森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.02.18.Mon

Soupe de cresson ークレソンのスープー

DSC05552_convert_20161108071537.jpg

これから春になると多く出回るようになるクレソン。この辺りはクレソンの栽培が盛んで、状態の良いクレソンが手に入ります。
栄養もあって、特に鉄分やミネラルが多く含まれているんです。
日本でも普通に買えるようになりましたでしょうか?少しほろ苦くて、これだけを生だと食べずらいので、他のサラダ菜と合わせたりしますね。
ベーコンとしめじを炒めたものをサッとクレソンと和えて、ドレッシングをかけていただくと、美味しいサラダになります。カリカリのクルトンを混ぜても違う食感が楽しめていいですね。


フランスではよくスープにして食べます。サラダで食べるよりもたくさん食べることができるので、スープにして鉄分やミネラルをたくさん摂りたい!

草のスープだと思うとなんだか体にも良さそうだし、ここは味付けも海の塩だけで、自然なスープにしてみました。

DSC05361_convert_20130217061221.jpg

 
 材料

クレソン・・・           200〜230g
じゃがいも・・・          200g(2〜3個)
玉葱(小)・・・          一個    
長ネギ(青い部分)・・       5cmくらい
水・・・              1L
バター・・・            20g
生クリーム・・・          食べる時にかける分だけ
塩、胡椒 
 

DSC05367_convert_20130217061758.jpg

鍋にバターを溶かし、玉葱と長ネギの千切りを中火でしんなりなるまで炒めます。
気長にゆっくり炒めた方がスープに甘みがでますよ。

DSC05370_convert_20130217061336.jpg

クレソンは上半分を束のままザックリと切って水洗いし、先ほどの鍋に入れ軽く火を通し、しんなりさせます。


DSC05371_convert_20130217061353.jpg

水、じゃがいもの薄切り、塩小さじ1程を加えて、沸騰させたら弱火にし20分コトコト煮込みます。


DSC05381_convert_20130217061455.jpg

20分もするとクレソンもじゃがいもも柔らかくなってるので、ミキサーにかけるか、ハンドミキサーでピューレ状にし、塩、胡椒で味を整えて下さい。


こういった緑色のスープは、何度も温めたり冷やしたりを繰り返すと、綺麗な緑色が飛んでしまうので、食べる時に食べる分だけ温めた方がよろしいかと。

DSC05573_convert_20130217052644.jpg

とっても柔らかい味のスープが出来上がりました。だしも加えずブイヨンも使ってないので、決してコクのあるスープではありませんが、少量のバターとじゃがいも、玉葱の甘み、クレソンがうまく解け合ってます。

風邪をひいた時に食べる、ありがたいお粥という表現がピッタリくるかもしれません。

クレソンに限らず、野菜のピューレに塩だけを加えて、野菜の甘みをひきだしたスープも時には良いような気もします。







今日のねこ・・

DSC05668_convert_20130218071005.jpg














 | HOME |