森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.05.05.Sun

苺,ココナッツとハチミツのソースーSoupe de fraise à la noix de cocoー

DSC00072_convert_20161111033622.jpg

この春ブログで苺を使うのも三回目です。デザートにできて簡単なものと考えるとなかなか難しいのですが、これはソースだけ作りますし、練乳で食べるように美味しく苺をいただけます。ブルーベリーを入れましたが、なくてもいいですし、他にフランボワーズを入れても良いかもしれません。

このなんでもなさそうなオレンジの皮とミントが、食べた時にとても良い演出をしてくれます。もちろん苺だけでもいいのですが、もしあれば入れてみて下さい。

材料  2人前

いちご・・・          約200g
ブルーベリー・・・       適量
ミントの葉・・・        小さくちぎったものと千切りにしたもの
オレンジの皮・・・       極少量(薄くむいて千切りにし、熱湯で湯通し)

<ソース>
ココナッツロング又はファイン・・100g
牛乳・・・           300cc
砂糖・・・           50g
コーンスターチ・・・      小さじ1
ハチミツ・・・         大さじ山1
 

作り方
・鍋に牛乳と砂糖、コーンスターチを入れて火にかけます(コーンスターチはだまにならないようにして下さい)焦げ付かないようにゆっくり木べらで底をかき混ぜて下さい。
・沸騰しそうになったら火を止めて、ココナッツを一度に加えて木べらでかき混ぜ、そのままあら熱がとれるまでおき、一度ミキサーにかけます。(もしミキサーがなければ、必要ありません)

DSC00042_convert_20130505044427.jpg
・これを網で漉します。スプーンやゴムベラなどを使って、よく漉しだします。


DSC00039_convert_20130505044439.jpg

DSC00037_convert_20130505044617.jpg
・暖かいうちにハチミツを加えます。冷めたら苺と一緒に食べるので、少し甘めでいいと思いますので、味をみてハチミツを追加するなりして下さい。
・冷蔵庫で冷やします。
DSC00045_convert_20161111033744.jpg


・お皿にココナッツソースを流し、苺はそのままのものと半分に切ったものを不規則において、ブルーベリーを散らした後、湯通ししたオレンジの皮、ミントの葉を散らします。
乾燥したココナッツには、3種類の粒の粗さがあると思います。糸状のもの、それより少し細かいもの、極細かいパウダー状のもの。いずれのものでもできます。
一番細かいパウダー状のものを使う場合は、コーンスターチでつなぐこもも網で漉す必要もありません。

漉してあまったココナッツはもったいないので、そのままシャリシャリ食べても美味しいですよ。




DSC00436_convert_20130505042557.jpg
今日は天気も良く、とても気持ちのいい一日でした。





DSC00731_convert_20130507020644.jpg

漉して残ったココナッツで、以前このブログでもたった、ロッシェ.ドゥ.ココが作れます。(Rochers de coco )

ココナッツがすでに甘さと牛乳を含んでいるので、このレシピと全く同じにはできませんが、砂糖を少し追加して、卵白を大体の量を加えて鉄板に絞り袋で絞り出し、オーブンで焼きます。出来上がりは少し柔らかいですが、美味しいですよ。すこし焦げやすいので注意して下さい。







 | HOME |