森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.11.17.Sun

目に映った日本①


フランスで暮らしはじめて、そろそろ14年になります。
その間に日本に帰った回数は片手でも数えられるほど。

たまに日本に帰ると、今までにはなかった新らしいものに
敏感に反応するようになりました。
良くなったところ、相変わらずなところ。

先日はフランスのことを書きましたので、今日は日本に来て感じたこと。
おそらく、普段見慣れているとそう違和感もないと思うのですが
去年の秋に日本に帰ったときの感想です。




①車がおもちゃのように四角くなった・・

000088644_convert_20131116023220.jpg



10年前はそうでもなかったと思います、去年の秋に帰った時に気がついたのですが
軽自動車、普通自動車共になんだかカクカク四角くなった・・。
いわゆるセダンが減って、ミニバンだらけになった。

車の流行はいつの時代にもありますけど、こんなに四角い車がたくさんあるって
なんだか見慣れてません。

おかしなことを言っているように聞こえるかもしれませんが、
やはり久しぶりに見ると不思議な光景にも見えます。みんな同じ形をしてる・・。
機能性を重視した結果なのでしょうね。


   






②電子音がやたらと多い・・。

Akihabara_convert_20131117080422.jpeg 


これも今になって始まったわけでもありませんが、
この電子音を聞くと、ああ、日本にいるんだなと感じます。
JRの駅の近くでは一日中電車の発進音、エレベーターに乗ると「一階ですドアが閉まります」

お風呂が沸くと「お湯が沸きました」・ご飯が炊きあがると「ピー、ピー」
車からは「バックします」・トイレでは水を流す疑似音、携帯の着信音、電車内のアナウンス
コンビニに入る時にも独特な匂いとともに、「ピロリロ〜」

時計、ゲーム機、街でも家でも店でもホテルでも販売機からでも・・
「ピー、ブー、ガー、トロロロン♪etc...」

そのうち”この音がないと安心して眠れない”なんてことになるんじゃないか心配してます。








③朝から晩まで食べ続けるテレビ番組・・。

on-mange-trop-copie-1_convert_20131117083101.jpg 



帰国するとやはり久しぶりに、日本のテレビを見るわけですが、
バラエティー番組、ワイドショーの中で、なぜこうも食べているシーンが多いのでしょう。

チャンネルを変えると、どこかの番組で必ず芸能人が「おいしい〜♪」
と言っては何かを食べている。もちろん仕事なのだと分かっていますけど、
なぜお約束のように、食べるシーンをみせないといけないんですか?と言いたくなるほど。

中でも目を覆いたくなるのが大食いを競う番組。
もしマザーテレサやガンジーが生きていて、この光景を見たら何というのか。

ブロ友さんの話では、海外まで遠征して大食いぶりを披露しているらしいですが・・。
食べ物をゲーム感覚にする・・これはちょっと違うのではないかと・・







④ここ数年でかなり上達した公共交通機関とトイレ


P1030057_convert_20131117084925.jpg

これは車いすで利用できる電車やバス、駅構内のことですが。
すごい上達です。5年前はここまで便利にはなっていませんでした。
よっぽどの田舎は別として、電車で一人でどこへでも行ける気がします。

駅員の方の対応も丁寧だし、すぐに飛んできてくれます。
障害者用トイレもまた、清潔でどこにでもあって不自由しません。
さすが日本という感じですね。本当に素晴らしいです。



zakka-001.jpg
続く・・・




トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/364-00a82788

 | HOME |