FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.11.15.Sun

小説

61UYmuFgUuL_convert_20201116054302.jpg


最近読んだ本で、良かったと思える本の一つに、中島京子さんの「長いお別れ」というのがあります。『かつて中学の校長だった東昇平はある日、同窓会に辿り着けず、自宅に戻ってきてしまい、心配した妻に伴われて受診した病院で認知症だと診断される。入れ歯を次々となくしたり、友人の通夜でトンチンカンな受け答えを披露したり。妻と3人の娘を予測不能なアクシデントに巻き込みながら、彼の病気は少しずつ進行していく。そして、家族の人生もまた、少しずつ進んでいく。
認知症の父を支える妻と娘たちが過ごした、あたたかくも切ない、お別れまでの10年の日々』
(Amazon本の説明より抜粋)
ところどころにユーモアを感じさせる書き方に、ほっこりと和みます。私もあと少しで60に手が届く年齢になります。老いを見据えてこれからどう生きていくのか。人間の幸せとは何か。




DSC00798_convert_20201116061004.jpg

インターネットから得られる情報というのはあまりにも膨大で、次から次へと新しい情報が押し寄せて来ます。何か一つのものをじっくりと読むというより、いつもせわしなくサラサラと要点だけを見つけて読んだつもりになる、また、動画をみていてもすぐに早送りにし、興味のあるところだけを見る、そんな習慣がついてしまいました。

作家が思いを込めた本の中にある数々の人生ドラマをじっくりと読む。面白いです。


 | HOME |