森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.09.06.Sat

モンペリエの街と港町Sète(セットゥ)

DSC07941_convert_20130628065431.jpg

夏休みも終わりました。みなさんは思い出に残る夏を
お過ごしになりましたでしょうか。
わたしはどこに出かけるわけでもなく、
家でいつもと変わらぬ日々を過ごしていました。

日本では夏祭りが色んなところで開かれますが、
フランスでも夏ならではのも催しがあります。
以前の記事ですので覚えている方もいらしゃると思います、
モンペリエの街とSète(セットゥ)という港町で毎年夏に行われるお祭りです。


写真は何年か前のものですが、妻と私もネコ達を連れて義父の住む、
ラングドック地方に行ってきました。---



DSC07945_convert_20130628065508.jpg
古い水道橋






DSC07942_convert_20130802074728.jpg






DSC07947_convert_20130628065049.jpg






DSC07940_convert_20130628065530.jpg
ほら、こうやってすぐにナンパが始まる・・↑







DSC07955_convert_20130628065149.jpg

もう何度かモンペリエの様子は紹介していますが、これは街の中心部の写真です。

南仏の大きな街には、ニース、マルセイユ、モンペリエ、ニームなどがありますが、
パリと比べて住んでいる人も褐色の肌の色をした人を多く見かけるようになります。

チュニジア、モロッコ、アルジェリアといった所から来た人達も多く住む街。


DSC07943_convert_20130628065408.jpg
モンペリエの凱旋門
多くの建築物がクリーム色をしていて、青い空とよくマッチしています。





k-0001.jpg






DSC07896_convert_20130628065729.jpg
場所は変わって、夕暮れの港



セットゥ(Séte)という港町で、船に乗って行われる町同士対抗の
面白い行事があります。


ルールは簡単で、A町とB町の船の先端にそれぞれ代表者が槍と盾を持って立ちます。

船をこぐ人が両者十数人いて、左右に分かれてお互いをめがけて船を漕ぎ出し、
ちょうどすれ違うときに、持った槍で先頭に立っている人を
海に落とした方が勝ちとういうものです。

この説明でわかりますかね? 実際に見ていってみましょう。




DSC07907_convert_20130802043223.jpg

おたふく町チーム(仮名) この先端にいる人が槍とたてを持ってる↑





DSC07908_convert_20130802043247.jpg

↑  この人が串刺しになるかもしれない人マジ! ひょっとこ町チーム(仮名) 






DSC07904_convert_20130802043203.jpg

そして左右に分かれた両チームが勢いよく漕ぎ出します! 
エイホッ!エイホッ!





DSC07910_convert_20130802043328.jpg

船同士が近づくに連れて、緊張感がみなぎる〜 
そして船どうしがすれ違い様に!!





DSC07911_convert_20130802043352.jpg

「オラの嫁はわださねぞー!!とりゃ〜〜!!」 

「そりゃ、こっちのセリフだべさ〜〜〜!!」


とばかりにお互い棒で突くわけでございます。。
突く人より横に乗ってる人のほうが怖がってますね

これを勝ち抜き戦で繰り返して、最後に残った方が勝者!
港で一番のべっぴんさんを嫁にもらうのかどうかはわかりません・・。

DSC07914_convert_20130802043422.jpg

まあ、そんなこんなを大勢で観戦しながら、男達の熱い港の夜はふけていくのでした。

ある夏の夜のお祭りでございます。ここは「フランスのベニス」とも
言われている港町です。また機会があったらいってみたいですね。







    ラブ&ピースなネコ・・

DSC05295_convert_20130802052943.jpg

「槍で突くんだってよー、野蛮だよね〜」「ホントだね〜〜」






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村


トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/548-aadb85a4

 | HOME |