FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

日記

2019.07.22.Mon

パンを買いだめ

DSC00384_convert_20190723052331.jpg

家から車で5〜6分のところに、とても美味しいパンを焼くお店があります。ここ数年、朝食に食べるパンはいつもここで買っています。やはり焼いてから24時間以内に食べるのが一番美味しいのですが、さすがに毎日パンを買いに行くわけにはいかないので、少し多めに買って冷凍保存しておきます。

このパン屋さんが、今週末からバカンスに入るので、普段より多めにパンを購入してきました。一度にこれだけのパンを買うことは珍しいので、お店に陳列されているように、カゴの中に入れて写真でも撮ろうかと思い、カゴを用意してテーブルの上を綺麗にしていると、パンより先にネコが入ってきました・・(ーー;)どういう訳かネコというのは、こういった物に入るのが好きです。真顔でこういう事をするので憎めません。



DSC00358_convert_20190723052301.jpg


実は、また熱波が来ているらしく、明後日はパリで40℃まで気温が上がるんだとか。2003年の猛暑の時に、生まれて初めて36℃という気温を経験してみようと、ワザワザ散歩に出かけたことがありました。ところが今では、夏に35〜6℃というのは当たり前。今度は40℃という未体験ゾーンを経験できるのか・・。そんな呑気なことは言ってられません。これだけ気温が上がってくると、生態系のバランスが崩れるのではないかと心配してます。






2019.06.28.Fri

暑さの記録更新

DSC00201_convert_20190629055248.jpg

予報通りここ数日間、かなり暑い日が続いていましたが、今日フランス南部で、観測史上初めての45.9℃という気温を記録したそうです。私の住んで居る辺りも33℃ほどありましたが、おかしなもので最近慣れてきたせいか、それほど暑いという印象はありませんでした。気象予報士が「これからはこれが当たり前の夏になってくるので、慣れるしかない」と言っていましたが、たしかにそうなのかもしれません。


DSC09943_convert_20190629042447.jpg
アズキちゃんは外で過ごす時間が大好き





2019.06.24.Mon

熱波到来か?

DSC05418_convert_20190624192124.jpg
今週から週末にかけて、フランス全土に熱波がやってくるようです。2003年にヨーロッパを襲った熱波のときは、2万人近い死者(6,7割が75歳以上の高齢者の方)が出ました。日本と違い湿気のない暑さとはいえ、クーラーがない上に40℃ちかくまで気温が上がると、さすがにたまりません。今回も2003年の時と同等の暑さになるかもしれないので、十分に注意してほしいと政府も注意を促しています。


Ulysse_3_mois_convert_20190624191731.jpg
2003年 ユリス-3ヶ月



DSC00133_convert_20190624191940.jpg

あの頃は、私もまだパリに住んでいたのですが、一日中扇風機を回して暑さをしのいでいたのを覚えています。ちょうど3ヶ月になったネコが我が家に来たときで、ふわふわの毛でははさぞ暑かろうと、凍らせたペットボトルをペット用のキャリーにぶら下げて、簡易クーラーボックスを作ってあげました。

街中と違い今の我が家は、周りを緑に囲まれており、木々が西日を遮ってくれるので、夜になると気温もグッと下がり助かります。
あの時の暑さのようにならないことを祈るばかりです。






2019.06.18.Tue

夏らしく

DSC00127_convert_20190619042647.jpg

今日の気温は28℃。夕方、農家へ野菜を取りに行ってからの帰り道、肥えた麦の穂が、風に揺れて輝いていました。
今の季節は、そら豆、グリンピース、ズッキーニが旬で、きゅうりやトマトはもう少ししてから収穫が始まり、ナスは更に少し遅れて旬を迎えます。
先週末はフランスも父の日だったので、家族が集まり庭で食事を楽しむ声が、隣近所から聞こえてきました。これから始まるバカンスを前に、人々の気持ちも浮かれているようです。




2019.05.13.Mon

ブロ友さんとのお別れ

DSC09931_convert_20190513233131.jpg


”クロウタドリ”(Blackbird)と聞いても、どんな鳥なのか日本人の方にはパッと思い浮かばないかもしれませんが、フランスはもちろんヨーロッパではかなりポピュラーな鳥で、スウェーデンの国鳥なんだとか。
冬には、口ばしで落ち葉を払いのけ、葉の下に潜んでいる虫を探している姿を見かけます。最近は日の出から日没まで、一日中庭からこの鳥のさえずりが聞こえてきます。ウグイス同様、オスが縄張りの主張をしているのかもしれません。



2013年にブログを通して知り合った花音さんが亡くなったという悲し知らせを聞きました。
癌転移、再発の不安、抗がん剤の副作用にも負けず、必ず癌を治してみせるという常に前向きな姿勢に、いつも元気をもらっていました。ブログに綴る彼女の言葉は、どんなときも明るく、今日の5月の澄んだ青空に似ています。
料理が好きで、何事にも感謝を忘れない方でした。あなたが今まで精一杯生きたことを、私は忘れることはないでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。






« NEW  | HOME |  OLD »