森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.05.05.Mon

チュニジアのお菓子”YOYO”

DSC05277_convert_20140422191651.jpg
つくレポならぬ食べレポで、チュニジアのお菓子をちょっとだけ写真でご紹介します。

チュニジアと言っても日本ではあまりなじみのない国だと思いますが、モロッコ、アルジェリア、チュニジアはフランスとは歴史的に深い関わりがある国だということは、もうブログで何度も言ってますね。
ちょうど地中海を挟んでスペイン、フランス、イタリアの向かい側に位置している国々で、アラビア語が公用語ですが、フランス語も広く普及しています。
クスクスやブリックもこれらの国の代表的な料理です。使う肉は羊肉がほとんどで、当然ですが豚肉は使いません。

上写真のお菓子は、チュニジアのお菓子を売っているお店で、妻が色々と買って来てくれたのですが、ピスタチオナツメヤシドライイチジククスクス(スムール)粉アーモンドを使ったお菓子ばかりで、一口食べてまず感じるのが「甘い・・」これは砂糖甘いというよりもハチミツをたっぷり使うお菓子が多いので、甘くなるのでしょう。
つまむとハチミツで指がベタベタになります。
一つの菓子のお値段も大きさからするとちょっとお高く感じますが、なにしろハチミツを使ってますから納得のお値段かもしれませんね。


せっかくですから、じゃあチュニジアのお菓子を作ってみようかと思ったのですが、いまオーブンがないので揚げ菓子で何かないかと探していると、ありましたよ!
材料や作り方をみてもこれはまるっきりドーナツです!これがチュニジアの伝統菓子だとすると、ドーナツはアメリカかが発祥の国じゃなく、北アフリカで生まれたお菓子かもしれません。

medium_yoyo+005_convert_20140505184055.jpg
その名もチュニジアのお菓子YOYOリンク先に飛びます。






2014.01.14.Tue

ーカレー風味の挽き肉を包んだブリックと、ツナ、卵、ジャガイモのブリック ー

レシピブログに登録はしたのですが、過去記事を掲載できないので、これから少しずつ過去の料理を再度掲載させていただきます。
ということで、ブリックを選んでみました。


DSC06288_convert_20130731015823.jpg

この写真を見て「あ、出た!」と思われた方もいらっしゃるかと思います。
以前冬にブログにのせて、いつも見ていただいている方にも作っていただきました、ブリックです。

最近料理の方もヨーロッパを離れてモロッコ、チュニジア辺りをウロウロしてますけど、夏の間はあちこち飛ぶと思いますのでどうぞお許し下さいませ。


(過去のブリックの記事はこちらです→ーカレー風味の挽き肉を包んだブリックー

前回作ったときには、挽き肉と玉葱、そして香辛料を入れて作りましたが、今回はツナ、ゆで卵、じゃがいも等がベースになっています。香辛料は入れていません。


今回もブリックの皮で三角形に巻きましたが、もっと簡単に具を中にして皮を二つ折りにし、フライパンで焼くこともできます。
要は皮で包んで、パリっと焼ければいいのでシンプルな作り方は、ブリックの皮(または春巻きの皮)にツナ、生卵、ケッパーだけで作る事ができます。ジャガイモやゆで卵も入れません。

ここにその動画がありますので、簡単ヴァージョンで作る場合はこれをご覧下になって下さい。フランス語で話していますが、画像だけ見ても分かると思います。→簡単ヴァージョン




ポチッとしていただくと、嬉しかったりします。

レシピブログに参加中♪



 kitchen-12_20130731050354623.jpg



材料2〜3人前

ツナ缶・・・           1缶
じゃがいも(中)・・・      2個
玉葱・・・            1/2個(みじん切り)         
ゆで卵・・・           1個(粗く刻む)
ケッパー・・・          小さじ2(粗く刻む)
パセリ・・・           みじん切りにして大さじ山1ほど(適量です)
生タマゴ・・・          1個
オリーブオイル・・・       適量
塩、胡椒 


