FC2ブログ

森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2020.12.18.Fri

リスク分散

DSC05016_convert_20201219034300.jpg
生後3ヶ月のアズキ

我が家の三毛猫アズキさんは、年が明けて16歳になります。3年ほど前から、シニア猫の宿命とも言える慢性腎臓病を患っているので、液状の薬を毎日エサに混ぜて与えています。若い時よりも体は小さくなり体重も減りましたが、薬が効いているおかげなのか、時々走り回る姿も見せてくれます。

ところがコロナの影響で、この薬が世界的に不足しているらしく、フランスでもほとんど手に入らない状態です。香港経由で日本で売られているものを見つけたので、早速注文し日本にいる娘に送ってもらうようお願いしました。

『セミントラ』というこの薬は、ドイツの製薬会社がメキシコで製造をしているらしいのですが、今回のこのことをきっかけに、製造する場所をヨーロッパへ移すよう考え直しているとか。
現在、世界で作られている抗生物質の核になる部分の80%を中国で製造していると聞きます。こういった命に関わる製品の製造は、このコロナ禍を機に一極に集中させず、生産拠点を分散させるという社会の流れに、早くなってほしいものです。


フランスの昨日の新規感染者は1万8千人。一度は減っていましたが、ここに来てまた増えてきました。日本でも感染者が増えていますし、クリスマスとお正月を控えてまだまだ気が抜けませんね。皆様も気をつけてお過ごしになってください。





 | HOME |