森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016年01月

2016.01.31.Sun

春ちかし

DSC08011_convert_20160201031109.jpg

私の住む辺りも、大抵1月から2月にかけて一番冷え込みが厳しくなるのですが、今日はいつになく暖かい日になりました。

このところ雨がよく降り、庭先まで行くことがなかったので、気がつかなかったのですが、例年だと2月中旬近くなってから咲き始めるスノードロップが、すでに咲き始めていました。
水仙の葉も伸び、クロッカスの花も茶褐色の景色に色を添え、春ももうそこまで来ているようです。



DSC08007_convert_20160201031257.jpg










2016.01.25.Mon

野菜

DSC07360_convert_20160126054844.jpg

強い寒波が訪れて、九州の方では大雪が降ったそうですね。このところ夏の暑さや大雨で、「記録的な何々」というのを耳にするようになりましたが、これからは真冬でも聞くようになってくるのかもしれません。

雪が降ると気になるのが野菜の値上がり。日本で年金暮らししている母が電話で、野菜が高くてなかなか買えないとこぼしていました。私たちが農家から低価格で直接野菜を販売してもらっている話をすると、羨ましいとよく言われます。



DSC07391_convert_20160126053616.jpg DSC07346_convert_20160126053521.jpg DSC07339_convert_20160126053410.jpg DSC07303_convert_20160126053258.jpg
 

豚汁、白菜のロールキャベツ、かぼちゃ、大根と鶏の煮物、ロマネスコの胡麻和え。

私たちが野菜をいただいている農家のトマさんも、ありふれたフランスの野菜だけではなくて、いろいろな種類の野菜作りに挑戦してくれるので、フランスのスーパーではあまり売られていない大根や白菜、日本のカブ、日本のかぼちゃもあってとても有り難いです。(写真の紫色のカブは、フランスのカブです)

やはり野菜は和食にした方が、断然食が進みますね。最近ではご飯を食べなくなったので、おかずとしての味付けではなく、薄味にして食べています。


雪が溶けた後が一番滑りやすいですから、雪の降った地方の方は十分お気をつけになってください!




去年の8月のニャン・・
 DSC05878_convert_20160126062933.jpg

そして、去勢して四ヶ月後・・↓
どどん

DSC07742_convert_20160126063036.jpg

ふくらんじゃいました・・(*□*)






2016.01.18.Mon

はちみつ

DSC03229_convert_20160119070134.jpg

こんなハチミツが・・笑


近年、世界的にミツバチが少なくなっているのをご存知の方も多いと思います。
それはフランスでも同様で、突然大量にミツバチが死んでしまうこともあり、養蜂家の方の経営も難しくなってきているそうです。
このハチミツは、収穫前に先行投資という形で養蜂家にお金を渡し、その年に採れたハチミツを投資した各家庭に分配するようになっています。
たくさんミツが収穫できれば価格も安くなるのですが、だいたい割高になります。しかし、そもそも養蜂家の方を応援するのが目的なので、少々高くなっても文句をいう人はいません。

そのかわりに瓶のラベルに好きな文字を入れられるというシステムになっていて、限定6個だけの »mori no syokudo »ラベルのハチミツが出来上がったというわけです。(^^)



DSC03232_convert_20160119201210.jpg





DSC07825_convert_20151212202303_20160119071200492.jpg

義父お仕事中でもお構いなし・・。








2016.01.12.Tue

レンタル電気自動車

DSC07635_convert_20160112072022.jpg

以前から一度電気自動車に乗ってみたかったのですが、妻の運転で先日初めて街中で試乗してきました。
妻が初めてこの電気自動車を使った時、何度イグニッションキーを差し込んで回しても、エンジンのかかる「ブルル〜ン」という音が聞こえないので、故障してるのではないかと思ったそうです。電気自動車ですからエンジンが始動してもガソリン車と同じような反応がないんですね。
そんな話を聞いていたので、走っている時もとても静かなんだろうと想像していたのですが、ずば抜けて静かというわけでもなく、モノレールに乗っているような「クイ〜ン」という独特な機械音が印象的でした。

この無人レンタル電気自動車、以前ブログでも紹介しましたが、乗車する時にチャージしている電気コードを外して、目的地に着いてまたコードを差し込むまでの時間が料金として計算される仕組みになっていて、使い終わった時点で、専用のカードから自動的にお金が引き下ろされる仕組みになっていています。
パリを走る電気自動車←以前の記事


電車で出かけたら思ったよりも買い物の荷物が増えてしまった、重くて大変だな〜・・という時に近くにこの電気自動車があれば、サクッと借りて自宅近くで乗り捨てればOK! そんな感じでスマートに使いこなすのが理想といったところでしょうか。
パリの街中であれば、どこでも簡単に専用のステーションを見つけることができます。
初めてで使い方が分からない時や車が故障した時にも、車内に設置されているマイクで、直接センターに待機している人と会話することもできるといった具合に、サポートもしっかりしているようです。


去年東京都知事の舛添さんもフランスに来て、パリをあちこち見学して周られたようですから、ひょっとしたら都内電気自動車レンタル構想なんていうものが、都知事の頭の中にできつつあるのかもしれませんね。(^^)







DSC06232_convert_20160113070019.jpg

脚の間に収まって寝るあずき・・









2016.01.06.Wed

ショコラ

DSC07921_convert_20160107051817.jpg

先月のクリスマからお正月にかけて、たくさんのチョコレートをいただきました。
こちらの人は男性でも普段からチョコレートを食べるので、プレゼントとしてチョコを贈ることもよくあるのですが、義父、義母、妻、友人からのプレゼントが、かぶりにかぶってしまい、当分チョコレートは買わずにすみそうです。

日本でもブランドチョコのお店がありますが、一粒が500〜600円!中には1,000円以上するものもあるとか!?オイオイ・・。
カカオ農園で働く現地の人たちの日給が7ユーロ(966円)とも言われているのに、どこでそんな高級嗜好品にかわるのでしょうね。高価なチョコを買うことで、現地の人たちの生活が向上するというのなら納得できるのですが。

コートジボワールのカカオ農園で働く人達に、生まれて初めてチョコレートを食べてもらった映像というのがありました。チョコレートが甘いものだとわかった時の笑顔が印象的でした。ーカカオ農園で働く人たちー

近年中国や韓国でもチョコレートの消費がかなり伸びているらしく、逆にカカオ豆の生産が落ち込んでいるので、近い将来チョコレートがさらに高級な嗜好品になる日がくるかもしれないということですが・・。





DSC01847_convert_20151213020957_20160107031648e9c.jpg
あずき







2016.01.01.Fri

元旦

DSC07392_convert_20160102060948.jpg

2016年

新年明けましておめでとうございます。


ブログも三年目に入りました。
無理のないよう日記代わりに続けていけたらと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。






 | HOME |