DSC06245_convert_20130731015502.jpg

・ジャガイモは皮を剥いて適当な大きさに切り、ゆでたらフォークの背などでマッシュポテトのようにつぶしておきます。

・みじん切りの玉葱をオリーブオイルで透き通るまで炒めておきます。


DSC06254_convert_20130731041011.jpg


・ボウルに水を切ってほぐしたツナ、ジャガイモ、玉葱、刻んだゆで卵、ケッパー、パセリを入れ、軽く塩、胡椒をしたら生卵を一個入れて、全てをよく混ぜます。

ブリックの皮は春巻きの皮で代用できますので、それを使って下さい。丸い皮の方がいいかもしれません。
(巻き方は以前ブログで使ったのものですが、参考になさって下さい。↓)

次にこれをブリックで巻いていきます。真ん中から二等分に切り、写真のように半分に折ります。
①→②                       
DSC06561_convert_20130310023226.jpgDSC06562_2_convert_20130310023247.jpg
混ぜたものを端にのせ三角形に折り畳んでいきます。慣れないうちはちょっと難しいですけど、何個か作ればすぐに慣れると思います。
もしかしたら慣れる頃には、全部巻き終わってる、なんてことになるかも・・


③→④
DSC06563_convert_20130310023312.jpgDSC06566_convert_20130310023402.jpg
順に折り畳んで、最後に余ったところに溶き卵(分量外)を刷毛か指等でぬって生地同士をくっつけます。

前回は卵を使ってとじ目をくっつけましたが、何もしなくても焼く時につなぎ目を下にして焼けば開くことはありませんでした。)


卵を使わなくても写真↓のように、余った部分をポケットに入れてしまってもいいです。

DSC06567_convert_20130312014726.jpg



DSC06257_convert_20130731015102.jpg
一辺が5cmくらいの三角形。


DSC06575_convert_20130310024151.jpg
少量のオリーブオイルで揚げる、という感じで両面をきつね色に焼き、ペーパータオルにのせよく油をきります。

刷毛などで皮に薄くオイルを塗って、オーブンを使って焼いてもできます。




kitchen-f-1_20130731050356859.jpg





DSC06267_convert_20130731015001.jpg

で、このツナのブリックですが、このまま食べるのが通常ですが、日本人の方にはちょっと何かが物足りないように感じるかもしれません。
そこで、ベトナム風の春巻きを食べる時につける甘酢をつけて食べると、これがよくあってオカズにもなりそうです。

簡単な甘酢の割合ですが、酢小さじ4、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ1、醤油少々。これだけです。タカノツメの輪切りを入れるとピリッとします。
小さじでも大さじでも、割合が4・2・1に醤油を少したらしただけの甘酢ですので、本格的なものではありませんのでご了承下さい。


このツナのブロックはモロッコでもかなりポピュラーな食べ物らしいですよ。

簡単ヴァージョンの方は春巻きの皮さえあれば、ツナ缶、卵くらいは常備しているでしょうから、思いつきでも作れますね。
普段料理を作らない男性の方でも作れてしまうほど、簡単ですよ〜♪





ーカレー風味の挽き肉を包んだブリックーは続きを読むをクリックして下さい。

DSC06584_convert_20130610215824.jpg
2013.12.19.Thu

クスクスと一緒にケバブがお薦め!

DSC06210_convert_20130728175600.jpg


過去記事から前回のクスクスの補足ですが、クスクスと一緒に食べるものとして、子羊のブロシェット(串焼き)がお薦めです。

クスクスは鶏肉と一緒に煮込みましたが、肉を入れずに野菜だけでも作って構わないんですよ。
スムールと野菜のクスクス、それにこのケバブを一緒に食べるととても合うんですよね〜。

