森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.06.30.Mon

サンギエーム・ル・デゼール Saint-Guilhem-le-Désert

DSC07874_convert_20130628065553.jpg
ずっと料理の記事が続いてしまいました。これも去年の記事ですが
今日はフランスの地方へ飛んでみようと思います。


夏の話題を探して過去の写真を見ていたら、懐かしい村の写真がでてきたので、

ここは南仏のラングドック地方にある都市、モンペリエから40kmほど離れたところにある、
サンギエーム・ル・デゼールというところです。

日本も最近富士山が世界遺産に登録されて盛り上がっていますが、
この村も1998年に、一つのキリスト教巡礼の道が世界遺産に認定された時、
その中の巡礼地の一つとして名前を刻みました。



DSC07875_convert_20130628065329.jpg






DSC03631_convert_20130628064748.jpg






DSC07873_convert_20130628065025.jpg

この橋は「悪魔の橋」と呼ばれていて、ローマ帝国時代に作られたものらしいですが、
今でこそあまり水かさはありませんでしたが、この渓谷と橋の大きさを見る限り、
以前はかなりの水量の川がここを流れていたのではないかと思われます。

この橋を起点に渓谷添いに車で5〜6分ほど進むと、サンギエームの村があります。

村の家全てが石で作られ、中心にある教会は西暦800年に作られたと言いますから、
もうかれこれ千年以上歴史ある村ということになりますね。



hana6.jpg





DSC07845_convert_20130628064644.jpg

村は緩やかな斜面にたつように建てられていますが、
場所によっては登るのに結構しんどかったりします。

中世期の頃からの変わらぬ佇まいは、むかし何かの映画でみたような
どこか懐かしい雰囲気がしています。




DSC07856_convert_20130628065626.jpg

ここなどは結構な傾斜。

この写真は6年くらい前?の36℃という暑い日でしたが、湿気が少ないため日陰は涼しく
太陽から逃げるように村の中を歩いたのを覚えています。





DSC07849_convert_20130628065644.jpg





DSC07852_convert_20130628065708.jpg

ここはさらに急な傾斜!運動不足の人は登るのを躊躇しそう。。
村が始まるところから、全ての車が侵入禁止で、
人は家と家の間の入り組んだ細い道を登って行く事になります。




DSC07855_convert_20130628064707.jpg




DSC03640_convert_20130628064839.jpg





hana5.jpg





DSC07866_convert_20130628064925.jpg

ここは教会裏の中庭。




DSC07872_convert_20130628064955.jpg

この教会にはキリストの処刑に使われた、本物の十字架の破片が保管されていて
古くからキリスト教徒の巡礼地として栄えてきました。
過去におこった宗教戦争のあおりも少なからず受けているらしく
穏やかに見える村の景色とは裏腹に暗い歴史も刻まれている村のようです。

ここを訪れたのは真夏でしたが、交通の便が良くないにもかかわらず
多くの観光客で賑わっていました。


私も数年前までは老後は日本で暮らしたいなと考えていましたが、
こういった場所をみると、このままフランスに残るのもいいのかなと思ってしまいます。




DSC03572_convert_20130630061651.jpg


※外出のため今週末まで、コメント欄はお休みいたします・・








 | HOME |