FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

ネコ

OLD »
2020.01.24.Fri

気ままな茶トラくん

DSC00860_convert_20200124200810.jpg


もう7、8年前になるでしょうか、うちの庭に一匹の茶トラのオスが、遊びに来るようになりました。少し痩せていて、飼い猫の目印である耳のタトゥーも去勢もしてありません(現在はマイクロチップですが、当時は飼い猫には耳にタトゥーを入れ、登録をする必要がありました)いつもお腹を空かせていたので、餌をあげてるうちに、我が家の庭に居つくようになりました。

ある日、その茶トラくんが風邪を引いたのか、元気がありません。鼻みずを垂らし、餌を食べず熱もあるようです。放っておくわけにはいかないので、なんとか罠で捕まえて、獣医さんのところへ連れて行き診てもらいました。


DSC05879_(1)_convert_20200125005538.jpg
(当時の茶トラくん)


病院で抗生物質の注射をしてもらい「ナオナオ」という名前で登録を済ませ、耳にもタトゥーを入れて、ついでに去勢もしてもらいました。家に連れて帰り、数日間薬を与えると、しばらくしてネコは元気を取り戻しました。



DSC09521_convert_20200124200519.jpg
(金魚を捕まえようと狙っている悪い子)





DSC09819_convert_20200124200639.jpg

すると、それから約2ヶ月後・・獣医さんから電話がかかってきました。「実は、yoyoさんが”ナオナオ”と名付けたネコは、◯◯さんの家のネコなんだそうです!」なんと、ノラ猫だと思っていた茶トラくんは、実は飼い猫だったのです。

本当の飼い主さんが、茶トラの耳にあるタトゥーを見つけて事が発覚。飼い主さんが獣医に電話をし、そして獣医さんからうちへ電話がきたのでした。
なにしろ、他人の家のネコを勝手に去勢してしまったのですから、怒られるのではないかと心配したのですが、そもそも登録も去勢もされていなかったネコなので、野良と間違われても仕方がなく、その点は飼い主さんにも非があると感じたらしく、私たちが去勢してしまったことを問題にすることはありませんでした。茶トラのおかげで、その飼い主さんともお友達になることができました。



DSC05129_convert_20200124200737.jpg




DSC02952_のコピー_convert_20200124200503

今ではほとんど、うちのネコと化してしまった茶トラくん。飼い主が誰なのか、ネコにとっては何の関係もないらしく、自分の居たい場所で、今日も気ままなネコライフをおくるのでした。





2019.11.09.Sat

寒くてネコも人恋しくなる

DSC00965_convert_20191110024105.jpg

フランスに梅雨はないと言いますが、こちらの秋と冬は、連日、灰色の雲が空を覆い、冷たい雨が降ったり止んだりしているので、日本の梅雨の方が、まだマシだと思います。せめて天気さえ良ければ、フランスの冬も好きになれるのですが、11月にして、すでに春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

最近は日中でも気温6〜7℃と寒くなってきたので、ネコたちが外で過ごす時間も少なくなってきました。ネコは寒がりというより、こたつの中やストーブの前など、温かいところが好きな動物ではないかと思います。
私たちがベットに向かうと、待ってましたとばかりに、甘えん坊の三毛ネコさんが飛んできて、ブラッシングをおねだりしに、妻の膝の上に乗ってきます。



DSC00984_convert_20191110023911.jpg

昨日は久しぶりに天気が良かったので、やり残していた庭仕事を片付けていました。ただ、うちの庭に居ついているご近所のネコが、私が外に出るとすぐに膝の上に乗りにくるので、思うように事が運びません。体をぴたりと寄せて喉をゴロゴロならされると、邪険にもできず、いつしかこれが習慣になってしまいました。





2018.12.20.Thu

もうすぐクリスマス

yoyos_convert_20181221131345.png

いつもブログでお世話になっているbabaちゃまが→(ペットの絵)うちの猫たちを使ったクリスマスカードを描いてくださいました。どの子もよく似てます。ありがとうございます(^^)!

我が家には猫が4匹いたのですが、ティマちゃん(絵の左側のネコ)が4年前に他界し現在は3匹います。冬になると写真下のように、よく私の足の上で団子状態になっていました。いまでもそれは変わらず、夜になると足の間でくつろぐのがネコたちの習慣になっています(^^)
3匹とも高齢になってきたので腎臓の機能が低下し始め、毎日液体の薬を餌に混ぜて与えています。人間でいえば65〜70歳にあたるネコでも無邪気に遊ぶ姿はまるで子供のようで、見るものの心を和ませてくれます。


DSC05159_convert_20181221131539.jpg

気がつけば、もうすぐクリスマス。今年も残すところあとわずかになりました。子供の頃のようにクリスマスを心待ちにするようなこともないので、毎年12月に入るとあっという間に新年を迎えてしまいます。

シャンゼリゼ通りを騒がせていた黄色いベストを着た人たちも、さすがに今週末は少し静かにしているのではないでしょうか。年を越す大晦日には、毎年恒例のように車が1000台近く燃やされるので、警察官も休む暇がありません。



2018.06.26.Tue

いよいよ夏

DSC03938_convert_20180627062250.jpg
最近は気温も高くなり、いよいよ夏らしくなってきました。1年で最も日の長い今の時期が、私の一番好きな季節です。それはネコたちにとっても同様らしく、日中はあちこちでゴロゴロと寝転がっていますが、涼しくなる夕暮れ時になると外で過ごすひと時を楽しんでいます。



DSC08133_convert_20180627055734.jpg
あずきちゃんはどこが涼しい場所なのかよく分かっていて
夕方になるとよくこの中で涼んでいます(^^)。



DSC08202_convert_20180628191925.jpg




DSC08186_convert_20180627055659.jpg
フランスにカブトムシはいませんが、珍しくクワガタを見つけました。昼間に草の上で仰向けになりもがいていたので、捕まえてみるとだいぶ弱っている様子。熟しているイチジクを与えると次の日には少し元気を取り戻したので、森の中に返しました。




DSC08221_convert_20180628193447.jpg
このアザミが青く色づくと、いよいよ夏の到来です。





2017.12.12.Tue

ベベツムリ

DSC05189_convert_20171213054125.jpg




DSC05190_convert_20171213054148.jpg




DSC05191_convert_20171213054210.jpg

(-∀-)・・・・赤ちゃん







 | HOME |  OLD »