森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2014.12.17.Wed

前記事の続きです。今年フランスのボルドー地方に<La Recharge >(再び充電、再び蓄えるというような意味)という商品全てのパッケージを排除した食料品店ができました。


このお店が出店するにあたり、モデルにしたという食料品店がロンドン、バルセロナ、アメリカにもあり、最近ではベルリンでもこういったお店が出て来たということで、その梱包を一切しないという徹底ぶりには、なかなかシビレるものがあります。(*□*)ビックリ!!


野菜、果物、穀類はもちろんのこと、小麦粉、パスタ、ワイン、オリーブオイル、チョコレート、飴やクッキー、ジャム、コーヒー、ハチミツ、石鹸、トイレ洗剤、洗濯洗剤etcすべて包みのない状態で売られています。



burdifactorylarecharge15_convert_20141217083648.jpg
液体の物は自分で持って来た容器に入れてもらうか、お店で用意されたビンに入れて
持ち帰りできるというシステムのようです。


IMG_0040-150x150_convert_20141217183728.jpg IMG_0002-150x150_convert_20141217183705.jpg IMG_0001-150x150_convert_20141217184426.jpg
左から粉石けん、スポンジ、トイレットペーパー


burdifactorylarecharge31_convert_20141217083740.jpg
真ん中のステンレス製の入れ物に入ってるのは、オリーブオイルやピーナッツオイルなどの食用油。



IMG_0032-150x150_convert_20141217184229.jpg IMG_0029-150x150_convert_20141217184208.jpg IMG_0033-150x150_convert_20141217081913.jpg
左から順にお菓子類、量り売りハチミツ、板チョコ。
チョコレートの包みもない。(´〜`;) 




burdifactorylarecharge2_convert_20141217083800.jpg
パリでもBIO(BIO=biologiqueビオロジック、人工的に手を加えていない自然のままの製品)
な商品が売られているお店では、こういったやり方でマメや穀物、
ドライフルーツ、ナッツ類を販売しているお店があります。



burdifactorylarecharge6_convert_20141217083716.jpg
食器用洗剤、その他掃除のための洗剤。(それぞれBIOなもの)


店内が少し殺風景に見えますけど、包みや容器がなかったら実際こんなものなのかもしれません。

お店を経営していく上で大変なのが、商品をパッケージのないまとまった量で仕入れなければならないので、直接何件もの製造元まで出向かなければならないこと。
それとパッケージが無い分、ワインやチーズ、ハチミツ、オイル、ジャム等食品の品質管理を普通の商品を扱うよりも慎重に行わなければいけないということもあり、あまり遠くからは仕入れができないということだそうです。

確かに輸送を知らない人任せにはできないでしょうし、こうやって何でも包みなしで売ってくれる仕入れ先を見つけるのは、決して簡単ではないと思われます。


買う側の客も自分で包みを用意するということが必要ですが、それと同様、もしくはそれ以上にお店を経営する側にも色々な努力が必要ということですね。

利益重視の世の中で、こういった前例の少ないことをやるというのは、とても勇気のいることだと思います。
消費者としては、このようなお店をできるだけ応援して、これから手本になるお店として、長く続けていって欲しいと思います。



wanbabanyan_201412170620093cb.jpg



sac-en-plastique_convert_20141218051643.jpg

話をレジ袋に戻しますが、フランスではスーパーに行くとこのレジ袋を見かけなくなりましたが、市場など小売店に行くとまだまだこのビニール袋が出回っているんです。

しかし、こうやって見て見ると世の中にこれほど頼りなさそうに見えて、あるとこんなに有り難いものもそうありませんね。大人用のオムツにもなりそうです。(^-^;)


世界では今日紹介したお店の人達のように、無駄な包装をなくそうと働きかけてる人達もいますが、大多数の人は、それに気づかないか、気づいてもそのままやり過ごしているのが現状だと思います。

皆さんはどのようにお感じになりましたでしょうか・・







pollution_sacs_plastiques_convert_20141218031605.jpg

ゴミのなる木というのもあったんですね(●^o^●;)あちゃー






 | HOME |