森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.01.15.Wed

鶏肉のソテー、白ワイン蒸し レモンバター醤油  Poulet sauté au vin blanc. 

DSC03595_convert_20140115064444.jpg


年明け早々オーブンが壊れました・・。前々の家主さんが置いて行ったものなので、結構年期ものだと思いますが。
しばらくオーブンを使う料理ができませんね・・。 買わないと・・


さて、昨日の続きで鶏肉のソテー、白ワイン蒸しです。鶏肉は焼いて塩、胡椒だけでも十分美味しいと私は思っていますが、ただ、それだけだと料理のレシピになりませんので、ベーコンと玉葱、ニンニクを炒めたものと一緒に、白ワインで蒸し煮にしました。

ここでオカズにできるように、レモンと醤油を仕上げに入れることでご飯と一緒に食べられます。


白ワインがなければ料理酒を使って、レモン汁を若干多めに入れるてもいいと思います。

以前子牛の包み焼き、レモンのソースをやりましたが、少し似ている感じです。





kitchen-12_20140116055949497.jpg




 
 材料 2人分

鶏むね肉・・・         2枚
ベーコンスライス・・・     3〜4枚         
レモン・・・          1/2個(皮も使うので、あれば無農薬)
白ワインか料理酒・・・     100〜130cc
玉葱・・            中半分(みじん切り)
ニンニク・・・         1片
オリーブオイル・・・      大さじ1
バター・・・          15g
醤油・・・           小さじ1〜1と1/2ほど
塩、胡椒、小麦粉
 

DSC03568_convert_20140116061849.jpg
・まな板の上に置いた皮付きのニンニクを、庖丁の側面(平らな部分)
で叩いて軽くつぶし、皮をむきます。

・フライパンを温めてオリーブオイルをしき、つぶしてニンニクを入れ、
香りがでるまで炒めます。


DSC03570_convert_20140115063841_20140116033235e07.jpg
・鶏肉に塩、胡椒をし、小麦粉をまぶし
皮の方から鶏肉を入れて強火で奇麗に焼き色をつけます。

※皮目に十分に焼き色をつけるには、こまめに肉の下にオイルが
まわりこむように、箸などで身を浮かしながら焼きます。


DSC03573_convert_20140116033235.jpg
・皮目に焼き色がついたらひっくり返して、ニンニクといっしょにお皿にとっておきます。


DSC03577_convert_20140115064105_201401160332357b7.jpg
・ここにバター半量と玉葱のみじん切りを入れて、
弱火で1〜2分炒めベーコンを加えてさらに少し炒めます。



DSC03581_convert_20140115063632_20140116033232b57.jpg
・フライパンに鶏肉をもどし、白ワイン(又は料理酒)を注ぎ、
フタをして3〜5分肉に火が入るまで蒸し煮します。

・火が入ったら鶏肉は取り出し、ここにレモンの皮の卸しと絞り汁、醤油,残りの
バター半量を加えて、強火で一煮立ちさせて、味を整えて鶏肉にかけて出来上がりです。

もし、蒸している途中で水分がなくなるようなら、水を少し加えて下さい。


kitchen-nfs_20140116055947342.gif






DSC03590_convert_20140116055943.jpg

鶏の胸肉は淡白なので、ベーコンと一緒によくあいます。
もちろんベーコンなしでもいいですし、胸でなくモモ肉でもよろしいかと。

皮に十分や黄色をつけたら、身の方はあまり焼き色をつけすぎないようにします。
焼き過ぎると固くなってしまいます。


あっさりしたバター醤油でご飯もすすむ君。写真は胸肉を切り分けています。
付け合わせは昨日のジャガイモです。お箸でもどうぞ♪






レシピブログに参加中♪






 | HOME |