ケバブと言うと羊の肉が一般的ですが、鶏、豚、牛肉で作っても美味しくできます。

適当な大きさに切った肉をボウルの中に入れ、香辛料、ニンニクとあわせて30分以上マリネしてから焼きます。1〜2日おいても全然大丈夫です。



パプリカ・・・           小さじ1強
クミンパウダー・・・        小さじ1/2
カイエンヌペッパー(一味唐辛子)  小さじ1/2(辛いのが嫌いな方は入れなくていいです)
レモン汁・・・           1/2個分の果汁
ニンニク(小)・・・        一個を擦りおろし
塩・・・              小さじ1/2


肉と一緒に刺した野菜は火の通りが遅いので、大きくなりすぎないようにして下さい。
肉が焼けても野菜はまだ生、ということになりますので。シシトウ、椎茸があると彩りもよくなりますね。



tabemono-0011.jpg





たったこれだけです。これは美味しいですよ〜。♪ 塩は入れずに後から降ってもかまいませんし、レモンがなくても大丈夫です。

レストランでは、よく子羊のブロシェットと一緒に食べます。その場合は野菜だけで作るクスクスもいいですよ!


DSC05871_convert_20130719185347.jpg









2013.12.18.Wed

クスクス   Couscous de poulet aux légumes

DSC02864_convert_20131204024933.jpg

フランス人に一番好きな料理は何かとアンケートをすると,第一位にあげられるのは何だと思いますか?実は今日紹介のこのクスクスなんです。

北アフリカから入って来た料理で、鶏肉のタジンにそっくりですが、一番の違いはスープのように汁気が多くて、スムールと一緒にいただくということでしょうか。


どうしてそんな人気のある料理を今までブログで扱わなかったかというと、使う香辛料が日本では手に入りにくいということからでした。

この季節にクスクスもなんですが、鍋のような暖まる料理ですのでいいですよ。


さて、そのスムールって何?ということですが、ウィキペディアでスムール(仏 semoule )を調べてみると硬質小麦の一種であるデュラム小麦(英  Durum wheat)の粗挽粉に水を含ませ、調理後の大きさが約1mm大の小さな粒になるように丸めてそぼろ状にしたもの。と、あります。写真⬇



800px-Organic_couscous-01_convert_20131219024302.jpg
                              ※ウィキペディアより

フランスでは、煮込んだ野菜とスムールで食べるこの料理のことをクスクスと言いますが、他の国では、このツブツブ自体をクスクスと読んだりすることもあるようです。



007477.jpg
で、手に入りにくいかと思われる香辛料ですが、ラス・エル・アノトゥ(ras el hanout)という香辛料・・・覚えられませんね。
それとかハリサ Harissaという辛いペーストを使いますが、今回はこれらなしで作りたいと思います。

220px-Harissa_from_Tunisia.jpg




800px-Couscous_of_Fes_convert_20131219024428.jpg
クスクスというと、本場ではこんな感じ。ウィキペディアより。




kitchen-f-1_20131220053857dfb.jpg




材料(2〜3人前)

鶏もも肉・・・           2本(ぜひ骨つきで)
鶏手羽、手羽元・・・        各2本ずつ(モモ肉一本分と同じです)
玉葱(大)・・・          1個
カブ・・・             3〜4個
人参(中)・・・          1本
ズッキーニ・・・          1本
(あればセロリ・・・        1本)
(あればパセリ・・・        少々、ブーケガルニ用)
ひよこ豆缶詰・・・         すでに煮てあるもの1カップ程
ニンニク・・・           2片
トマト・・・            2〜3個(缶詰のホールトマト400gのもの1缶)
コリアンダー・・・         小さじ1 
ターメリック・・・         小さじ1/2 
クミン・・・            小さじ1 
生姜またはパウダー・・・   小さじ1〜1.5
カイエンヌ(一味唐辛子)・・・   少々
鶏顆粒のブイヨン・・・       適量           
水・・・              1L〜1.3L程


           作り方

DSC02819_convert_20131210082810.jpg
・鍋にオリーブオイル、又はサラダ油をしき玉葱の串切りとニンニクのみじん切りを
透き通るまで一緒に炒めます。

