちも2日かけて園内を回りました。

それぞれの動物に十分な飼育スペースが与えられていて、なかでもライオンのいる場所はサファリパーク並みの広さがあり、カバの飼育スぺースでは、泳いでいる姿が見られるようガラス張りになっているのも面白かったです。広大な敷地内で行われる鳥のショーは圧巻で、 オオワシや羽を広げると1m70cmはあるコンドルが何羽もすぐ目の前を通り過ぎ、何十羽ものコウノトリや何種類ものカラフルなオウム達が、一斉に上空を飛び交う姿は素晴らしいの一言に尽きました。私が今まで見てきた動物園の中で一番と思える動物園でした。





 | HOME |  OLD »