森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.04.30.Tue

モロッコ風、鶏もも肉のソテー

DSC00108_convert_20130429223929_20130504224426.jpg
    Tajine de poulet a ma façon

今日は久しぶりに、北アフリカ風の料理です。モロッコではのタジン鍋で作る煮込み料理が有名ですが、その料理を少しアレンジして、タジン風に鶏モモ肉のソテーを作ってみました。本来タジンと言うからには、タジン鍋を使って作ります。
もとは煮込み料理ですが、今回は煮込まずに、モモ肉を玉葱とを簡単に焼いて作ってみました。

一言に鶏肉のタジンといっても、中に入れるものによって色々な作り方があるようです。特徴は、レモンの塩漬けを利用したり、トマトやオリーブの実フルーツ等もよく使うこと。
レモンの塩漬けは、日本ではなかなか手に入りませんので、ここでも普通のレモンを使って作ってみました。見た目からカレー味の料理のように見えますが、カレーの味ではありません。レモンが効いた、さっぱりとした鶏肉料理です。

以前このブログで作ったブリックもそうですが、北アフリカの料理は、香辛料としてターメリックやパプリカ、クミン等をよく使います。インド料理でもよく使う香辛料ですので、これらはキッチンにおいてあっても損はないかと思います。

 
材料 二人前

鶏モモ肉・・・         2本
玉葱・・・           1個(200gほど)
ニンニク・・・         2片
生姜・・・           親指の大きさほど(約20g)
ターメリック・・・       小さじ1/4
パプリカ・・・         小さじ1/4
クミン・・・          小さじ1/4〜1/2(好みで増やしてみて下さい)
レモン・・・          1個(半分は果汁のため、半分は縦4等分に切る)
サラダ油・・・         大さじ1
黒オリーブの実・・・      10粒ほど(なくても大丈夫です)
コリアンダーの葉又はパセリ・・  あれば少々



作り方
DSC00085_convert_20130429234841.jpg
・モモ肉は唐揚げにする時よりも少し大きめに切りました。塩、胡椒をします。
・フライパンにサラダ油を熱して、半分に切ったニンニクを軽く炒めます。
・ニンニクの香りがしてきたら、鶏肉を皮の方から入れて、中火で焼き色をつけています。
・ひっくり返す前に香辛料(ターメリック、パプリカ、クミン)を肉の上からふりかけます。


DSC00090_convert_20130429234907.jpg
・鶏肉をひっくり返したら、空いているスペースに、生姜のみじん切りを入れ軽く炒めてから、つぎに玉葱の乱切りを加えます。(火はずっと中火で)
・オリーブを加え、レモン半分の果汁を全体にふりかけて、4等分に切ったレモンをそのまま加えます。
・少し火加減を落とし、フライパンをゆすりながら、玉葱と鶏肉に火を通していきます。全体に塩をふって下さい。



DSC00092_convert_20130429234949.jpg
・途中水を大さじ1程加え、鶏肉に火が入ったらコンロから外し、香菜の刻みをふりかけて出来上がりです。


DSC00096_convert_20130430010008.jpg
モロッコの料理で他に有名なのはクスクスですね。クスクスも香辛料の効いた美味しい煮込み料理です。

私は玉葱がクタクタに煮えるより、少しシャリっと食感が残るようなものが好きなので、今回はサッと火を通すように作ってみました。今の季節、新玉葱で作ってみても美味しいかもしれません。





輪っかとたわむれるネコ・・が!しかし・・

         
DSC05830_convert_20130430053507.jpg


この後、悲劇がニャーに襲いかかります。。さてそれは一体・・









 | HOME |