FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2018年03月

2018.03.29.Thu

スミレの砂糖づけ

DSC06830_convert_20180329210409.jpg
色の濃いスミレは作って間もないものです。


DSC06805_convert_20180329183238.jpg DSC06806_convert_20180329183208.jpg


お待たせいたしました、すみれの砂糖ずけを作ってみました。卵白にくぐらせて砂糖(グラニュー糖)をつけるのですが、一応他のやり方がないかネットでも検索してみると、やはりフランスでも日本でも卵白を使うやり方が一般的なようです。
他のやり方で、花をシロップに浸してその後砂糖をまぶして乾かし、今度はそれを熱いシロップ(カラメルになる少し前)に絡ませて乾かすやり方というのもありましたが、やはり前者の方が簡単なのでそちらでやってみました。

花を摘んで汚れているようならサッと水洗いし、ペーパータオルの上に置き水気をきります。
花のがくの部分を取ってしまうと、花びらがバラバラになってしまうので茎だけ切り取ります。
すみれを卵白にくぐらせたら、箸で取り出し乾いたペーパータオルの上に置いて、余分な卵白を落とします。(花びらに卵白がつきすぎていると、砂糖がたっぷりつきすぎてしまい綺麗に仕上がりません)
砂糖を軽く敷いた皿の上に花を置き、上から指で摘んだ砂糖を軽くまんべんなくふりかけます。裏返しにして同様にムラがないよう砂糖をまぶします。そのまま砂糖を敷いた上に置き乾かします。
(砂糖をまぶしたすみれを皿の上に直に置いておくと、翌日皿にくっついてしまうので、花の下に砂糖を敷いておく)

私も2〜3度しかやったことがなく、いつもはグラニュー糖でやっていたのを粉砂糖でもやってみましたが、やはりグラニュー糖の方が花の色がわかりやすいと思います。
食べるとすみれの微かな香りを感じられる、とても繊細な砂糖菓子ですね。かなり濃い色をしたすみれの花の砂糖漬けも売られていますけど、おそらく着色料を使ったものだと思うのですがどうなんでしょう。




DSC06777_convert_20180329183502.jpg

午前中の気温は6〜7度とまだ寒い日もありますが、
太陽の日差しはだいぶ暖かくなりました。
ネコも日差しのもとで寝るのが気持ちいいようです(^^)





2018.03.23.Fri

野鳥の減少

DSC03863_convert_20180323220939.jpg
ジャンコクトーが寝る教会(Milly-la-Forêt)

フランスにいる野鳥の数が、今までにない速さで減っているという調査結果が出たと、先日のニュースで伝えていました。一番の原因は鳥達が食べる食料の減少だとか。畑に散布される農薬が原因で、エサとなる虫の数が減少したために鳥の数も減ったのだそうです。
環境破壊、乱獲、密漁で野生動物の数が2020年までに、1970年と比較して67%減少する可能性があると言われています。わずか50年の間に半分以上の生き物が消滅する・・。とんでもない数字です。
全ての生き物のおかげで、今まで地球のバランスが保たれてきたことを考えると、あと数十年後の地球はどうなっているのでしょう。今までの私たちが残したツケを払わされるのは、私たちの孫の世代かもしれません。

こちらは寒の戻りで、また冬のような気候になりました。花の蕾たちも、咲いていいのかどうか迷っているようにみえます。

2018.03.13.Tue

クロッカス

DSC06728_convert_20180312181803.jpg
寒気を逃れたクロッカスの花が、先週末からいっせいに咲き始めました。冬の間は灰色の空が立ち込め、落ち葉ばかりの庭だったので、暖かい日差しの下色とりどりの花々を見ていると、これから何かいいことが始まりそうな、そんな気にさえしてきます。
このところ天気のいい日が続いていたので、久しぶりに庭仕事をしました。バラや紫陽花の剪定、イネ科の植物などの枯れた葉を刈り取り、散髪をしたようにさっぱりとしました。


DSC06714_convert_20180312181949.jpg




DSC06721_convert_20180312181809.jpg



DSC06698_convert_20180312182005.jpg



DSC06670_convert_20180313194658.jpg

鳥のエサを置くところにキツツキもやって来るようになりましたが、穀物の種も食べるんでしょうか・・。夕方になると雄のクロウタドリがよく鳴くようになりました。パートナーを呼んでいるのかもしれません。巣作りを始めるのもそう遠くはないようです。

前回の記事で、スミレの花の砂糖ずけのやり方を教えて欲しいというお言葉を頂いたので、スミレの花がもう少しまとまって咲いたら作ってみようと思います。もうしばらくおまちください(^^)




2018.03.07.Wed

再度、春

DSC02870_convert_20180309054316.jpg

先週、ヨーロッパ全体に流れ込んできた強い寒気も去り、また初春らしい日がやってきました。
しかし、鮮やかな紫色のクロッカスが、これから咲こうかという時に寒気が流れ込んで来たので、残念ながら開きかけていた蕾が凍ってしまい根元から折れてしまいました。
小さな池には15cmほどの厚みの氷が張って、中にいる金魚が冷凍になってしまったかと心配になりましたが、その氷も1週間ほどかけてようやく融け、今朝金魚の無事も確認できたので一安心です。

スミレの花もあちこちに咲き始めました。小さくて控えめな花ですが、香りが良くて好きな花です。
毎年スミレの花を見ると、砂糖漬けにしてお菓子のデコレーション用にとっておこうと思うのですが、ついつい怠けてしまって機会を逃してしまいます。今年はしっかりと作って、ケーキの飾りにしたいと思います。




 | HOME |