FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

料理

OLD »
2021.02.24.Wed

鮮魚

DSC04679_convert_20210225043831.jpg

海外に住んでみてつくづく感じるのは、日本で売られている魚の質の良さです。魚の種類の豊富さや鮮度は、おそらく世界一だろうと思います。
フランスで売られている魚を買って、何度も期待を裏切られているので、そのうち魚といえばサーモンや鱈の切り身しか買わないようになりました。
スーパーで魚を買って家に持って帰り袋を開けると、プ〜ンと古い魚の臭いがするのはほぼ当たり前。妻に言わせるとフランス人にとって魚というものは『こういう臭いがするもの』と思っているそうです。

ただ最近は『BIOビオ』ブームで(有機栽培された野菜やその他の安全な食品)何でもかんでもBIOな食品。野菜だけではなく卵や牛乳、肉もBIO。当然、魚にもこだわるようになってきて、網元から48時間以内に直送される魚(予約制)が、BIO食品専門店でも売られるようになりました。


DSC04607_convert_20210225044320.jpg

我が家も早速会員になり、2週間に一度獲れたての魚を食べられるようになりました。獲れた魚貝によってその都度魚の種類は変わりますが、牡蠣や帆立も選べますし、安心して鮮度の良い刺身が食べられるのは本当に嬉しいです。
今回は魚は鯵だったのでそれは刺身にし、小さな赤貝のような”コック”という貝はクラムチャウダーにしてみました。材料が良いと料理も作りがいがありますね(^ ^)。


2021.02.02.Tue

2月2日はクレープの日

DSC09668_convert_20210203054637.jpg

少しずつ日が伸びていくのを肌で感じるようになりました。太陽の光も明るさを増したように感じます。庭のあちこちから、落ち葉を押しのけて雑草も伸び始めました。

この冬は暖冬なのか、いつもなら2月の中旬に咲くクロッカスの花が、この春一番乗りで木の袂に咲いていました。モノクロの景色の中に、ポッと灯りが灯ったようです。2月はまだ寒い日がありますが、確実に春が近づいて来ています。

そんな近ずいてきた春を祝うために、フランスでは2月2日クレープを焼いて食べる習慣があります。長い冬に別れを告げ、丸いクレープの丸を太陽の形に見立てて春の到来を祝うのだとか。


DSC01257_convert_20210203054241.jpg
野生のスノードロップ




DSC09672_convert_20210203054651.jpg





DSC01178_convert_20210203053412.jpg

毎朝、庭に出るとキツツキが木をつつく「ココココっ」という音が聞こえてきます。
小さな野鳥が木をつついてるとは思えないほど大きな音です。かなり力を入れないとあれだけの音は出ないと思うので、初めて聞いた時は驚きました。
とても目がいい鳥なので、人影を見るとすぐに飛んで行ってしまいます。

毎日ここで暮らす野鳥達を見ていると、人間も他の生物も皆、この地球に生きる運命共同体だということがよくわかります。




※クレープ生地の作り方を別記しておきますので、興味のある方は「続きを読む」をご覧になってください
2021.01.05.Tue

煮込みミートボール

DSC01861_convert_20210105185127.jpg

ミネストローネスープにハンバーグのたねを丸めて入れて、火が入るまで軽く煮込みます。ミネストローネのように具沢山にしなくても、ニンニク、玉ねぎ、人参、トマト、水とブイヨンキューブ。そこへ肉団子を入れても美味しく仕上がると思います。パセリと粉チーズを振ってもいいですね♪ まとめて作って2〜3日もつ。そんな手抜き料理が好きです。



DSC01871_convert_20210105185223.jpg

いただいたコメントは非公開になっていますが、いつも有難い気持ちで拝読させていただいております。更新は4日に一回というゆっくりペースですが、ゆる〜くおつき合いいただければと考えております。今年もどうぞよろしくお願いいたします