・同時進行で鶏モモ肉を別のフライパンで焼き色をつけます。↓

DSC02817_convert_20131210082733.jpg
・骨つきの方が味がでますので、骨つきで作ります。間接のところから二等分に切ったモモ肉に
塩、胡椒し、フライパンで皮の方から強火で焼き色を付けます。
DSC02825_convert_20131210082956.jpg
・炒めた玉葱の鍋に焼いた鶏肉を入れ、ここにコリアンダーパウダー、ターメリック、
クミン、生姜又はショウガパウダー、一味唐辛子、もしあればパプリカパウダーを降り入れます。

もし、ラス・エルア・ノトゥが手に入ったら、ここでこれを小さじ2程入れ、
変わりに一味唐辛子とパプリカは入れません 
               


DSC02826_convert_20131210083038.jpg
・カブはくし形に、人参、ズッキーニ、セロリは大きめの筒切り、
トマトはぶつ切りにそれぞれ大きめに切り分けます。



DSC02828_convert_20131210083104.jpg
・鍋にトマト、水、ズッキーニ以外の野菜、顆粒ブイヨンを入れ、沸いたら火を弱めて
あればパセリの束を入れ、煮込んでいきます。
アクが浮いたら取ります。

※クスクスは今までの他の煮込みよりも水分が多いので、たっぷりの水を入れます。


DSC02831_convert_20131210083222.jpg
・約40分煮込んだら、ズッキーニとひよこ豆を入れ、さらに20分煮込みます。

・一時間も煮込めば鶏肉も柔らかくなるので、最後に塩で味を整えて出来上がりです。
出来上がりの水の量は、具がひたひたよりも多めに仕上がるようにします。


・ハリサやラス・エルア・ノトゥがあれば、好みで最後に足して下さい。


スムールの作り方ですが、鍋にカップ1のスムールと塩少々を入れ、同量のカップ1の熱湯をここに注ぎ、フタをして5分待ちます。5分たったらふたをとり、バターを少々いれ混ぜるだけです。簡単です。




tabemono-0011_20131220053858289.jpg






DSC02840_convert_20131204025331.jpg


食べる時は皿にスムールをたっぷり盛り、上から煮込んだ野菜と鶏肉とスープをかけていただきます。(ハリサがあればスープで溶いて)


鶏肉を使いましたが、クスクスは子羊の肉で作るものが美味しいと言われています。好きずきもあるので、ここでは鶏肉を使いました。
鶏肉がダメな方は、ぜひ子羊のモモ肉で同様に作ってみて下さい。

今回はクスクスの香辛料であるラス・エルア・ノトゥは入れませんでしたが、これを入れたからといって香りは若干変わりますが、劇的に美味しくなるというわけでもありません。
美味しく作るポイントは、鶏なら骨つきの肉で作るか、鶏のブイヨンをとって作ること。子羊なら筋の多いモモ肉で作るといいと思います。

料理は手早く簡単がやはりいいのですが、時には時間をかけて、煮込みも良い物ですね♪








2013.07.30.Tue

ツナ、卵、ジャガイモのブリック   Bricks au thon et à l'oeuf

DSC06288_convert_20130731015823.jpg

この写真を見て「あ、出た!」と思われた方もいらっしゃるかと思います。
以前冬にブログにのせて、いつも見ていただいている方にも作っていただきました、ブリックです。

最近料理の方もヨーロッパを離れてモロッコ、チュニジア辺りをウロウロしてますけど、夏の間はあちこち飛ぶと思いますのでどうぞお許し下さいませ。


(過去のブリックの記事はこちらです→ーカレー風味の挽き肉を包んだブリックー

前回作ったときには、挽き肉と玉葱、そして香辛料を入れて作りましたが、今回はツナ、ゆで卵、じゃがいも等がベースになっています。香辛料は入れていません。


今回もブリックの皮で三角形に巻きましたが、もっと簡単に具を中にして皮を二つ折りにし、フライパンで焼くこともできます。
要は皮で包んで、パリっと焼ければいいのでシンプルな作り方は、ブリックの皮(または春巻きの皮)にツナ、生卵、ケッパーだけで作る事ができます。ジャガイモやゆで卵も入れません。

