森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2015年07月

2015.07.23.Thu

続、雨が降らない・・

DSC05493_convert_20150725053735.jpg

もともと怪しかった私の日本語が、最近さらにおかしくなってきたようで、ブログを更新しないといけないと思いつつ、なかなか文章が進まずに時間ばかりが過ぎてしまいました。


このところ暑い日が続きましたが、未だにまとまった雨が降らないのは困ったもので、フランス国内の半分以上の県で節水をするよう呼びかけられています。


水不足になると当然農作物等に影響がでてくるわけですが、酪農農家の方達にとっても事は深刻で、何しろ土地が干上がってしまっているので牧草が育たず、今年の冬のためにとっておいたストックをすでに牛に食べさせているそうです。
草が育たないのですから、来年の冬ための牧草も収穫できないので大変ですね。

さらに事が進むと原発依存が高いフランスは、炉心を冷やすために河川の水が大切になるため、冷却水不足になる可能性もあって、すでに専門家の間ではその事を危惧する声が上がっています。

アルプスに自生していた高山植物が、数百メートル上に移動したとか、地中海の海水の温度が上昇したため、今までになかった海藻が増殖して、海底まで光が当たらず生態系に影響を与え始めたということも聞きました。


他にも我が家では、庭の植物のために毎日のように水を撒いているので、水道代が跳ね上がってしまいそうなのが深刻な問題です・・。(ーー;)



DSC05481_convert_20150724051104.jpg
ここもちゃんと水撒いてね。











2015.07.11.Sat

エッフェル塔、プチ裏話

DSC05567_convert_20150713072946.jpg

熱風の吹く暑い日が数日続きましたが、なんとかそれも一段落して例年並みの夏の陽気が戻ってきました。
いよいよ本格的なバカンスシーズンが到来ということで、フランス人は海や山へ繰り出し、先日パリへ行った時には、街の中は車も少なくいつもより静かな感じがしました。

街にフランス人がいなくなっても逆に夏は観光客が増えてきます。1年で世界一外国人が多く訪れる国はフランスなのだそうですが、中でもエッフェル塔は必ず訪れる観光スポットと言われているようです。


以前エッフェル塔のドキュメント番組を見ていて驚いたのですが、一般入場を終えてからエレベーターを何往復もして4トンものお土産を搬入しなければならないのだそうです。
それが毎日のことなので、次の日の朝までに商品を搬入して陳列する作業は、時間との戦いで大変だと話していました。
ちなみにエッフェル塔のエレベーターは、スカイツリーにあるような近代的なエレベーターではなくて、作られた当時の油圧式のものが今でも使われているそうです。


それと塔の展望台に高級レストランがあるのですが、塔内の調理場は限られた大きさしかなく、ガスが禁止で電気しか使えないのと、肉や魚などの生ゴミを出さないようにするために、毎日の仕込みは塔から200m離れた場所で行っているのだそうです。
そこでほとんどの下ごしらえを済ませてから、塔の下まで車で材料を運び、改めてエレベーターを使って調理場に持って行くのだと言っていました。

レストランで人気のある窓際の席は、3ヶ月先まで予約がいっぱいで、一日のうちに昼と夜の一回ずつ、客席のどこかでプロポーズをする人がいるのだそうです。
男性も色々と試行錯誤して指輪をプレゼントしたりするのかもしれませんね。




 o-EIFFEL1-570_convert_20150713072825.jpg
今年はフランスでも地球の環境を考る年ということで、エッフェル塔に風力発電のためのタービンが2基が取り付けられました。これで1階ギフトショップの電力をまかなえるということです。


開業以来120年を越えるこの塔には、他にも聞いて驚くような物語がたくさんあるのかもしれません。










2015.07.01.Wed

猛暑

今朝の天気予報で、フランスにアフリカ大陸から暑い空気が流れ込んで来ていて、パリでも気温が40℃まで上がり記録的な暑さになると言っていましたが、確かに今日は暑い一日でした。

私の住んでいる田舎も日陰の軒下の所で38℃でしたが、近くに住むお友達のところで43℃で達する驚異的な暑さになっていたようです。
フランスはクーラーのある家が少ないので、こうなるとどこの家も皆雨戸を閉めて、熱気が外から入って来るのを防いでいました。
日本とは違い湿気のない暑さなので、不快というよりも『ダルい』暑さと言った方が適切かもしれません。
かいた汗もその場で蒸発してしまっているのでしょう、肌がシャツに張り付くようなこともなく、まさにオーブンに入っているという感じで、外に出るとまるでサバンナにいるかのように、熱気が吹き荒れていました。(@〜@;;)



DSC05588_convert_20150702065531.jpg DSC05591_convert_20150702064520.jpg

体を毛に覆われたネコにとってはことさら大変なのでしょう、外ねこミーちゃんが倒れ込んで寝ておりました・・。Oh マイガーッ!ミーちゃん大丈夫か!!

女子サッカー、今回のワールドカップも頑張っていますね。
前回のファイナルは素晴らしい試合でしたが、今回も感動的な試合を見せてくれるでしょうか、楽しみです。






 | HOME |