2020.12.02.Wed

ミネストローネ

DSC03774_convert_20201203030947.jpg


温かいスープや汁物が食べたくなる季節になってきました。ミネストローネは冷蔵庫に半端に残っている野菜を処理できるので、冬になるとよく作ります。人参、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、カリフラワー、カブ、大根、きのこ類。残っている野菜はなんでも材料にしてしまいます。
ニンニクのみじん切りを香りがたつまで炒め、少し大きめに切ったベーコンも入れるととても贅沢なスープになります。食べていて飽きもきません。
豆やパスタを入れると腹持ちもよくなりますし、野菜たっぷり栄養も豊富なので、我が家はこれとパンがあれば十分です。豆やトマトを入れずに、ジャガイモを多めに入れたあっさりしたブイヨン仕立てにしも美味しいですね(^ ^)


2020.07.11.Sat

パセリを食べて!!みませんか・・

DSC07028_convert_20200712234502.jpg
taboulé (タブーレ)


皆さん、普段パセリ食べませんよね・・そうですよね。とこれで終わってしまったら、ブログで取り上げるまでもないんですが、私は夏になると結構パセリを食べます。おそらく日本人がパセリを、ましてやミントなど食べないのは、食べ方がわからないというのが大きな理由ではないかと思います(もちろん不味からいと言う人も)

レバノン料理というのをご存知でしょうか。そもそもレバノンってどこよ?という声も聞こえてきそうですが(笑)、パリに行くとレバノン料理のレストランや惣菜屋さんをわりとよく見かけます。そのレバノン料理の中に「タブーレ」というパセリとミントをふんだんに使ったサラダがあって、フランス人で知らない人はいないと言っていいほど、ポピュラーなものです。おそらく中東あたりの暑い国では、パセリやミントというのは食としてもっと身近な存在なのかもしれません。




DSC00963_convert_20200630052700.jpg
パセリ&ミントとひよこ豆のサラダ

前置きが長くなりましたが、夏だからこそビタミン豊富でさっぱり食べられる、このサラダの作り方を簡単に紹介したいと思います。
これは主にパセリ、ミント、トマト、レモン、きゅうり、玉ねぎとオリーブオイル、塩、胡椒。それと茹でた「ブルグル」(←クリック)もしくは「クスクス」(←クリック、フランスではスムールと呼ばれてます)を混ぜたサラダなのですが、このブルグルやクスクスは日本人には馴染みがないので、これを他のものに代用することで(ひよこ豆、レンズ豆など豆類)いろいろなサラダにすることができます。これもまたレバノン料理です。


DSC06865_convert_20200711191111.jpg

材料 A   {4人分}
パセリ・・・片手でひとつかみ (葉だけ粗みじん切り)
ミント・・・これは好みで適量 (葉だけ粗みじん切り)
トマト・・・1個(プチトマトでも) (さいの目切り)
玉ねぎ・・・約1/4個(みじん切りにして10分程水にさらす)
きゅうり・・・もしあれば1/4本 (さいの目切り)

材料 B
ひよこ豆・・・一缶(400g 内容量280g)
オリーブオイル・・大さじ3
レモン(大)・・・約1/2個分の果汁(なければ酢を大さじ1.5〜2)
塩、胡椒
※材料の量はあくまで目安ですので、好みで加減してください。


DSC00960_convert_20200630052602.jpg

 ー作り方ー
材料Aはそれぞれの切り方でカットして、玉ねぎだけは水に10分ほどさらし辛味を抜いてから水気を切ります。
ひよこ豆は缶詰を開けたらザルに入れ、サッと2〜3秒水道水をくぐらせ、水をよく切ります(豆臭さをとるため)
材料Aと材料Bをボウルに入れて混ぜるだけです。(写真のオレンジ色もトマトです)

 ー追記ー
ひよこ豆は乾燥したものから作ると時間がかかるので、すでに茹でてある缶詰を使ってください。
ここで使ったパセリはイタリアンパセリですが、日本で手に入る縮れた普通のパセリで大丈夫です。これはご飯のおかずにはなりませんが、とてもさっぱりしてるので、夏は私はこれだけ食べて一回分の食事にしています。
もし、ひよこ豆が手に入らない場合、とうもろこし(缶詰)や他の豆類でもできると思います。

 ーオマケー
嘘かマコトか・・→きれいになれるとウワサの「ひよこ豆」の美味しいレシピ14選



何か質問がおありかもしれませんので、コメント欄をあけておきます。

 | HOME |  OLD »