ここにその動画がありますので、簡単ヴァージョンで作る場合はこれをご覧下になって下さい。フランス語で話していますが、画像だけ見ても分かると思います。→簡単ヴァージョン


 kitchen-12_20130731050354623.jpg



材料2〜3人前

ツナ缶・・・           1缶
じゃがいも(中)・・・      2個
玉葱・・・            1/2個(みじん切り)         
ゆで卵・・・           1個(粗く刻む)
ケッパー・・・          小さじ2(粗く刻む)
パセリ・・・           みじん切りにして大さじ山1ほど(適量です)
生タマゴ・・・          1個
オリーブオイル・・・       適量
塩、胡椒 


DSC06245_convert_20130731015502.jpg

・ジャガイモは皮を剥いて適当な大きさに切り、ゆでたらフォークの背などでマッシュポテトのようにつぶしておきます。

・みじん切りの玉葱をオリーブオイルで透き通るまで炒めておきます。


DSC06254_convert_20130731041011.jpg


・ボウルに水を切ってほぐしたツナ、ジャガイモ、玉葱、刻んだゆで卵、ケッパー、パセリを入れ、軽く塩、胡椒をしたら生卵を一個入れて、全てをよく混ぜます。

ブリックの皮は春巻きの皮で代用できますので、それを使って下さい。丸い皮の方がいいかもしれません。
(巻き方は以前ブログで使ったのものですが、参考になさって下さい。↓)

次にこれをブリックで巻いていきます。真ん中から二等分に切り、写真のように半分に折ります。
①→②                       
DSC06561_convert_20130310023226.jpgDSC06562_2_convert_20130310023247.jpg
混ぜたものを端にのせ三角形に折り畳んでいきます。慣れないうちはちょっと難しいですけど、何個か作ればすぐに慣れると思います。
もしかしたら慣れる頃には、全部巻き終わってる、なんてことになるかも・・


③→④
DSC06563_convert_20130310023312.jpgDSC06566_convert_20130310023402.jpg
順に折り畳んで、最後に余ったところに溶き卵(分量外)を刷毛か指等でぬって生地同士をくっつけます。

前回は卵を使ってとじ目をくっつけましたが、何もしなくても焼く時につなぎ目を下にして焼けば開くことはありませんでした。)


卵を使わなくても写真↓のように、余った部分をポケットに入れてしまってもいいです。

DSC06567_convert_20130312014726.jpg



DSC06257_convert_20130731015102.jpg
一辺が5cmくらいの三角形。


DSC06575_convert_20130310024151.jpg
少量のオリーブオイルで揚げる、という感じで両面をきつね色に焼き、ペーパータオルにのせよく油をきります。

刷毛などで皮に薄くオイルを塗って、オーブンを使って焼いてもできます。




kitchen-f-1_20130731050356859.jpg





DSC06267_convert_20130731015001.jpg

で、このツナのブリックですが、このまま食べるのが通常ですが、日本人の方にはちょっと何かが物足りないように感じるかもしれません。
そこで、ベトナム風の春巻きを食べる時につける甘酢をつけて食べると、これがよくあってオカズにもなりそうです。

簡単な甘酢の割合ですが、酢小さじ4、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ1、醤油少々。これだけです。タカノツメの輪切りを入れるとピリッとします。
小さじでも大さじでも、割合が4・2・1に醤油を少したらしただけの甘酢ですので、本格的なものではありませんのでご了承下さい。


このツナのブロックはモロッコでもかなりポピュラーな食べ物らしいですよ。

簡単ヴァージョンの方は春巻きの皮さえあれば、ツナ缶、卵くらいは常備しているでしょうから、思いつきでも作れますね。
普段料理を作らない男性の方でも作れてしまうほど、簡単ですよ〜♪







        ね小包み・・

DSC05916_convert_20130731052000.jpg

          今日はちょっと涼しくて、素焼きの鉢から段ボールへ移動













 | HOME |  OLD »