森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016年04月

2016.04.29.Fri

セーヌ川が氾濫する?

DSC08853_convert_20160430043404.jpg

※写真は先日4月1日に撮影




DSC08861_convert_20160430043538.jpg






DSC08865_convert_20160430043639.jpg
      




DSC08864_convert_20160430043910.jpg

以前一度ブログにも書きましたが、セーヌ川は毎100年おきに氾濫していて、街が洪水の被害に遭っています。前回川が氾濫したのが1910年1月。現在2016年ですから、106年が経っています。川の氾濫がいつ起きてもおかしくないということで、先月3月に洪水に備えての訓練が行われたそうです。ところがパリ市民はというと、まったくそんな緊張感はなし。果たして本当に起こるのやら・・。



12arrt-inondations-Paris-avenue-ledru-Rollin_convert_20160430053125.jpg
 
1910年1月





2016.04.27.Wed

ネコデッサン

DSC08800_convert_20160428054719.jpg
やはりネコを描くと、絵の雰囲気がのんびりとしたものになります。
フランスでも犬の人気を追い越して、
ネコがペットとして一番多く飼われているのだそうです。

いつも何かに急き立てられているような、このご時世に、
ネコの持つのんびりなオーラが人を引き寄せるのでしょうか。




DSC08798_convert_20160428054612.jpg


熊本の地震から2週間。
まだ多くの方が避難所生活を強いられているとか。大変だと思います。
以前、ブログにコメントをいただいた熊本にお住まいの
マロン・ローズさん。避難所生活をなさっているのでしょうか。
地震以来ずっと気になっております。










2016.04.24.Sun

冬に逆戻り

DSC09060_convert_20160425041128.jpg

春になって観光客も徐々に増えてきていますが、今日は冬に戻ったような10℃以下の寒い日でした。
フランスには「4月に入り暖かい陽気になっても、糸一本脱いではいけない」ということわざがあります。今日はまさにそんな1日でした。

昨日土曜日は、時速200kmで走る電気自動車F-eカーレースが、パリ市内(アンヴァリッド周辺)で行われました。将来、カーレースも電気自動車が主流の時代がくるのでしょうか。




CguCGBNWkAAzKIZ_convert_20160425060405.jpg
f-e カーレース ←記事の下の方に走っている動画があります。
電気自動車なので、音を聞くとおもちゃの自動車が走っているように感じます。











2016.04.22.Fri

新緑の季節

DSC09036_convert_20160422040739.jpg

新緑の季節になり、日一日と樹々の緑が変化していく様子がわかります。

このまま人類が何もせずに地球の温暖化が進むと、
この景色はいつか、面影も残らないほど変化してしまうのだろうか。
ここに住む鳥たちは、何処かへ行ってしまうのだろうか。
その頃にはもう自分は、生きてはいないだろう。

地球を汚すのも人間、温暖化を食い止めようとするのも人間。
自然というのは生きている者に対して、時に厳しい試練を与える。
しかし、その厳しさを乗り越えることができたら、
今まで気がつかなかった何かが見えるようになるのだろうか。









2016.04.19.Tue

高校

DSC08873_convert_20160420055154.jpg


今回の地震のような災害時のとき、日本では自分の住んでいる町の近くの学校や公民館などが避難所として解放されますが、フランスは地震や台風などの自然災害がほとんどないせいか、学校を避難所にするという一般的な考え方はないようです。(選挙の投票所として使うことはあります。)







2016.04.17.Sun

熊本大地震

DSC04600_convert_20160418050712.jpg

過去に類をみない大きな台風、大雨による河川の氾濫や土砂崩れ、そして大地震と、ここ数年日本で起こる自然災害の多さに驚いています。やはり地球は大きな生き物なのだと感じずにはいられません。

硬い床に毛布一枚を敷き、寝起きを余儀無くされている被災された方々、それと九州地方に住む方々にとっては、まだこれから起こるかもしれない地震の心配で、眠れない日が続いていると思います。
普段の暮らしとはかけ離れた、いつまで続くとも分からない避難所での生活で、人々の疲労が蓄積していくのではないかと心配しています。

遠い異国で、映像だけを通して今回の地震の様子を見ている私にとって、地震で被災し住む家を無くすということが、どれだけ辛く不安なことなのか正直わかりません。
被災された方にとっては、あまりに突然の出来事なので、まだ何をどうしていったらよいのか分からない状態だと思います。
生きていれば、いつか必ず幸せだと感じる日が来ると信じて、一歩ずつ前に向かって行って欲しいと願うばかりです。








2016.04.14.Thu

DSC08983_convert_20160415051834.jpg

16年前、ちょうど日本を出る前に九州をほぼ一周する旅をしました。
水前寺公園、熊本城、阿蘇。被災地のことが気になります。





2016.04.11.Mon

クレソン祭り

DSC08968_convert_20160412044416.jpg

私の住んで居るエソンヌ県の南部は、昔からクレソンの産地として有名で、きのう日曜日は村の教会付近で、クレソン祭りが行われたので行ってきました。
日本では脇役程度の使われ方しかされないクレソンですが、こちらの人はサラダやスープにするのが一般的でしょうか。
最初からいたわけではないので、クレソンにちなんだイベントが行われたのかどうかはわかりませんが、はちみつ、サラミ、地鶏、クレープ、パン、ハーブティーなどを売る屋台が並び、小さな子供向けのイベントも行われ、たくさんの家族ずれで賑わっていました。




2016.04.09.Sat

クエッチの花

DSC08893_convert_20160410040357.jpg

今、クエッチというプルーンに似た果物の花が満開になっていて、ハチの仲間が花から花へ飛び回り、せわしなく受粉をしてくれています。
今年は随分花の数も多いようです。8月には熟した実がなるので、鳥たちに食べられる前にしっかり収穫したいと思います。




2016.04.07.Thu

オルセー美術館

DSC08830_convert_20160408053633.jpg

先日、冷たい雨の降る中、見たいと思っていたアンリ・ルソーの展覧会が始まったので美術館に行ってきました。
印象派の絵画をはじめ、日本人にも馴染みのある絵がたくさんあるので、オルセーに行かれた方も多いかと思います。
寒いし、雨だし人も少ないだろうと思っていたらとんでもない、入り口にたくさんの行列ができていました。テロ対応のためにチェックも入念に行われています。



DSC08807_convert_20160408053351.jpg 
※これはルソーの絵ではありません。




2016.04.05.Tue

暖かな一日

DSC08784_convert_20160405185508.jpg











2016.04.03.Sun

水上生活

DSC08851_convert_20160404051057.jpg

先日の散歩の時に撮った写真です。セーヌ川沿いには色々な船が停泊しています。豪華な観光船、週末に使うためのボート、船を住居として生活している人、船のレストラン、または劇場と使いかたは様々なようです。
住居としての船はほとんど動かしていないので、水道も電気も陸から繋いでもらっているようです。海の上での生活なら一度してみたいです。(^^)










2016.04.01.Fri

晴天

DSC08842_convert_20160402032526.jpg

昨日は冬に戻ったような冷たい雨の降る一日でしたが、今日は一転して暖かく春らしい日になりました。こうして晴れて時間のある日には、腕を鍛えるためにもできるだけ外に出て、長い散歩をするようにしています。こんな時に犬がいると、散歩もさらに楽しめるのかもしれません。






 | HOME |