FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.07.07.Tue

2016年、長雨による氾濫

P1040162_convert_20200707193135.jpg
2016年6月 

大雨に見舞われている九州地方とは裏腹に、私の住んで居る地方は(パリから南へ50km南下した所)カラカラに乾いた天気が続いています。去年は7月に40℃を超える熱波に襲われましたが、いまのところ比較的涼しい夏になっています。日本では大雨や台風による大きな被害が毎年どこかで起こるようになってきているので、東京荒川の氾濫も決してありえない話ではないように思われます。


2016年の6月に春から続いた長雨のせいでパリ近郊のあちこちで大規模な床上浸水が起きました。セーヌ川氾濫というニュースが日本でも流れたので、覚えている方もいらっしゃると思います。
当時、河川が溢れて床上浸水が起こった原因に、たくさんの沼を埋め立てて家を建てたことが問題だと言われていました。そもそも沼というのは水を貯めておく機能がありますから、それが無くなってしまったために、水が人の住む所へ溢れてしまったというのですが考えてみれば当然のことです。


P1040164_convert_20200707193147.jpg
2016年6月 スーパー駐車場
写真は私の隣町の川が氾濫した時のもの




DSC03068_convert_20200707051156.jpg

これから強い雨が降ると予想されている地方にお住まいになっている方
十分気をつけてお過ごしになってください。





 | HOME |