森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.09.23.Mon

ラタトゥイユと魚の包み焼き   Ratatouille niçoise et Papillote de cabillaud

DSC00673+2_convert_20130917230148.jpg

料理の方は前回の包み焼きからリンクして、同じく魚の包み焼きですが、ここでラタトゥイユを使いました。
というか、今日はラタトゥイユが主役です。ブログを始めたばかりの時にリクエストをいただいて、やっとここにきて登場です。スミマセン、カズエさんお待たせしました!

まあ、言い方を変えれば洋風野菜の煮物?皆さんの中でも普段からよく作られている方もいらっしゃると思います。

さて、このラタトゥイユ。家庭で作る料理に、このやり方が正しいとか間違ってるとか、そんなヤボなことは言いません。ただ一つだけ、十分に甘みのあるものを作るには、じっくり煮込だ方が美味しく出来上がります。

私は茄子やズッキーニが煮くずれてしまわないように、オーブンを使って野菜がクタクタになるまで煮ます。
時間をかけてゆっくり野菜の水分を飛ばしてあげると、ホントに甘みのある美味しいものに仕上がります。

実際にはオーブンを使う必要も、そこまで長く煮る必要もありませんが、もしお時間がある時は、一度気長に作ってみて下さい。


tabemono-0011_2013092405593776e.jpg




 
 材料 

茄子・・・             米茄子1個分くらいを目安に
パプリカ赤・黄・・・        1個ずつ
玉葱(中)・・・          1個
ズッキーニ・・・          1本
トマト(大)・・・         3個
ニンニク・・・           2片
オリーブオイル・・・        大さじ3〜4
タイム、ロリエ


※今回はオーブンに入れるということを前提にレシピを作ってあります。
ニンニクはみじん切りでもつぶすだけでも、他の野菜はトマト以外、すべて同じ2~3cm各のダイスの大きさに切りそろえます。トマトはどうせ煮くずれてしまうので、大雑把に角切りに。
トマトは缶より生をお薦めします。

DSC00614_convert_20130921023709.jpg

・オーブンにそのまま入る鍋があればそれを使いますが、ない場合は大きめのグラタン皿などを使います。

・鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクを軽く炒めたら、中火で玉葱、パプリカの順に炒めます。(ロリエ、タイムも入れて)ここで野菜から水分をだすために塩を一つまみ。


DSC00616_convert_20130921023727.jpg

・玉葱が透き通るくらいになったら、刻んだトマトを加えます。(皮を湯向きする必要はありませんし、タネもそのまま使います)

・強火にしてトマトが少し煮くずれてくるまで炒めます。
オーブンを180~190m℃に設定。


DSC00618_convert_20130921023859.jpg

・トマトが煮くずれたところで、茄子とズッキーニを加えます。ここでも塩を軽く。

・ざっくり混ぜ合わせたら、ふたをせずオーブンに入れます。(グラタン皿で作るときは耐熱皿に移します)


DSC00622_convert_20130921023934.jpg

・オーブンに入れ時間は野菜の大きさにもよりますが、40分〜1時間。表面が焦げないように途中で木べらでかき混ぜます。
私はオリーブを入れたので途中で入れました。ニース風と言われるものは黒オリーブを入れますが、これは好みなので入れても入れなくても。



DSC00627_convert_20130921024102.jpg

・オーブンに入れて40分、火を消してそのままオーブンの中に少し残して。ここまでくると始めの量の1/3程になっていると思います。
最後に味をみて、塩が必要なら足して下さい。


DSC00650_convert_20130917230438.jpg

オリーブは長くオーブンに入れ過ぎると、シワシワになってしまうので途中で入れました。


基本的にはここにあげた材料で作りますが、アレンジしてその他の野菜やキノコを入れてもいいですし、パプリカやズッキーニなしの茄子メインでも良いと思います。
冷えたままでも美味しいので、まとめてたくさん作るといいですね♪



kitchen-f-1_20130924055939e6b.jpg





DSC00664_convert_20130917231746.jpg
そんなラタトゥイユを使って魚の包み焼きを作りました。



DSC00637_convert_20130921024203.jpg

香草があれば上にのせてると見栄えも良くなりますね。
DSC00644_convert_20130921024226_201309210807513be.jpg

アルミホイルかクッキングシートにラタトゥイユを敷き、その上に白身の魚を置いて軽く塩、胡椒。さらにその上にラタトゥイユをのせて包んだら、200℃ほどのオーブンに入れて20前後焼きます。







DSC00669_convert_20130924054151.jpg

ラタトゥイユは野菜料理でありながら、肉や魚のソースとしても使えますので、焼いた鶏肉や豚肉にのせてみてはいかがでしょうか〜。



いつもブログのプチスパイスとして、ブロ友のbabachamaさんが描かれた、可愛い挿絵を使わせていただいてます。
かわええ絵がたくさんあるんです〜ブログを引き立ててくれるアイテムとして、色々な素材を貸し出していただけるので、ぜひこちらのホームページまで!          

                   わん baba ニャン 


wanbabanyan-1.jpg




 | HOME |