森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

ガーデニング

OLD »
2017.09.23.Sat

花の祭典

12_convert_20170923191738.jpg
Saint-Jean-de-Beauregard←ホームページに飛びます(写真はお借りしたものです)
春と秋の二回行われるので、これは春の祭典の様子かと。


週末に花の祭典が開かれたので、妻と義父と3人で行ってきました。ここは家から車で1時間ちょっと離れた、パリ近郊のSaint-Jean-de-Beauregardというシャトーで、フランス中の花の専門業者が集まり、それぞれの花やガーデニング道具、庭に彩りを添えるオブジェ等を販売するので、ガーデニング好きが毎年楽しみにしている祭典の一つになっています。今年のテーマは”香りのある植物”でした。一日中天気も良く、多くの人で賑わっていました。



DSC05053_convert_20170923190149.jpg



DSC05054_convert_20170923195409.jpg
ちょっとキモ怖い植物の精?のオブジェ。ちょうど人の顔の大きさくらいあります。



DSC05055_convert_20170923190145.jpg



DSC05039_(1)_convert_20170923190118.jpg
このシャトーには有名なポタジェ(花と野菜の畑)があるので、祭典がないときでも観光客が訪れ、城内や庭を見学することができます。この季節はダリアが綺麗で、水に浮かべたダリアの花がポタジェに来園してくれた人々を迎えてくれます。去年もブログに載せたので、覚えていらっしゃるかたもおられるかと。



DSC05036_convert_20170923190326.jpg
花々や低木の名前に、何々ジャポニカとか何々ジャポネという名前の植物が
あるのですが、日本原産の植物は人気があったりします。


DSC05030_convert_20170923185827.jpg

訪れている人のほとんどが中高年の方ばかりでした。たくさん花を買うと持ちきれなくなるので、台車のようなものを引いて来ている人も多くみかけます。敷地内は広いので、買った植物を入り口まで運んでくれる無料サービスもありました。

花の専門家から育てかたのコツも教えてもらえますし、花の組み合わせも勉強になります。去年も秋に来たので、今度は春に訪れたいと思います。



2017.06.18.Sun

早くも暑さ到来

DSC03837_(1)_convert_20170618054531.jpg
6月に入って徐々に体調が上向きになってきたのと、日中は暑いということもあって、このところ夜に庭仕事をしています。夜と言っても今は日が一番長い時期ですから、11時になってもまだ西の空が薄明るい状態なので、10時半くらいまでは仕事ができます。8割は土を掘ったり雑草を取っているばかりで、1割が植物の植え付け植え替えで、残り1割は庭を眺めながらボーっとしています。←それは仕事とは言わないだろ(*`へ´*)


DSC03918_(1)_convert_20170619055453.jpg



DSC03982_convert_20170619061205.jpg DSC03980_convert_20170619060343.jpg  
イギリスにお住まいのヒロコさんから贈り物が届いたので開けてみると、何やらビニール袋に包まれた植物のようなものが・・。よく見るとミョウガの苗ではありませんか!?すぐに鉢に植えたところ、数日後には根が生えてきました。ミョウガは十分に水分が必要らしいので、真夏の地植えは避けて秋に植え付けしようと思います。来年には食べられるかなぁ♪どうもありがとうございました。(^^)


DSC03867_convert_20170619060840.jpg
ちょうど玄関脇に植えてある百合の花。
扉を開けるたびにとても良い香りを楽しめます。



DSC03993_convert_20170619185531.jpg
鉢植えのアジサイの花が、地植えのものよりも早く咲き始めています。
アジサイは挿し木で簡単に増やせて、丈夫で花持ちがいいのが嬉しいですね。


DSC03976_convert_20170619190448.jpg
カレープラントの花の上に、カラフルな虫が目を引きます。



DSC03990_convert_20170620020647.jpg
ハーブの花壇も少しづつ賑やかになってきました。

例年の6月だとそれほど暑くもなく、とても爽やかな気候なのですが、予報では今日から急に暑くなるらしく、フランス各地で33〜37℃の気温がしばらく続くということです。
今日は用事があって街に来ているのですが、車の温度計が36℃を表示していました。いくら湿気の少ないカラッとした暑さとはいえ、ここまでくるとさすがにこたえます。( ノД`)明後日は夏至なので、フランス各地で音楽の祭典が開かれる予定です。


2017.05.05.Fri

みかんの花

DSC03484_convert_20170505061449.jpg
みかんの花が咲き始めました。近づくととてもいい香りがします。
冬の間は室内に置いていたのですが、蜂に受粉をしてもらうために外に移しました。
1mほどの小さな木なのですが、一昨年はこの木に90個以上の実をつけてくれて
少しずつ摘んで食べたので長い間みかんを楽しむことができました。



P1040014_convert_20170506051257.jpg
2015年、秋 数えてみると92個のみかんが。
実が重いので竹や椅子で支えています。

美味しいみかんを作るために、本当は少し間引かないといけないらしいのですが、
勿体ないのでそのままに。十分美味しいみかんができました^^。



DSC03502_convert_20170505061506.jpg
横に広がる匍匐性のタイムの花が、いま満開になっています。





2017.05.02.Tue

アリウム

DSC03496_convert_20170503022606.jpg
大きなネギ坊主、濃い紫色が綺麗なアリウムの花。
花が開き始める頃になると、どうしても葉が萎れてきてしまうので
葉が他の植物の影に隠れるように植えたいところ。




DSC03492_convert_20170503043047.jpg
枯れてもドライフラワーにして楽しめるので、お得感があります。




DSC03396_convert_20170501044757.jpg
柔らかい人参の葉と、庭で摘んだ香草を刻み
塩コショウと少しだけクリームを加えて卵を溶いたら、
バターを溶かした熱々フライパンで、中は半熟になるように。
ちょっと贅沢な卵料理になりました。^^






2016.10.30.Sun

冬になる前に

DSC01195_convert_20161031060902.jpg
一昨年はアリウムの大きな球根を植えたのですが
今年はそれよりも更に大きな球根・・名前を忘れましたが、
野球のソフトボールくらいの大きさの巨大な球根を植えました。
これを4つほど植えたのですが、春に花が咲くのが楽しみです。


DSC01187_convert_20161031061117.jpg
10月中旬まで咲いていたダリアの球根は、霜で凍ってしまう前に掘り起こしました。
オガクズと一緒に段ボールにしまっておきます。


DSC01599_convert_20161031061905.jpg
朝は必ず庭に出て植物の様子を観察したり、動物達の落し物(糞)をチェックして、
昨日の夜はどんな動物が来たのだろうかと想像を巡らせるのも楽しいものです。

すると今朝、植えたばかりの苔の上に、用を足して
いった何者かがいるではありませんか。なぜここに?(苦笑)
そこでネットで調べてみると、どうもFouine(フイーンヌ)という
↓イタチかオコジョ?の落し物のようです。

Fouine_convert_20161031024200.jpg
(写真はお借りしたものです。Fouine”フイーンヌ”)

肉食動物で可愛い顔をしているわりには性格が強いらしく
飼われている鶏を襲って食べたりするそうです。
電気ケーブルも噛んでしまうらしく、停電の原因を作る常習犯だとか。
ちよっとやんちゃな感じもしますね。(^^)





 | HOME |  OLD »