FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2019.09.18.Wed

夏から秋へ

DSC00107_convert_20190917063530.jpg

今年は珍しく夏が長く居座っていて、一昨日の日曜日も幾つかの地方で30℃を超えるところもあったようです。
もともと夏の雨量が少ない国ですが、今年の夏も雨が少なく、庭に地植えする植物は、乾燥に十分耐えうる種類でないと水やりが大変になってきます。数日間、家を留守にして帰ってくると、鉢植えの植物はおろか、地植えの植物も瀕死状態になっているということも珍しくありません。こんな気候になってくると、南国に生えている水やり不要な植物でも育てたくなるのですが、そういった植物は、フランスの真冬の気温には耐えられないので、鉢植えにして冬の間は家の中で過ごさせるより仕方ありません。


DSC00277_convert_20190917063513.jpg


DSC00296_convert_20190915054200.jpg
水辺の植物は、どんなに暑くても水さえあれば元気にしています。
最初は6匹しかいなかった金魚が、今では16匹に増えました。

ここで生きる動物達にとって、今では大切な水場になっています。


DSC00606_convert_20190917063656.jpg
三羽いたニワトリのうちの一羽が、
8月に急に体調を崩して3日と持たず死んでしまいました。
ニワトリは寒さより暑さに弱いので、この夏の暑さがこたえたのかもしれません。


DSC00345_convert_20190917063547.jpg
真夏の間、日が西へ傾くと、ねこ達は夕涼みをしに外に出て行きます。
どこに行けば体を冷やせるか、よく知ってるようです。


DSC00699_convert_20190918175657.jpg
地植えにした植物で、場所が合わなかったり、隣にある植物に負けてきたものは、一度掘り起こして鉢に入れます。それを水を与えやすい場所で管理し、元気が戻るのを待ちます。また十分に育つことができたら、春に新たな場所へ植え直してあげます。


DSC00737_convert_20190918175350.jpg
今年は40℃を超えた厳しい暑さの日もありましたが、朝晩の気温もだいぶ低くなってきました。季節はもう秋になろうとしています。



 | HOME |