森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2013.11.28.Thu

お手軽鶏肉のタジン風

DSC00108_convert_20130429223929_20130504224426.jpg
   
過去記事を振り返っての料理、3品目ですね。鶏肉で作る簡単タジン風です。
もう写真もレシピも出来上がってるから、なんて楽なんでしょう〜♪いつまでも過去をふりかえっていたい。笑

今まで色々ブログで扱って来た料理の中で、私自身一番リピートして作っているのが、実はこのタジン風に作る鶏肉のソテーなです。

実際タジンと言われるものは煮込みの作業が入るので、わりと時間がかかってしまいますが、これは煮るというよりも短時間蒸し煮するという感じですので、出来上がりが早いというのと、オカズになりますしビールのお供にも良いと思います。
見た目からカレー味の料理のように見えますが、カレーの味とはちょっと違います。

香辛料が必要になりますが、パプリカ、クミン、ターメリックの3種類だけ。それとニンニクと生姜があればフライパンひとつでできます。レモンも入りますがなければいれなくてもかまいませんしオリーブに至っては全く入れる必要はありません。

この香辛料のクミン、パプリカ、ターメリックですが、今までこのブログで取り上げた「挽き肉のブリック」「魚のタジン」「鶏肉、子羊のブロシェット」「鶏のつくね風」「タンドリーチキン」「バターチキン」「野菜のカレー」などなどたくさん使い道がありますので、ご家庭に小さな小ビンがそれぞれ一つあれば重宝すると思います。




zakka-004_20131129054222163.jpg



 
材料 二人前

鶏モモ肉・・・         2枚(胸肉でも手羽でも)
玉葱・・・           1個(200gほど)
ニンニク(大)・・・      1片(みじん切り)
生姜・・・           ニンニクと同じくらいの大きさ(みじん切り)
ターメリック・・・       約小さじ1/4
パプリカ・・・         約小さじ1/2
クミン・・・          約小さじ1/2
レモン・・・          1/2個の絞り汁
オリーブオイル又はサラダ油・・・大さじ1
コリアンダーの葉又はパセリ・・ あれば少々

※材料の分量は前回の記事のものと若干違います。
ニンニク、生姜はすりおろしても。


          作り方
DSC00085_convert_20130429234841.jpg
・モモ肉は唐揚げにする時くらいの大きさに切ります。塩、胡椒をします。

・フライパンにサラダ油を熱して、鶏肉を皮の方から入れて、中火で焼き色をつけています。
・ひっくり返す前に香辛料(ターメリック、パプリカ、クミン)を肉の上からふりかけ、
ニンニクと生姜のみじん切りを加えます。


DSC00090_convert_20130429234907.jpg
・鶏肉をひっくり返したら、つぎに玉葱の乱切りを加えます。(火はずっと中火で)

・少し火加減を落とし、フライパンをゆすりながら、玉葱と鶏肉に火を通していきます。
全体に塩を軽くふります。

・レモン果汁を全体にふりかけてフタをして、弱火で5分ほど火を入れます。



DSC00092_convert_20130429234949.jpg
・味見をしてあれば香菜の刻みをふりかけて出来上がりです。

たったこれだけ、早い!

ここに書いた香辛料は目安ですので、なんとなくババっと入れても全然大丈夫です。





kitchen-gohanset_201311290542239ed.gif






DSC00096_convert_20130430010008.jpg


モロッコの料理でタジンに並んで有名なのはクスクスがありますね。クスクスも香辛料の効いた美味しい煮込み料理です。

玉葱がクタクタに煮えるより、少しシャリっと食感が残るようなものが好きなので、今回は長く煮込まず短時間で仕上げてみました。

豚肉でも代用できますし、モモ肉でなく胸肉でも。ここにシメジやピーマンを加えればもっとオカズらしい一品になると思います。

百聞は一見にしかずで、ぜひ一度お試ししていただきたい料理だと思います。





       今日の子ねこ・・
DSC04498_convert_20131129053749.jpg
ンぐっ、満足♡








 | HOME |