森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.07.06.Sat

きのことパプリカのキッシュとトマトのタルト 

DSC05046-2_convert_20161112075333.jpg
今日は娘からキッシュの作り方が知りた〜い、という声が上がったのでフランスのお惣菜の定番、キッシュをやってみたいと思います。以前長ネギとベーコンのキッシュをやりましたが、今回は玉葱とマッシュルーム、ベーコンで作りました。
中に流すクリームには、卵と生クリームにパルメザンチーズチーズを入れてあります。

写真の上にのっているのは、先日3色のジャンボピーマンを焼いた焼きパプリカ作ったので、その残りを少しだけ彩りに使いました。このピーマン(パプリカ)のサラダは近いうちレシピをアップしたいと思います。そしてキッシュに使った生地が余ったので、トマトのタルトも作りましたので、その作り方もついでにご紹介しようと思います。

キッシュを作ってみた感想ですが、私の好みからいうとやはりもっとネギ系?が入った方がいいような気がしました。もしくはその他の野菜でしょうか。そこで今回作ったものに、これを入れた方がいいかな、という材料を付け足してレシピを作ってみました。




kitchen-tebukuro_20130707062901.jpg




 
材料 22〜23cmタルト型

[パート・ブリゼ]
薄力粉・・・            200g
バター・・・            150g
牛乳、又は水・・・         50cc
塩・・・              ひとつまみ

[中に入れる野菜]
玉葱(中)・・・          1個(約130〜140g)
ベーコン・・・           60~80g
キノコ(しめじ、エリンギ、舞茸等) 80gほど(しめじ1p分くらい)その他マッシュルームでも  
バター・・・            約10〜15g(炒めるときのもの)
その他野菜(ほうれん草、アスパラ、ブロッコリー、パプリカ等)たくさんは入らないので、適量

[中に流すクリーム]
生クリーム・・・          120cc
全卵・・・             1個
卵黄・・・             1個
パルミジャーノチーズ・・・     大さじ山1〜2
塩、胡椒 
         

[パート・ブリゼの作り方]←生地の作り方はここを参照して下さい♪

・タルト型にバターを薄く塗って、小麦粉をふるって余分な粉ははたいておきます。

・麺棒で生地を延ばし型に敷いたら、冷蔵庫で休ませておきます。

DSC04992_convert_20130706071344.jpg

・玉葱は厚めのスライス(5mmほど)、マッシュルーム(キノコ類)スライス、ベーコンはブロックなら太めの棒状、スライスなら1cm幅くらいに切っておきます。
その他入れる野菜はあらかじめ、茹でて冷ましておきます。

・フライパンにバターを溶かし、玉葱を色付かないように弱めの中火で炒めます。しんなりしてきたら、ベーコンを入れ炒めたらマッシュルームを加えてさらに炒めます。
茹でた野菜は、最後に軽く火を通す程度に入れて下さい。
・塩、胡椒で軽めに味をつけて火から外してあら熱をとっておきます。


DSC04995_convert_20130706071238.jpg
・冷蔵庫で休ませたタルト生地に、炒めた野菜とベーコンを入れて平らにならします。


DSC04997_convert_20130706072943.jpg
・オーブンは180℃にセットしておきます。
・流すクリームの材料をすべてボウルに入れて泡立てでよく混ぜあわせます。


DSC04999_convert_20130706071212.jpg
・具を入れた型にクリームを流し、オーブンで30〜40分焼いて、きれいに焼き色がついて中心に竹串などを刺して、何も付いてこなければ出来上がりです。パプリカは、焼いて柔らかくなったものでないと写真のように曲げる事ができないので、生からキッシュの具として入れる場合は、なかなか火がはいらないので、一番最初に玉葱と一緒に炒めるか、別に火を通すなどして下さい。




kitchen-11.jpg







DSC05089_convert_20130706071542.jpg

次にトマトのタルトの作り方です。
トマトのタルトってなんだろうという感じですが、見た目はピザに似ていますけど、タルトの生地に辛味の少ないマスタードをぬって、焼くので味はちょっと違います。


DSC05064_convert_20130706074236.jpg私も残りの材料で作ったので、レシピの量は書かきませんが、大体の量で作れますので問題ありません。
マスタードだけは、いわゆるツーンとくる辛い芥子ではなくて、粒マスターとのような辛味の少ないものを使います。

生地にはパート・ブリゼを麺棒で薄く延ばし、キッシュのようにタルト型に敷いてもいいですし、ただ丸く型を作ってもかまいません。

後はとろけるチーズ、トマト、あればドライハーブ(タイム、ローズマリー、エルブ.ド.プロヴァンス等)
それと塩、胡椒です。      

オーブンの温度は200℃にセット。





DSC05054_convert_20130706073959.jpg
・鉄板にオーブンシートを敷き、延ばした生地をのせ、マスタードを薄く塗り延ばします。

・ここにとろけるチーズを置きます。写真のようにただ丸い生地を置いただけだと、チーズが流れ出してしまうので、少なめにおくか、もしくはタルト型を使って焼いた方がいいと思います。
(ここでは余ったパートブリゼを使ったので、ただ延ばしたものを使いました)

DSC05056_convert_20130706074023.jpg
・チーズの上に5mmくらいにスライスしたトマトを綺麗に並べます。


DSC05060_convert_20130706074200.jpg
・トマトに軽く塩、胡椒、ドライハーブを散らし、オーブンで25分〜30分、生地とトマトの焼け具合を見ながら焼いたら出来上がりです。

ちょっとトマトのタルトの方が大体の作り方になりましたが、さほど難しいものではありませんので、もし何かタルトを作って生地が余りましたら、ありあわせの材料ででも作ってみて下さい。あと、玉葱のスライスをのせていっしょに焼いた方が良いような気もしました。キッシュも作っておけば、数日は冷蔵庫でとっておけるので、いざと言うときにいいですね。焼きたてはサラダといっしょにどうぞ。

DSC05075_convert_20130707063549.jpg


肌さむかった昨日とは一転して、今日は気持ちの良い夏日になりました。このまま晴天が続いてくれるかな。






 | HOME |