森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016年08月

2016.08.28.Sun

ソーラーオーブン再び

DSC00668_convert_20160828183708.jpg

2014年に購入したソーラーオーブン。買った当初は夏によく使っていたのが、季節も変わり使う機会もなくなってしまったので、長椅子の下にしまい込んだままになっていました。ところが、最近のこの暑さのせいで、家の中で火を使うのもためらわれたので、久しぶりに引っ張り出して使ってみることにしました。

このソーラーオーブンは、太陽発電して機能するわけではなく、上面がガラス張りの反射板で囲まれたただの箱なんです。
以前、この箱を使った記事→ニャンとか活躍してます!ソーラーオーブン


普通の電気やガスオーブンと違って、自然に太陽の熱で庫内を温めるというアナログなものなので、箱の中が温まるまでに少し時間がかかるうえに、太陽が雲で遮られるたびに箱の中の温度が変化してしまいます。今は8月下旬の太陽の高さなので、庫内が120〜150℃までしか上がりません。最高に温度が上がっても170℃くらいでしょうか。赤道に近い国だともっと高い温度が期待できるかもしれません。

普通ケーキを焼くのにも160〜180℃は必要なので、このように低い温度では、どんなものでも調理できるというわけにはいきません。そこで弱火でコトコト煮込む夏定番の「夏野菜の煮込み」を作ってみました。最初の料理の出発点(ニンニク、玉ねぎ、トマトなどを強火で炒める)だけはガスレンジを使って調理し、その後ナス、ズッキーニ、パプリカを混ぜたあと、この箱の中に入れて調理をしてみました。

DSC00673_convert_20160828190550.jpg
箱に入れて調理開始。


DSC00683_convert_20160828185616.jpg
箱に入れて3時間経過。途中何度か混ぜました。


普通にガスを使って作れば、だいたい1時間ほどでできてしまいますが、それと比べて若干時間がかかるものの、鍋ごと箱に入れてただ待つだけ。下が焦げ付くこともないので、ほとんど手間いらずで調理できます。
以前、これでタルトも焼いてみましたが、ちゃんと焼き色もついて普通に調理できました。


DSC00693_convert_20160828003041_20160828190414c6d.jpg

バジルを添えて食卓へ。ラタトゥイユは冷蔵庫から出して、そのまま冷たくても美味しく食べられるので、夏にはもってこいの料理だと思います。これとキュウリのマリネとパンだけで十分です。今度晴れた時に、また何か作ってみたいと思います。(^^)







2016.08.24.Wed

暑さ再び

DSC00292_convert_20160817055545_20160825021021e2b.jpg
春に植え替えた多肉植物寄せ植え



今年の夏はたいして暑くもならずに秋を迎えるかと思っていたら、今日から今週末まで36〜8℃の気温が続くようです。そうは言っても日本の蒸し暑さとは比較になりませんし、田舎では夜になると冷んやりするほど気温も下がるので、このくらいで根をあげていたら、今日本で猛暑と戦っている方に笑われてしまいますね。

ただ都会はそうもいきません。夜になってもアスファルトやコンクリートが熱を持ち続けるせいか、なかなか気温が下がりません。
4年後の東京オリンピックもとんでもない酷暑になる可能性もあるのですから、アスリートも暑さ対策が必須になるのかもしれません。40℃超えが当たりまえの夏にならないことを願っています。




2016.08.21.Sun

虫のホテル

DSC09650_convert_20160822051700.jpg

一昨年の夏に、庭に益虫を引き寄せるための「虫のホテル」(Hôtel à insectes)を作ったのですが、設置してから2年目に入り、いろいろな虫が利用しているようなので作った甲斐がありました。
実際、この虫のホテルを作らないくても、虫達はどこかで自分達の住み良い場所を見つけるでしょうが、いろいろな虫の行動や姿を見て、「この虫たちのおかげで花が受粉され、野菜が実るのだ」と考えると、小さな虫の存在も忘れてはならないと実感します。

家の周りには麦や菜の花畑が沢山あり、一見のどかな田舎の風景が広がっているようにも見えるのですが、実は農薬を沢山使う畑ばかりなので、畑の中には虫のいない異様な自然が、そこには広がっています。
”野菜はお金を払ってお店で買うもの”だけではなく、種を蒔き、育て、多くの自然の恵みを受け収穫を迎えるということを忘れてはならないと再認識する次第です。






2016.08.17.Wed

ある晴れた日

DSC00525_(2)_convert_20160818053804.jpg

このところずっと晴天続きなので、夕方は庭の草木への水やりが欠かせません。
外で干した洗濯物が、パリッと乾くのは気持ち良いものです。

しかしトータルで見てみると、この夏は雨が多かったので日照時間も少なく、
ブドウの生産量はいまひとつのようです。




DSC00498_convert_20160818185243.jpg
白かった紫陽花が、徐々に鮮やかなピンク色に染まり始めています。



DSC00488_convert_20160818185419.jpg DSC00484_convert_20160818191821.jpg
8月に入ってから、ダリアが元気咲いています。
特別好きな花でもなかったのですが、実物を見て印象が随分変わりました。




DSC00490_convert_20160818185734.jpg
徐々にりんごも色好き始めてきました。毎年虫にやられて秋になるまで持たないので、
今年は無事に収穫できることを願っています。


