森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017年07月

2017.07.24.Mon

7月の花と生き物たち

DSC04184_convert_20170714172354.jpg
秋に植えた青いアザミの花が元気に咲いています。

気がつけばいつの間にか7月も下旬。徐々に日没も早くなってきました。フランスは7月いっぱいバカンスをとった人と、8月からバカンスをとる人との入れ替わりの時期でもあります。何日間か続いた暑さから一転して小雨がパラつく陽気に変わり、今日は最高気温が20℃と肌寒い1日でした。乾ききった土地が雨で潤ってくれるのは、植物にとってありがたいです。


DSC04465_convert_20170723200624.jpg
飛び方もだいぶ様になってきた若いシジュウカラたち。
それでもまだお母さんの後をついて飛び回っています。



DSC04442_convert_20170724054403.jpg
甘えん坊のご近所のネコさん。6月に誰かが仕掛けたトラバサミの罠にかかって、左前足を失いかけるほどの大怪我をしたのですが、無事に回復して、またうちに遊びにくるようになりました。本来なら外に出さないほうがいいのですが、人さまの家のネコのことですから、あまり強くも言えません。自分の家と我が家の往復だけをしてくれることを祈っています。



DSC04278_convert_20170714172453.jpg
眩しいばかりの白い睡蓮の花。
夜間は花びらを閉じるので「睡眠する蓮」で睡蓮になったんだとか。
3日間だけその姿を見ることができます。



DSC04312_convert_20170723193220.jpg
久しぶりのハリネズミくん。ハリネズミは日が暮れて暗くなってから活動を始めるので、日没後にネコのドライフードを玄関先に置いて現れるのを待ちます。警戒心が薄いので多少音を立てても逃げません。こっそり玄関の扉を開けて写真を撮りました。このハリネズミくんは5〜6年前からこの庭で暮らしていると思われます。



DSC04186_convert_20170714062214.jpg
草丈15〜20cmほどの可愛らしい花。
11月まで花を楽しませてくれます。



DSC04228_convert_20170723000510.jpg
3年前に作った虫のホテルにも、入れ替わり立ち替わり
たくさんの虫たちが集まってきます。



DSC04405_convert_20170723000631.jpg
蝶々が大好きなブッドレアの花には、多いときに5〜6種類の蝶が
一度に留まっていることもあります。(Arbre papillon-蝶の木)




DSC04169_convert_20170723000245_20170723005202157.jpg

去年の夏は長く続いた雨のせいで、パリ近郊の川が氾濫し、多くの家が床上浸水の被害に遭いました。今年は日本各地で大雨による被害が相次いでいます。自然の大きな力の前では人はなすすべもなく、地球に生きる他の生き物と変わらぬちっぽけな存在だということを思い知らされます。


2017.07.15.Sat

花火

DSC04351_convert_20170716055737.jpg

7月14日はフランス革命記念日ということで、エッフェル塔で花火が打ち上げられました。日が沈むのが遅いので、最初の花火が上がるのも夜11時からとちょっと遅めです。ニースの花火の後で起きたテロのこともあるので、エッフェル塔周辺の道路は完全に閉鎖されて、公園に入るのにも一人一人チェックされていました。
日本でもよく見る打ち上げ花火以外に、エッフェル塔を軸にして上げられる花火もなかなか見ごたえがあります。



DSC04387_convert_20170716055532.jpg




DSC04383_convert_20170716060019.jpg




DSC04381_convert_20170716054520.jpg




DSC04366_convert_20170716053656.jpg




DSC04378_convert_20170716054347.jpg





DSC04362_convert_20170716053435.jpg

今年の花火のテーマは”オリンピック”。2024年、もしくは2028年のいずれかの年にフランスでオリンピックが開かれることが決まっています。パリは古い街なので今まで車椅子で利用できなかったメトロの駅や店舗の入り口が改善され、障害者にも使いやすくなることを期待しています。





2017.07.10.Mon

”赤いしっぽ”という鳥

DSC04269_(1)_convert_20170710180907.jpg
6月頃から巣立ちしたシジュウカラや”Rouge queue”(ジョウビタキ)のヒナをよく見かけるようになりました。まだ飛ぶのが下手で、親鳥が餌を運んでくる度にギィギィとおねだりする声が、庭のあちこちから聞こえてきます。この頃の雛はまだ”危険”を知らないので、人間が近づいてもキョトンとした顔でその場にとどまっています。体毛をぷくっと膨らませた姿がとても可愛いらしいです。

