FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

日記

OLD »
2021.02.10.Wed

IMG_8010_convert_20210211003026.jpg


今年2度目の雪が降りました。肉球に冷たいだけの雪景色を見て、茶トラ君は少しご不満の様子です。飼っている鶏も餌を食べに一度出てきただけで、今日は一日中小屋から出ようとしませんでした。

2日前から、突然の吐き気と微熱で2日ほどダウンしていました。今までどこか他人事だったコロナが「ついに自分にも来たか?」とも思いましたが、咳は一度も出ませんでしたし、嗅覚も鈍いなりにあったので、ただの風邪だったのかもしれません。ワクチン接種をする前に、一応抗体検査の方を受けてみようかと思います。ただの風邪、されど風邪。やはり健康でいられることが一番だなとつくづく感じました。



2021.02.06.Sat

滞在許可書を取りに

DSC04599_convert_20210206234623.jpg

去年の暮れに申請していた滞在許可書が出来上がったので、街の中心にある警察署へ取りに行ってきました。今はコロナ禍なので、密にならないように15分単位の予約制だったにもかかわらず、中はかなり人で混雑していました(°_°;)

警察署までは車で行ったのですが、この日も駐車スペースを探すのに苦労しました。パリを旅行した方なら路上駐車する車の多さに驚かれた人もいると思います。地下にも駐車場が作られているのですが、エレベーターがない所もあるので、車椅子の人は前もって調べて駐めないと、駐車したはいいけど地上に上がれないという事態になります。




ほんのわずかなスペースに「これどうやって駐めたの?」と思えるような駐車をする車を見かける事もしばしば。車1台ギリギリ駐車できるスペースがあると、他の車を押しながら無理やり駐車する人もいます。フランスに来る前に話しには聞いていましたけど、本当に目にするとやっぱり驚きますね。


DSC04602_convert_20210206234821.jpg



DSC04604_convert_20210206235220.jpg

2月に入ってからよく雨が降ります。街ゆく人を見ると90%近くの人が傘をさしていません。忘れたわけではなく、傘をさして歩くという習慣があまりないようです。やはり国が変わると考え方や習慣が違うので、それに慣れる事が出来る人とそうでない人で、長く海外で生活できるかできないか分かれるような気がします。



2021.01.27.Wed

編み物

DSC04556_convert_20210128024842.jpg

5年ほど前から、うちの奥様は時間さえあれば、ずっと編み物をしています。セーター、マフラー、カーデガン、手袋、etcと何でも編んでます。指示通りに地道にコツコツとやるのが性格に合っているんでしょう、一日中やっていても飽きないみたいです。
今は編み方のテクニックをYou tubeでも教えてくれますし、巣ごもりのこの時期にはちょうどいいのかもしれません。私は編み物のとこは何もわかりませんが、編み物の難しさや面白さを説明したいらしく、あれこれと話してくれるので、いつもフムフムと聞いています。わからないんですけどね(^^;)。


DSC04569_convert_20210128043537.jpg

私の祖母はとても裁縫が上手な人でした。お姑さんがとても厳しい人だったらしく、いろいろと裁縫の技術を仕込まれたんだとか。
今はお金を出せばどんなセーターでも買える世の中ですが、むかしの人は服のお直しや編み物をする事は当然の事だったのかもしれません。
最近は男性でも編み物をする人が増えているそうです。子供の頃にやった”リリアン”は面白かったですし、たしかに見ているとやってみたくなりますね。



2021.01.01.Fri

元旦

DSC06422_convert_20210101070640.jpg

明けましておめでとうございます

今年は脱コロナ、東京オリンピックの開催を夢見て

2021年が皆様にとって良い年になりますように。
本年もよろしくお願い申し上げます。

毎年、凱旋門で行われているたカウントダウンも人が集まるということで、パリから離れたベルサイユ宮殿で行われました。

フランスでは毎年、大晦日から新年にかけて、約1000台の車が燃やされるという、ちょっと日本では想像できないような事件が毎年恒例のように起こります。しかし今年はコロナのおかげ?で、夜間の戒厳令が敷かれているので、そんな事件が少しでも減少してくれることを切に願います。



2020.12.28.Mon

年末

IMG_2074_convert_20201229055236.jpg
2018年 2月
いよいよ12月も残り少なってきました。町にクリスマスの飾りつけを目にする事はあっても、こちらでは新年の特別な雰囲気がないので、毎年少し物足りなく感じます。

しんしんと降る雪の音が聞こえてきそうなほど、鎮まりかえった雪景色。そこに響く除夜の音。初詣で賑わう日本のお寺や神社の様子を思い浮かべながら、大晦日に年越し蕎麦を作り、元旦にはお雑煮を食べて正月の気分を味わっています。

2020年は人々の健康が大きく脅かされた年でした。オリンピックイヤーになるはずだったのが、まさかの延期。無事健康に過ごせた事に感謝したいと思います。

宮沢賢治の”雨ニモマケズ”をふと思い出しました。

一年間、拙いブログにおつき合いいただき、本当にありがとうございました。

今年はこれで最後の更新になります。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。




 | HOME |  OLD »