森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.03.22.Fri

豚肉のベトナム風焼き肉 (おかずにできるかニャⅠ)

DSC06997_convert_20130322054408.jpg

いつも実用的でない料理ばかりを載せているこのブログですが、ご飯のおかずにもできるよー!というコーナーも設けてみようということで、おかずになる料理を時々やっていこうと思います。第一回はベトナム料理でよく使われる、らしいタレを使った豚肉の料理をやってみようと思います。


ベトナムはとても綺麗な国らしいですね。是非一度訪れてみたい国の一つでもあります。
どうしていきなりベトナムかということなのですが、以前ベトナムはフランス領だったこともあり、フランスに住んでいるベトナム人の方も多くいらっしゃいます。私が知ってるベトナム系フランス人は、いつも笑顔の優しい人ばかりです。

料理に関しては、ベトナム料理はほとんど無知なので、こちらを参考にさせていただきました。こちら。タレに豚肉を漬け込んで、焼くだけでなんとも美味しいおかずになりました。


DSC07019_convert_20130322054451.jpg

要のタレですが、こちら

ナンプラー・・・      大さじ3
砂糖・・・         大さじ2
水・・・          大さじ5
酢・・・          大さじ1
レモン汁・・・       大さじ2
醤油・・          大さじ1
ニンニク・・・       2かけ(粗いみじん切り)



参考にしたタレよりも甘さを少し控えて、水、醤油、にんにくも少しだけ変えてあります。
これを混ぜるだけ。

DSC06987_convert_20130322063431.jpg
このタレに豚肉の切り身、を漬け込むだけです。ここでは肩ロースを使い、粗挽き胡椒と玉葱のみじん切りもいっしょにタレに漬け込んで焼きました。

この分量ですとタレが余るので、他にも野菜のドレッシングにしたり、生春巻きのタレにしたりできると思います。
タレに15〜30分漬け込んで、網焼きにするか、フライパンで焼くだけで、食べる時にまたこのタレをかけていただきます。肉に厚みがあるようでしたら、もっと長く浸け込んだ方がいいと思います。(1時間以上浸けた方がよいかと)


長ネギの千切りをのせて、パクチーをのせていただきました。あっさりしていて美味しかったです。
ベトナムではバラ肉やロース肉を漬け込むもので、どんぶりご飯の上にのせて「コム.スーン」というらしいですが、炭火で焼いたら本格的なベトナム料理になりそうです。

DSC07000_convert_20130322062949.jpg
おかずになるかな?ということで作ってみました。








 | HOME |