森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.05.20.Tue

うちの賄いカレー

DSC04306_convert_20140424201354.jpg
今日は自分のための覚え書きレシピです。私の好きなカレーは豆を入れた野菜カレーとバターチキン、それとタイ風の羊のカレーでしょうか。

カレーは万国共通、どこの国の人にも愛されていますね。フランスでもインド料理のお店は人気があります。

今までに野菜のカレーとバターチキンはこのブログでも作りましたが、タイ風のカレーのレシピは作っていません。
タイ風のカレーは、特別な香辛料やレモングラス、甘ずっぱいタマリンドがないとあの味を出すのはなかなか難しいかもしれません。


そこでちょっとタイ風ではなくなりますが、タマリンドの代わりにマンゴーチャツネを使ってカレーを作ると、これが結構美味しいカレーになるんですよ〜♪

フランスだけではないと思いますが、日本のようにルーを溶かせば簡単にカレーが出来てしまうというものが、外国にはないので、私もスパイスを混ぜて作っています。


DSC01892_convert_20140521060439.jpg
  家に常備してある香辛料はこれくらいです。
ちなみに全部カレーに入れるわけではありません!




DSC04287_convert_20140521055616.jpg



そんな賄いカレー、作り方は別記しておきますので興味のある方はご覧になって下さい。

別記⬇続きです


 

材料 3〜4人分

子羊モモ肉・・・       500~600g(4〜5cm角)
玉葱(中)・・・        2個(みじん切り)
ニンニク・・・         2片(みじん切り)
生姜・・・           みじん切りにして大さじ2程
香辛料(A)↓
クミン・・・          小さじ3
パプリカ・・・         小さじ1
ターメリック・・・       小さじ1
シナモン・・・         小さじ1/4
ガラムマサラ・・・       小さじ1
ロリエ・・・          1〜2枚
(その他、カイエンヌペッパー、コリアンダー、カルダモンなど少々)
香辛料(B)
カレー粉・・・         大さじ3〜4

チャツネ・・・         大さじ2〜3(マンゴーチャツネ)
トマト缶400gのもの・・・    1缶(粗く刻みます)
ココナッツミルク(400gのもの) 1/2~2/3缶
水・・・            700cc〜1L
植物油・・・           大さじ2〜3
好みでブイヨンキューブ
ジャガイモ、グリンピース・・  適量
 
DSC04263_convert_20140424200921.jpg
鍋に植物油をいれ、ロリエ、ニンニク、生姜のみじん切りを炒め、途中で香りがワ〜っとしてきてさらに1分ほど炒めたら、玉葱を入れしんなりするまでよく炒めます。


DSC04273+(1)_convert_20140424201027.jpg
炒めたら、ここに香辛料(A)を全て入れ(ガラムマサラ以外)、軽くいためます。もし香辛料が揃わないときには、香辛料(B)と書いてあるカレー粉を大さじ3〜4ほど、好みによって加減して入れて下さい。



DSC04262_convert_20140424201008.jpg
4~5cm角に切った肉に塩,こしょうをして別のフライパンで、全体的に焼き色がつくように強火で焼き色をつけます。



DSC04274_convert_20140424202855.jpg
香辛料を入れた鍋に、焼いた肉、トマト水煮缶(種を取り除いて刻んだもの)、水、ココナッツミルクを入れ50分ほど煮込みます。顆粒のブイヨンを入れるときには煮込むときに一緒に入れます。

ジャガイモを入れて塩で味をつけ、さらに煮込みます。


DSC04278_convert_20140424203018.jpg
最後にグリンピース、マンゴーチャツネ、ガラムマサラを入れ、味を整えてさらに10分程煮込んで出来上がりです。



DSC04289_convert_20140424201348.jpg
美味しいカレー作りの強い見方、マンゴーチャツネ!これが入ると入らないでは、カレーの旨味が全然違ってきますね。



DSC04315_convert_20140424201303.jpg


ちょっと大雑把に説明してありますので、分かりにくいかもしれませんね。
日本では羊のカレーなんてまず作らないと思いますが、海外にお住まいで材料の入手が比較的簡単な方は、こんなカレーもいかがでしょうか。












トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/480-7a87314c

 | HOME |