森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2015年06月

2015.06.25.Thu

ハーブ園

DSC05073_convert_20150626012050.jpg

先月末のことですが、近くにあるハーブ園(植物園)に行って来ました。
このハーブ園は、昔から色々な目的で使われてきたハーブ(人々の生活に密接に関係してきた植物)が時代の変化と共になくなってしまわないように守っていこうというもので、こんなものもハーブ?と思えるものもあって、なかなか興味深く園内を見て回ることができました。

植物の中には毒になるものも多々ありますから、上手く使い分けるようになるまで多くの犠牲もあったのかなとあれこれ想像してしまいました。

DSC05128_convert_20150626012338.jpgDSC05125_convert_20150626012541.jpgDSC05097_convert_20150626012601.jpgDSC05090_convert_20150626012821.jpg



DSC05096+(1)_convert_20150626011739.jpg

ヨーロッパにも以前は漢方薬のようにゆっくりと効果が現れるものがあった筈ですが、即効性のある医学の方がどんどん発達していったのでしょうね。
現代の私たちの生活は、多くのことに利便性とソッコウ性を求めていますから無理もありません。地球の環境も同じようにどんどん偏ったものになっていくのでしょう。


今日から来週にかけて、30℃を越える日が続くと天気予報でも言っていました。今年は暑い夏になるかもしれません。







2015.06.17.Wed

雨が降らない・・

DSC05436_convert_20150616185843.jpg  DSC05317_convert_20150610050046.jpg  DSC05393_convert_20150616174002.jpg DSC05322_convert_20150610050433.jpg

夏になってサルビア系の花が元気に咲いているのですが、いったいいつからまとまった雨が降っていないのやら・・。ほんのお湿り程度の雨は降ったものの、ずっと晴天続きで、最近では雑草さえも姿を消すのではないかと思うほど、庭がカラっからに干上がっています。オアシスに生える植物の様に、水を撒いた所と鳥達の水飲み場だけはなんとか無事に草花も育ってくれています。




DSC05399_convert_20150617055827.jpg

夏の暑さもこれから本格的になるというのに、
芝は干涸びてまるでワラを敷き詰めたような状態に。(ーー;)



DSC05324_convert_20150610051623.jpg


DSC05201_convert_20150618053606.jpg
蜂達にとっても水は必要らしく、一日中鳥の水飲み場にたくさん群がってきています。





DSC05376_convert_20150616191134.jpg
去年あたりから頻繁に我が家の庭に顔を出すようになった、よく話す雄ネコのナオナオ君。人の家のネコかと今まで思っていたらそうではないらしく、左前足を怪我してそれが炎症をおこしたのか、ここ数日足を地面につけることができないほど痛そうにしていたので、妻が捕獲して獣医さんの所へ連れて行きました。

捕獲ついでに去勢をしてもらい、検査をしてみると案の定ネコエイズに感染していました。
フランスではノラ猫の平均寿命は3年とちょっとと言われているらしいのですが、この子は今何歳なのか。元気で長生きして欲しいものです。










2015.06.09.Tue

ローズマリー -Romarin-

DSC05270_convert_20150610045346.jpg

以前からガーデニングと言えば、ハーブばかりを育てていました。初めて出会ったハーブがローズマリーで、指で触れたり鼻を近づけては何度も香りを楽しみ、枕元にまで苗を置いて眠ったことを覚えています。

昔の人達は、薬や防腐剤として、また防虫、料理、衣服やコスメティック、家の飾り付けなどなど様々な場面で普段からハーブを上手に使いこなしていたのでしょうが、現代のように何でもそれ代わるものがある時代では、かなり意識して使わないと日常生活の中でハーブを使いこなすのは難しいですね。



DSC05164_convert_20150610044657.jpg

ボウボウに生い茂った我が家のローズマリーも、たまに料理に使うくらいでほとんど観賞用になってしまっているので、先日オリーブオイルとローズマリーを練り込んだフォッかチアのようなパンを作ってみました。
塩気の効いた黒オリーブがとても良く合います。




DSC05179_convert_20150610055245.jpg









2015.06.03.Wed

アリウム

DSC04715_convert_20150604053044.jpg DSC02633_convert_20150604071005.jpg



DSC05039_convert_20150604190507_2015060419122163f.jpg

去年の秋に初めてアリウムの球根を植えてみた。
大きなネギ坊主の花が見たくて、ずっと前から植えてみたいと思っていたのだ。
今まで見た事もないような巨大な球根からは、ほのかにニンニクのような香りがした。

4月の下旬になるとグングンと花茎が伸び始め、高さ1mを越えてつぼみを膨らませ始めた。

そして5月の中旬頃になるとソフトボールほどもある大きな紫色の花を咲かせてくれた。

10個の球根を適当に植えても、植物の方で上手に背丈のバランスをとってくれるから不思議だ。
また来年綺麗な花を咲かせてもらうためには、タネを作る前に花を摘まなければならないらしい。

そして盛りを終えて鮮やかな紫色を失った花は、今度は花瓶の中でその姿を楽しませてくれている。



DSC05190_convert_20150605055323.jpg









 | HOME |