森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.04.28.Sun

Sauce Viergeー乙女のソース,再びー

DSC09936_convert_20130427232754_20130504234107.jpg

野菜でも魚でも新鮮な食材は、生のままかあるいは単純に、茹でたり焼いたりしたものに塩をかけただけで、とても美味しく感じるものです。

そういう意味で、私は簡単に焼くだけのグリルが好きです。網焼きなんかもね。


以前このブログでも、そんな焼いただけの魚に合うオリーブオイルとトマトのソースを作りました。

先日、ブロとものeichanさんが、(←こちら)その”ソース.ヴィエルジュ”を作ってくれて、そのソースを思い出し、ブログでも過去につくった料理は、うもれてしまいがちなので、もう一度ここで紹介してみようと思いました。
オリーブオイル、トマト、香草等を混ぜるだけの簡単なドレッシングのようなものなので、素材を引き立ててくれる、お手軽なソースです。


エシャロットを使いますが、今は辛味の少ない新玉葱が出ていると思いますので、そちらを使って作ってみて下さい。


 
材料

生トマト・・・          1個(湯むきしてタネを除いて、さいの目に切ります)
エシャロット又は新玉葱・・・   大さじ1(細かいみじん切りで)
ニンニク・・・          1/2個(包丁でたたいてつぶします)  
パセリ・・・           刻んだ状態で大さじ1(みじん切り)
万能ネギ・・・          細かい小口切りで、大さじ1〜2(好みで量は加減して下さい)
オリーブオイル・・・       大さじ2〜3
レモン汁又はワインヴィネガー・・ 大さじ1またはそれ以上(お好みで増やして下さい)
胡椒・・・            少々
(その他、エストラゴンやセルフイユがあれば、細かく刻んで入れて下さい)



手に入りにくい材料を記してまうと、最初から作る意欲もなくしてしまうと思いますので、今回は身近に手に入りやすい新玉葱と万能ネギを材料にいれてみました。


全ての材料を混ぜ合わせ、ニンニクの香りをオイルに移します。
ニンニクが好きな方は刻んで入れてしまってもかまいません。

魚はもちろん、帆立貝、エビ、イカなどとの相性の良いソースです。
ソースというと強い味のソースを想像しがちですが、いたって上品なオリーブオイルのドレッシングという感じのソースになっています。


DSC09890_convert_20130428025920.jpg
Noix de St-Jacques grillées 帆立貝柱のグリエ






DSC09476_convert_20130427232956.jpg


この季節、目に見えるように草木の成長がわかって、ここぞとばかりに伸びようとするたくさんの生命が眩しいくらいです。









      今日のニャン
DSC09849_convert_20130428052211.jpg


       のび〜〜。









 | HOME |