FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.07.27.Mon

アジサイ

DSC03495_convert_20200727053007.jpg

40℃を超える猛暑と干ばつが当たり前になりつつあるフランスの夏ですが、今年はまだ猛暑にはなっていません。ただ、相変わらず雨の降る気配がなく、干ばつ要注意の県では、洗車を止めて庭に水をまかないよう注意が出されています。今月のパリの降水量がわずか2mmというのを聞いてびっくりしました。ちなみに今年7月の東京の降水量が267mmだそうです。
そんな乾ききった7月ですが、ようやくアジサイの季節を迎えました。一度アナベルを地植えしたら、鹿に全部食べられてしまったので、うちでアジサイは無理かと諦めていましたが、今ある種類は鹿が食べないのか、それともあの時の鹿はアジサイが好物だったのか、とりあえずいまは大丈夫なようです。



DSC03051_convert_20200728055313.jpg




DSC03532_convert_20200727052752_20200727055023fe6.jpg
アズキも15歳になって、以前より一回り小さくなりました。
4匹いた中の一番の甘えん坊猫で、時間になると大声で鳴いて要求してきます。



DSC03422_convert_20200727053113.jpg
夕方になると、いつも花がすこし萎れています。




DSC03598_convert_20200728031154.jpg





DSC02911_convert_20200728060415.jpg


フランスで6月にはかなり押さえ込まれてたコロナの感染者が、バカンス期に入って再び増えつつあります。1日の新規感染者が約1000〜1100人ほどで、やはり若い世代の感染者が増えているようです。重症患者も日本より多いですが、病院が逼迫しているということはないようです。
外国からの観光客が依然として少ないので、エッフェル塔を訪れる観光客も今月は例年の1/3程度。ルーブル美術館は60%程度だと今日のニュースにありました。パリの住人は地方にバカンスに行ってしまってるので、観光客の少ない今のパリは、今までにないほどひっそりとしているということです。




 | HOME |