FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

コロナウイルス

OLD »
2020.12.21.Mon

デカ黄


車を車検に通すため、自動車修理工場へ行った時のこと・・。


IMG_7668_convert_20201221024347.jpg
謎!? 





IMG_7670_convert_20201221024435.jpg

ピヨ?

7340929_convert_20201221190317.jpeg






cover-r4x3w1000-5b574d014cfce-000-17u7vl_convert_20201221195128.jpg

今年のツールドフランスはLCLという銀行がスポンサーだったらしく、その宣伝のためのジャイアントマスコットが受診?に来ていました。大会の開催中、この宣伝カーも一緒にフランス中を周ります。


ツールドフランスはフランス国内を23日間かけて、ほぼ1週するレースで、各ステージによって順位が変わります。黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ (maillot jaune)」は個人総合成績1位の選手に与えられる。各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少なかった選手が「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利を得る。(ウィキペディアより)要するに一番強い選手が黄色いジャージを着ている。

コロナ禍の中行われた2020年ツールドフランス。今年は大会開催中に2人以上の選手やスタッフが陽性になれば、その時点で順位に関係なく失格になるという厳しい条件のなか大会が行われました。



2020.12.18.Fri

リスク分散

DSC05016_convert_20201219034300.jpg
生後3ヶ月のアズキ

我が家の三毛猫アズキさんは、年が明けて16歳になります。3年ほど前から、シニア猫の宿命とも言える慢性腎臓病を患っているので、液状の薬を毎日エサに混ぜて与えています。若い時よりも体は小さくなり体重も減りましたが、薬が効いているおかげなのか、時々走り回る姿も見せてくれます。

ところがコロナの影響で、この薬が世界的に不足しているらしく、フランスでもほとんど手に入らない状態です。香港経由で日本で売られているものを見つけたので、早速注文し日本にいる娘に送ってもらうようお願いしました。

『セミントラ』というこの薬は、ドイツの製薬会社がメキシコで製造をしているらしいのですが、今回のこのことをきっかけに、製造する場所をヨーロッパへ移すよう考え直しているとか。
現在、世界で作られている抗生物質の核になる部分の80%を中国で製造していると聞きます。こういった命に関わる製品の製造は、このコロナ禍を機に一極に集中させず、生産拠点を分散させるという社会の流れに、早くなってほしいものです。


フランスの昨日の新規感染者は1万8千人。一度は減っていましたが、ここに来てまた増えてきました。日本でも感染者が増えていますし、クリスマスとお正月を控えてまだまだ気が抜けませんね。皆様も気をつけてお過ごしになってください。





2020.11.24.Tue

滞在許可書

DSC04322_convert_20201124194000.jpg
アパートの間に見えるサクレクール寺院。


ロックダウン中ではありますが、滞在許可書が切れてしまうので、モンマルトルと言われる地区まで更新の手続きに行ってきました。私の国籍は日本人なので、フランスに住んでいても長期滞在者ということになります。春のロックダウンの時は都市機能の大部分が止まっていましたが、今回、許可証等の更新手続きは、普段通り行われているようです。

テイクアウトを除いてすべての飲食店は休業し、観光客も激減しているので街中を歩く人は多くあまりません。外出する時はいつも証明書が必要になります。
ウイルスが蔓延している時に、人の集まる場所に行くのも如何なものかと思いましたが、普段より交通量も少なく渋滞に巻き込まれることもなかったので、逆にこの時期で良かったかもしれません。

ロックダウンされる前、フランスのコロナ新規感染者は5万人を超えていましたが、ここにきて急激に減少し昨日は1日の新規感染者が5千人を切りました(休日で持ち込まれる検体が少なかった?)。しかし、多くの重症者が病床を圧迫している状態は続いており、亡くなる人の数もまだまだ多いので油断はできません。
12月には規制の一部が解除されると思われますが、クリスマス前は最も街が賑わう時期なので、これからも感染者の数は増えたり減ったりを繰り返すことになりそうです。



DSC09604_convert_20201124202040.jpg

使っているノートパソコンのバッテリーを交換することになり、修理期間中1週間ほどブログ活動をお休みすることになりました。ご了承くださいませ





2020.10.31.Sat

ステイホーム再び

DSC07774_convert_20201101034058.jpg
ボクも家でジッとしてるよ

フランスは29日から、二度目のロックダウンに入りました。1日の感染者数が5万人近くに上るというのですから、相当数の検査をしているとはいえ、ヨーロッパの中で最も感染状況が良くない国ではないかと思います。フランスだけでなく、他のヨーロッパ諸国の感染も悪化しているので、これが気候のせいなのか、一人一人が持つ感染予防の意識レベルの問題なのか、民族の持つ遺伝子によるものなのか。春に続いてこれだけ感染が広がっているのですから、やはり何か訳があるのでしょう。それは、いずれ解明されるとして。

フランスのコロナウイルスの感染による重篤な患者が、すでに病院の集中治療室の70%近くを占めいるらしく、この勢いで行くと11月中に全ての集中治療室が、ウイルスによる患者で埋め尽くされてしまうというのが、今回またロックダウンに踏み切った大きな理由のようです。これが12月1日までという予定ですが、1日の患者数が5千人程度になれば解除できるだろうということなので、ちょっとそれは難しいのではないかと個人的には思っています。

今年は人類の科学の進歩という側面だけでなく、ひとりひとりが何かを学ぶきっかけになった年だと思います。それが良い方向へと向かいますように。より良い未来のためにも、いまは我慢をすべき時を迎えているのかもしれません。




2020.10.14.Wed

夜間外出禁止

DSC04169_convert_20201014225309.jpg
10月14日
春に予定されていた定期検査が、突如現れた新型コロナウイルスのせいでキャンセルになり、それから約7ヶ月が経ちました。
そもそも気乗りしない検査だったので、来年コロナが落ち着いてからにしようと思っていたら、病院の方から「検査してください」という電話がかかってきてしまったので、シブシブ病院へ行ってきました。
私の行っている病院は、一般の病気の患者さんを診るのではなく障害者のための病院なので、ご年配の方も多く入院しています。「絶対にウイルスを院内に入れてはいけない」という、いつもとは違った緊張感があり、やはり戦いはまだ続いているんだなと感じました。

春にロックダウンした頃と比べて、現在は死者数こそ少ないものの、ウイルスの新規感染者は毎日2万人超え、重篤な患者も増えていて、医療従事者は肉体的にも精神的にも疲弊しており、そういった状況を鑑み、今週末17日から4週間、フランスの主要都市で、夜9時から翌朝の6時まで外出禁止ということに決まりました。




DSC04154_convert_20201015050905.jpg
2日間、家を空けてたのですが、帰って来ると
お腹を空かせたネコさんが、ニャーニャー言いながら待っていました。

待ってないで自分の家に帰りなさいよ〜( ノД`)




DSC04060_convert_20201015051016.jpg
クッキーさん、あなたまで・・
しかも、なんか怒ってるみたいだし





 | HOME |  OLD »