森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.10.09.Wed

クルミのタルト    Tarte aux noix

DSC01316_convert_20131009205501.jpg

今日はちょっとプチオマケでお菓子をご紹介。

先日メープルシロップとナッツのタルトを作りましたが、新たに砂糖を焦がしたカラメルで作る、フランスはグルノーブル地方の伝統的な菓子、「クルミのタルト」を作ってみました。
このタルト、フランスではかなり有名なタルトなんですよ。

カラメルが好きな方にとってこのタルトは危険です・・。コーヒー、紅茶といっしょに食べると、半分くらいいけちゃうかも的な美味しさ。


焼いたタルト生地、カラメル、バター、生クリームそして香ばしいクルミがタップリコレステロールもたっぷり〜?そりゃ、ヤバいっすね。


ついつい悪者扱いされがちなバターや生クリームですけど、食べ過ぎがよくないわけで、少ない量を食べる分には決して悪い食べ物というわけではないんですよ。 言い訳ね・・



tabemono-akuro.jpg





 材料 18cmタルト型

クルミ・・・         130〜150g
砂糖・・・          65g          
水・・・           大さじ2弱
バター・・・         20g
生クリーム・・・       40cc

パート・サブレ・・・     一台分
 

タルト生地つくり方の説明は→こちら

DSC02813_convert_20131010012856.jpg
・パートは180℃のオーブンで、タルトストーンか豆を入れて、
10分焼いたら一度オーブンから取り出して豆を取り除き、さらに15〜20分空焼きします。

DSC01279_convert_20131010011017.jpg
・クルミはあらかじめ180℃のオーブンで炒って、香ばしくしておきます。


DSC01284_convert_20131010011114.jpg
・鍋に砂糖と水を入れて中火にかけ、時々鍋をゆすりながら、徐々に焦がしてカラメルを作っていきます。


DSC01286_convert_20131010010555.jpg
・いい感じに色が付いたら、火から外してここにバターを加え、鍋を揺すってよく混ぜます。
(このバターのおかげで温度が下がってこれ以上焦げなくなります)



DSC01287_convert_20131010010608.jpg
・すぐに生クリームを加えて、火に戻しさらに揺すりながらよく混ぜます。
(上手く混ざらなければ、スプーンなどを使って混ぜて下さい)

生クリームは植物性ですと分離してしまうので、できれば動物性のものをお使い下さい。


DSC01290_convert_20131010010735.jpg
・生クリームもよく混ざったら火から外して、クルミを入れて全体に絡めます。
焼いておいたタルトに入れ、そのまま冷まして出来上がり〜♪




hana0011.jpg




DSC01309_convert_20131010011021.jpg

ここではクルミはあまり刻みませんでしたが、少し粗く刻んでもいいですね。

これからだんだん気温も下がってきますね。冬に備えて脂肪も蓄えないといけません。
ため過ぎもよくないけどね〜。アマウマですよ♪










     脅迫するネコ・・
DSC04032_convert_20131010021215.jpg

2ea2b83f_convert_20131010053500.jpg

怖いかも〜〜!!





※埼玉県秩父本線 小前田駅の車内アナウンス






トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/331-04706818

 | HOME |