数日前にそんな雛を眺めていると、どこからか一匹のネコが庭にやってきました。すると親鳥が雛に迫る危険を察知したのか、身を呈してネコのすぐ目の前を飛び回り、自分の方に気を引こうとしていました。以前にも一度そういった光景を見たことがありますが、そんな健気な姿を見ると感動します。



DSC04162_convert_20170711022755.jpg
妻がすぐ近くまで行っても逃げようとしません(汗)。
近くで親鳥が不安そうにこちらを見ています。



DSC04265_convert_20170710180657.jpg





DSC04225_convert_20170710181333.jpg
「なんや、けったいなオッサンが近づいてきよるな・・」
という目でこちらを見ながら一応注意を払っているようです。



4060_0_convert_20170710183134.jpg
オスの”Rouge queue”ルージュ・クゥ(直訳すると、赤いしっぽという意味)メスはもっと地味な色をしています。人には慣れにくい野鳥だそうです。(写真はお借りしたものです)春になるとフランスに来て卵を産んで子育てをし、冬は南下し地中海やアフリカはサハラ砂漠の方まで渡る個体もいるんだとか。生き物というのは、知れば知るほど愛着が湧いてきます。









2017.07.06.Thu

賄い

DSC04203_convert_20170707010551.jpg

久しぶりにキッシュを焼いてみました。というのも、野菜をいただいている提携農家のトマさんが、体調を崩して入院したということで、多くの人が畑に手伝いに行ったらしいのですが、こんなときに私は何もお手伝いができないので、せめて奥さんの料理の手間を減らせればと思い、そのままいつでも食べられるキッシュを作りました。ベーコン、玉ねぎ、長ネギ、ズッキーニ、ピーマン、マッシュルームと冷蔵庫にあった野菜をなんでも投入。
去年の冬に買った四角いタルト型を初めて使ってみたのですが、焼きムラもできず普通の丸い型と同じように焼けて見栄えもいいです。しかし、これを載せる長いお皿が必要ですね。そして写真を撮るのが難しい!



DSC04177_convert_20170707011141.jpg
キッシュは生地を作る手間が面倒に感じますが、
やってみるとそれも意外に楽しかったりします。



DSC04090_convert_20170707022232.jpg
久しぶりに天然酵母で作ったパン。思ったように発酵せず・・。
酵母を作り直して再挑戦してみよう。



DSC03830_convert_20170707033909.jpg
夏になって毎週たくさんの野菜をいただきます。毎日頑張って食べないと消費できないので、メニューはいつも作り置きした簡単な野菜の惣菜ばかり。茹でて胡麻和えにしたり、サラダにしたり。おかげでかなり食費も節約できています。

現在はキュウリとズッキーニの消費に奮闘中。これからトマトや茄子もでてくるので、肉詰めや野菜のトマト煮もメニューに加わりそうです。





2017.07.01.Sat

先週の猛暑②

DSC04032_convert_20170625183411.jpg
写真は暑い日が続いた6月下旬のものです。



DSC04063_convert_20170701183351.jpg
初めて見る”AJINOMOTO”が経営する屋台料理の車。
味の素(株)が欧州進出するための宣伝をかねているようです。
餃子や唐揚げが売られているのかな?


DSC04026_convert_20170701183441.jpg
日本であれば木に止まったセミが忙しなく鳴いているところですが、
パリにはセミが一匹もいません



DSC04028_convert_20170625183219.jpg
穴の空いた緑色の物体は(写真右)リサイクルする空き瓶を入れるためのもの。



DSC04058_convert_20170628022205.jpg
アンバリッド『1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として計画し、1674年に最初の傷病兵たちが入った。ナポレオン・ボナパルトの棺がドーム下中央に置かれている。』ーウィキペディアよりー


DSC04059_convert_20170628022433.jpg
アンバリッドのドームの建物内には観光客も入れますが、両脇の建物は今でも軍の病院として機能しているので、観光客は入れません。中には(ドーム外)リハビリセンターも設置。レストランやカフェもあり入院患者やお見舞いに訪れた人たちが利用できます。ドームの裏側には博物館と教会や広場もあり、テロの犠牲者や軍関係者の国葬も行われます。

数日続いた猛暑も今はどこかへ行ってしまい、雨が降ったり止んだりの梅雨のような天気になっています。7月14日はフランス革命記念日。この日は毎年シャンゼリゼ通りで盛大な軍事パレードが行われるのですが、100年前にフランスで起きた大戦にちなんでアメリカ大統領が招待されるようです。そしてニースで起きたテロから一年が経ちます。






 | HOME |