森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.06.02.Mon

パセリとトマトのサラダ、ミント風味 taboulé libanais

DSC07028_convert_20140531080143.jpg
色も綺麗でビタミンも豊富なのに、脇役ばかりにまわるパセリ。味が個性的すぎるせいか、食べずに残してしまうことが多いと思います。 ところがパセリにはこれからの季節には嬉しいシミ、ソバカスの予防、コラーゲンの育成、紫外線防止には欠かせない、βカロチンやビタミンA,C,Eがたくさん含まれているそうです。
美肌に欠かせないパセリ

レバノン料理にタブレ-taboulé-というパセリがメインのサラダがあるのですが、こうやって食べてみると以外にたくさんのパセリを食べることができます。
タブレをご存知の方は、あのクスクスの粒(スムール)で作るタブレを連想されると思いますが、レバノン風のタブレはトマトとパセリがメインのミント風味のサラダになっています。


DSC06864_convert_20140531080135.jpg

作り方を簡単に説明すると、材料はまずトマト、パセリ、辛味の少ない玉葱、ミントの葉、レモン、オリーブオイル、穀物類、塩だけです。ここでは、キノア-Quinoa-という植物の実を少量茹でて一緒に入れてますが、これの代わりにクスクスの粒を入れてもいいですし、砕かれた大豆や小麦などを茹でて入れてものいいと思います。なければ入れなくても構いません。(日本ではキヌアのようです)

※ここで使ったパセリの種類は、イタリアンパセリですが、もちろん日本では縮れたパセリを使って見て下さい。


DSC06867_convert_20140603020724.jpg
作り方ですが、パセリは軽く水洗いし、水気をよくきって葉の部分だけを粗くみじん切りにします。

DSC06869_convert_20140531082130.jpg
穀類を入れる場合は茹でて、ザルにとり冷ましておきます。(ここではキノア)
本来ブルグー-boulghour (仏)-と言われる砕いた小麦を使いますが、その他砕いた大豆やクスクスの粒などでも良いと思います。その辺りはお好みで。
(穀類も栄養がありますし、いい具合にソースが絡むので、入れるといいと思います)

DSC06871_convert_20140603021340.jpg
トマトは1cmくらいの角切り(ここではチェリートマトですが、もちろん普通のトマトでも)、ミントは葉だけを細かく千切り、玉葱(みじん切りでも千切りでも)穀類、の全てをボウルに入れます。

DSC06876_convert_20140603021051.jpg
普通にサラダにドレッシングをかけるような感じで、オリーブオイル、レモンの汁、塩を入れお好みの味加減に調節しながらよく混ぜ合わせて出来上がりです。


hana0010_20140603024212156.jpg



DSC07034_convert_20140603020502.jpg
うちもだいたい冷蔵庫の中に、パセリの束を常備していますが、使い道はいつも同じで、少量しか使ってませんでした。でもこのサラダと出会って、パセリを多くに使うことができるようになりましたよ

このサラダに他の野菜を入れるとすると、ピーマンやオリーブ、ブロッコリー、インゲン、絹さや、コーンなど等。そこはお好みで加えて、パセリをメインとしたご家庭のサラダをお作りになってはいかがでしょうか。

紫外線も強くなるこれからの季節。まずは美くしいお肌作りのためにも、ビタミン豊富なパセリを是非お召し上がり下さい。

レシピブログを通じてお友達になりました、はらペコミさんが先日、パセリの上手な保存法を紹介して下さっていました。生でも、またどうしても食べられなかった場合の冷凍や乾燥のさせ方を詳しく説明されていますので、是非ご覧になってみて下さい。
ペコミさんのブログへはこちらから→はらぺこ創作室






 | HOME |