森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

ネコ

OLD »
2017.09.12.Tue

ご近所のネコさん

DSC03588_convert_20170913043829.jpg
シャネルくんは、うちから50mほど離れたお向かいの家のネコさんです(先日子猫が産まれた家)。毎日欠かさず家にやって来ては、餌をおねだりします。自分の家にいるよりも、我が家の庭にいる方が間違いなく長い(笑)
そんなわけで、庭で写真を撮るときには必ずどこかにいるので、頻繁に写真の中に収まっています。

以前はよくよそのネコと喧嘩をして、顔に引っかき傷を作っていましたが、虚勢してからだいぶ性格も大人しくなり、最近ではほとんど顔に傷を作ることもなくなりました。
庭仕事をしていると、私の近くにやってきてはしなだれかかって甘える仕草をし、膝の上に乗ってきます。


DSC04877_convert_20170913041936.jpg


DSC04626_(1)_convert_20170913041844.jpg



DSC04620_convert_20170913042531.jpg



DSC03792_convert_20170913043003.jpg



DSC04929_convert_20170913045222.jpg



IMG_0855_convert_20170913044949.jpg

時には窓辺にやってきて、私たちの姿を探しています。シャネルくんの家では、今までに4〜5匹のネコを飼っていたのですが、全て車にひかれて亡くなっているそうです。それでもネコを放し飼いにしているというのですからちょっと驚いてしまいます。
今では私も妻もすっかりこのネコに情が写ってしまっているので、事故に遭わずに毎日元気な姿を見せてくれることを祈っています。




2017.08.03.Thu

子ネコ誕生

DSC04573_convert_20170802044804.jpg
ご近所の家のネコが2週間前に子供を産んだと聞いて、先日、そのお宅へ見に行ってきました。母ネコはわりと小さなメス猫なのですが、一度に6匹も子供を産んだそうです。目が開いて周りも見えるようですが、まだきちんと歩けず右に左にコロコロと転がってしまいます。子ネコはいつまで見てても飽きません。


DSC04577_convert_20170802044945.jpg



DSC04582_convert_20170802044952.jpg
父親は短毛のノラ猫らしいのですが、
どの子もお母さんによく似ているような気がします。

まだ手のひらに乗るほどの大きさですが、
皆元気そうで非常に可愛かったです(-∀-)。






2017.06.06.Tue

ネコ

DSC03765_convert_20170607045816.jpg

我が家のネコたちも老ネコと言われる歳になってきたので、食も細くなり寝てる時間が多くなってきたように感じます。肥満気味だった子も自然とスリムな体になってきました。
ところが、未だに食い意地だけは張っていて、美味しい匂いがしたり何かもらえそうな気配を感じると、ぞろぞろとやって来ては、食べたい気持ちをまるで昨日から何も食べていないかのような眼差しでアピールするのでした。(^^;)


DSC02777_convert_20170607055024.jpg
クリスマスの食卓にちゃっかり・・



DSC03656_(1)_convert_20170607023048.jpg
なにかを期待して・・



DSC01019_convert_20170607045029.jpg
ヤギヨーグルトが好き♪



DSC02497_(1)_convert_20170607055521.jpg

与え、そして与えられる日々。健康で長生きしてね。




2017.02.18.Sat

行儀よく

DSC02615_convert_20170219033739.jpg





DSC02614_convert_20170219033719.jpg





DSC02616_convert_20170219033641.jpg
食べている間は真剣です。^^;









2016.07.27.Wed

人騒がせなネコさん

DSC09819_convert_20160730060005.jpg

昨日外出先から帰って来ると玄関マットの上に、ネコが食べたものを吐いた形跡がありました。よく見るとカリカリ(ドライフード)に混じって、何か模様のある細長いものが見える。
「ん?なんだこれは、毛虫?トカゲ?」更によく見ると、「これはヘビの赤ちゃんじゃないの!?」

このヘビは毒を持った小さなヘビで、夏になるとこの辺りで時々見かけることがあるのです。
吐いたネコは、言わずと知れた我が家によく来るお向かいのネコさん”「ナオナオくん」に違いない。おそらく動いているヘビを見つけてちょっかいを出したのでしょう。”ガブリ”とやったついでに食べてしまったところ、体が拒否反応を起こして吐き出してしまったのだと思われます。

本当にそうだとすると、ヘビを吐いたネコのことが心配になってきました。姿を探したところ、少し離れたところでジッとこちらを見ています。なんだか少し様子がおかしい・・。近ずいてみると、びっこを引いて歩いて来ます。「あっ、これは噛まれたな!」慌ててネコの飼い主の所に行ってみても、バカンスにでも行ってしまったのか誰もいません。仕方がないので、妻がネコを捕まえて獣医さんに連れて行ったところ、確かに噛まれた形跡はあるものの、毒は回ってはいないようです。
獣医さん曰く、ネコの反応は速いらしく、犬と比べてヘビに噛まれても死に至ことは少ないそうです。

抗生物質の注射と薬をもらってきて、今は相変わらず元気にしています。お前はマングースか・・(汗)でも大事に至らなくてよかったね。(^^)






 | HOME |  OLD »