森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.03.13.Thu

ハマス  ーLe hommos ー

DSC07570_convert_20130325071749.jpg
※去年の3月の記事です。

リクエストをいただきましたので、作ってみました!生野菜がたくさん食べられる、ひよこ豆のディップ、ハマスです。

スミマセン、私にもはっきりどこが発祥の料理だか分かりませんが、
レバノン、パレスチナ等、中近東あたりの料理です。

フランスのどこのスーパーでも買える、お手軽なお豆ペーストです。フランスでは、ウムス(
仏.Houmous)と呼ばれています。

生野菜やピタパンをつけて食べるのですが、90%以上はひよこ豆ですから、クセもないし豆好きな方でしたら、気に入っていただけると思います。


作り方もいたって簡単。後片付けの方が面倒なくらいです。ホントに。
DSC07573_convert_20130325032827.jpg

ひよこ豆をご存知ない方の為に、こちらひよこ豆の乾燥したものです。
生から作る場合は、この豆を一晩水で戻してからゆでます。

圧力鍋があれば、重層を入れて、40分から1時間くらいで柔らかくなると思いますが、
普通の鍋で柔らかく煮るには、かなりの時間がかかります。


DSC07525_convert_20130325042954.jpgそこで、缶詰を使います。日本でも安くで売られていると思います。
今日使った物は、一缶400gのものです。









tabemono-0011_2014031403371634d.jpg


 
材料

ひよこ豆・・・        一缶(400g)
練りゴマ・・・        大さじ3〜4
レモン汁・・・        半分を絞ったもの(約大さじ2)
ニンニク・・・        1〜2個(ニンニクの味が好きな方は2個入れてもいいかと)
オリーブオイル・・      大さじ2
缶の中の茹で汁・・      大さじ2〜3
塩・・・           軽くひとつまみ
カイエンヌペッパー(あれば少々。一味唐辛子です)
 


作り方
DSC07528_convert_20130325032334.jpg
缶を開けて、ザル等に入れて水をよくきります。茹で汁を少し使いますから大さじ2〜3分は残しておいて下さい。

DSC07532_convert_20130325032458.jpg
ニンニクは粗く刻み、全ての材料をフードプロフェッサーで回し、滑らかなペースト状になったら出来上がり。
水分が少ないので、なかなか回らないかもしれませんので、こまめに回してみて下さい。

このまま食べるのと、野菜と一緒に食べるのでは、塩加減が違ってきますので、実際に野菜スティックといっしょに少し食べてみて、塩味やレモン汁を追加して下さい。
そのまま食べてみて、丁度いいよりも、ちょっと塩をきかせたくらいがいいと思います。


hana1_20140314033717e47.jpg





DSC07552_convert_20130325063211.jpg
添えてある野菜は、人参から右回りにフェンネル、赤ピーマン、シャンピニオン、イタリアンパセリ、アンディーブ、少し固めに茹でたインゲン、ラディ.ノワール、クレソンです。
(ラディ.ノワール  Radis Noir は辛い大根。皮が黒いです)

インド料理のナンのようなものも付けて食べても。

出す時はハマスにオリーブオイルを少量かけて、松の実やクルミをのせて供したりします。


DSC07564_convert_20130325062923_20130325063319.jpg
(黒胡椒をかけてあります)
ダイエットされている方は、簡単に野菜を食べられるので、ご存知ない方は一度試してみてはいかがでしょうか。

パーティー時にも使えるかもしれませんね。ただニンニクが入ってるので、その場合は抜きの方がいいかもしれません。

ハマスで検索すると、他に香辛料を使った作り方もありましたが、ここではあえて書きませんでした。
一般に売られているものも、香辛料はきいていませんので、お好みで入れてみて下さい。






       子供の頃のねこ・・
DSC05003_convert_20130325033603.jpg
      小さ〜い





  ブログを訪問して下さる方々。いつも応援ありがとうございます 







レシピブログに参加中♪














トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/431-79fe6321

 | HOME |