2016.08.13.Sat

外国人観光客

DSC00468_convert_20160814054917.jpg


三週間ほど前にパスポートの更新を申請してきたので、先日、それを受け取りに日本大使館に行ってきました。
今はバカンスの時期なので、パリの住人の多くが出かけて街中はガラガラ。車が少ないので路上駐車するのも簡単です。
テロの影響で観光客が減少してるとはいえ、街中ではたくさんの外国人観光客が目に入ります。しかし、やはり日本人らしき人は少ないように感じました。

ニュースによると、先日起こったテロが影響して、南仏のニースでは観光客が普段の20%減。フランス北部にあるモンサンミッシェルを訪れる外国人観光客の60%が日本人らしいのですが、フランスに来る日本人激減で、この夏はいつになく暇だと言っていました。
しかし、さすがにエッフェル塔前では、たくさんの観光客を見かけます。アジア系の人たちはほとんど中国人ではないかと思われます。免税店の前では「テロなんて気にしない、買い物するぞ〜!」といった気合を感じます。(^^;)



2016.08.08.Mon

暑中お見舞い申し上げます

DSC00317_convert_20160809040027.jpg DSC00377_convert_20160809043428.jpg
今年は我が家でも、日本の茄子ときゅうりを栽培。
発育旺盛なきゅうりの力に驚いています。


昨日はいつも野菜をいただいている農家のトマさんの所へ、妻と一緒に手伝いに行ってきました。初夏に続いた長雨で大幅に作業が遅れているので、トマさんと提携している他の皆さんも、雑草を取り除いたり、苗を植えたりとボランティアで野菜作りを手伝いに来ていました。こうして土に触れて野菜作りの大変さを知ることができるのは、とても良い機会だと思います。
私は大したお手伝いができないので、日陰でちまちまと野菜の種を蒔いていたのですが、他の人たちは気温28〜30℃の中、炎天下で作業するのは重労働だったと思います。


DSC09866_convert_20160809055328.jpg
ボクも喉は渇かなくても水分補給するよ


フランスはカラリとした暑さなので、30℃を超えてもいつの間にか顔に塩を噴いているだけで、額から汗が流れたり、シャツが汗で濡れるということはほとんどありません。

それに比べて最近の日本の暑さは、いったいどうなってしまったのでしょうね。酷暑、猛暑が当たり前の暑さになってきているようですが、単に「暑いですね〜」ではすまない気候になってきている気がします。
毎日が厳しい暑さにさらされている地方の方、体調に注意なさってなんとかこの暑さを乗り切ってください!




2016.08.06.Sat

紫陽花が咲いています

DSC00254_convert_20160807044446.jpg
7月に入ったあたりから、アジサイが咲き始めています。
日本とは花の咲く時期が少し違いますね。
湿気や気温が開花時期に影響しているのかもしれません。

土質もアルカリ性なので、花の色が赤いものが多く
青いアジサイは珍しい方だと思います。
白いアジサイも徐々にピンク色に染まりつつあり
日々、観察するのも楽しいものです。


DSC00253_convert_20160807043904_20160807045134bc7.jpg
「バニーユ.フレーズ」直訳すると「バニラいちご」という
少し洒落た甘い香りのしてきそうな名のアジサイですが
苺の香りがするわけではありません。


DSC00256_convert_20160807044618.jpg
「ピンキー.ウィンキー」
これから徐々にピンクになり、秋になると見事な濃い赤になるアジサイ。


DSC00260_convert_20160807044959.jpg
「ブラック.なんとか〜〜」名前を忘れました・・。
秋になると濃い赤紫に色が変わります。


DSC00109_convert_20160807044807.jpg
「スノーフレーク」とても大きな花。
ドライフラワーにして飾ると存在感があります。

鹿が大好きなアジサイなので、今年はしっかり丸い鉄の柵で囲いました。
「アナベル」もあったのですが、鹿に食べ尽くされてご臨終。(泣)


DSC09932_(1)_convert_20160807050517.jpg
これは前住人の方が植えていたアジサイで、日陰で死にかけていたのを
別の場所に植え替えて元気になってきました。
これから咲いて丸くなるかと思いきや、このまま中途半端な状態で
咲きつずける平なアジサイ。



DSC00395_convert_20160807044035.jpg
「あずきちゃん」個性豊かな変なネコ・・。
濡れた鉢の水が、蒸発するときに涼しくなることを知っているのか、
夏になると鉢の中に入り、壺ネコに変身。



2016.08.03.Wed

DSC09188+(1)_convert_20160525190802.jpg


先日、薬の処方箋を書いてもらうために、かかりつけのお医者さんのところに行ってきたのですが、その時血圧を測ったところ、上が90台というかなりの低血圧。
低血圧の人は疲れやすいと言いますが、自分がなってみて初めて分かりました。塩を食べたら血圧上がるかな・・。いやいや、そういう問題じゃない。(ーー;)


🍀


頻繁に起きているテロの事件が原因で、フランスに来る観光客が減少しています。国別にみると最も少なくなったのが日本人だと昨日のニュースの中で話していました。
人気のモンサンミッシェルにある商店も閑古鳥が鳴いているかもしれません。

(どうやらFC2の不具合で、画像がアップロードできなくなっているようです。写真のネコは以前画像縮小したものです。)







 | HOME |