森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.10.22.Wed

パリ郊外の建築

DSC02071_convert_20141023012344.jpg
先日義母の住むパリ郊外に行ったので、ぐるりと家の周りを散歩して写真に収めてきました。
新しいアパートではなく、ちょっと古い味のあるアパートや家を撮ってきましたが、独特な石で作られている建物があります。

この石はピエール・ムリエール(Pierre Meulière)と言われるもので、調べてみると1900〜1930年代に多く使われた石で、もともとパリの周りでたくさんとれた石らしく、石臼”ムール”(Meules )の材料として使われていたと言うことです。

身近にあった材料で家を作るという、とても道理にかなった家作りだったということですね。フランスの昔の家はこういった石造りの家がとても多くて、地方によって採れる石で作るので、黒い石で作られた家はくろっぽく、やはりフランスにお住まいのタヌ子さんのブログでは赤い石で作られた家もあって、そういった建築はとても興味深いですね。




DSC02071_convert_20141023041503.jpg 403px-Meuliere_pierre_du_coucou_03_convert_20141023043059.jpg
この石、ぱっと見た感じ軽石のように気泡のような穴が空いていますけど、普通に重い石です。

この右の写真は石臼にする途中まで加工されて、結局使われなかったもののようです。面白いですね。




sainte_sabine_carte_postale_1_convert_20141023043119.jpg
こんなポストカードもありました。機械ではなく左に置かれた棒で転がしていたのでしょうか・・しかし、重そう〜(写真はお借りしたものです)



DSC02121_convert_20141023012737.jpg
この石を使った建物、そういわれてみれば、パリの中というよりパリ郊外でよく見かけます。



DSC02067_convert_20141023012337.jpg
これなどは、二階までの部分と三、四階部分の使われた材料が違いますね。上部分は後の時代に付け足しさたものだと思います。
初めて見た当初は、この石の建物はあまり好きではありませんでしたけど、こうやってみるといい感じですね♪



DSC02092_convert_20141023035816.jpg
後の時代に作られたアパートだと思われますが、最近綺麗にされたのでしょう。ピカピカです。
左に見える建物は近代のアパートですが、スタイルがパリの中でよく見られるアパートを真似たものです。



DSC02078_convert_20141023012542.jpg
これも下の部分は新しいので、外壁だけ作り直されたのかもしれません。



DSC02112_convert_20141023012626.jpg





DSC02085_convert_20141023044758.jpg
これなど、最近作られたものですね。下にレストランがありますが、二階の人は毎日食べ物の匂いがするんでしょうね。良い様な悪いようなですけど。

お気づきになった方もいるかもしれません、洗濯ものがありません。パリでは洗濯ものを外に干すことが禁止されているんです。この場所はパリからちょっとだけ外れたところなのですが、やっぱり洗濯物を外に干す人はいないようです。

だいたい主にシャワールームなどに干すらしいですが、日本人の感覚ですと乾かないだろうと思うところですが、湿気が少ないのでちゃんと乾きます。ちょっと驚きですね〜。

古いアパートは全てお湯を使った暖房が備わっています。以前は石炭でお湯を沸かしていたそうですが、もちろん今はガスや石油。新しいアパートはキッチンも暖房も全て電気です。

古い建物は内装にも凝ったものもあるんですけど、いつか紹介できるでしょうか〜。たぶんないでしょう・・。アパート”石”情報でした。^0^





 | HOME |