森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2012.12.22.Sat

市場,チーズ、お惣菜

今日は市場最終日。これ以上続けるとご覧になっている方が、というか私が飽きてしまうので最後にチーズとお惣菜屋さんに行ってみたいと思います。

以前、チーズの記事で書いたことですが、フランスには365種類のチーズがあると言われるくらいたっぷりチーズがあります。実際作る農家によっても味が違うというくらいですからもっと種類はあるかもしれません。
フランス人にとってチーズはワイン以上に切っても切り離せない存在のようです。

DSC02591_convert_20121222005730.jpg

やはり市場に行くとスーパーでは見られない、ハイパーチーズが売られています。種類の多さも肉や魚の比ではありません。
こればかりはここで説明するにはあまりにも数が膨大なので、またの機会にしておきます。

DSC02595_convert_20121222010009.jpg

人間はこういった発酵食が好きですね。日本にも醤油、味噌、納豆、漬け物等もっとありますが、クセになると病みつきになってしまうところがあります。

ありふれた発想ですが、無人島に行くとして食品の中で一つだけ何を持って行く。と聞かれたら私は醤油と答えます。
ちなみに妻は、パンとチーズとチョコレートで迷って、結局チョコレートだそうです・・。よく分からない発想ですが・・。
でも3つのうち2つは発酵食ですから、やはり人間にとっては大切なものなのでしょう。


DSC02594_convert_20121222005445.jpg

こういう白いチーズで中身がトロりと溶けてとても美味しそうに見えますが、意外と塩分が強めです。
元は保存食ですから致し方ありませんが、食事の後の方で食べるものなので塩分とり過ぎに注意です。

こういったチーズ屋さんには、牛乳はもちろんヨーグルトや新鮮な卵なんかも売られています。




続いてお惣菜屋さんです。

DSC02597_convert_20121222010110.jpg

フランスのお惣菜というと筆頭に挙げられるのが、パテやテリーヌ、ソーセージ、ハム、サラミ。人参のサラダ、長ネギのヴィネグレット和え、ベシャメル入りパイ、キッシュなど他にも色々種類があります。

DSC02599_convert_20121222030740.jpg


DSC02614_convert_20121222011747.jpg

パテの中にも様々な種類があって鴨、豚、レバー、フォアグラなど人それぞれ好みが分かれます。
これらも日本で売られているパテやテリーヌより味がしっかりついているので、ワインあっての味付けという感じもします。もっともこれらは食事のメインというより前菜的な存在です。

DSC02612_convert_20121222011508.jpg

この他にもパエリアやキャベツとソーセージの蒸し煮ローストチキンなども店頭にあって、匂いにつられて思わず食べたくなってしまいます。


パリのあちこちで週に2回ほど開かれる、市場は近所に住んでいる人同士が顔を合わせる場にもなっています。「元気!?」「久しぶり!」という挨拶があちこちで聞こえます。

私が店先に並んでいたら、お店のお兄ちゃんが前を通りかかる若い女性を盛んにナンパしていました。そんなことも全部含めて市場の暖かい雰囲気が生まれています。




<仲間同士、自分よりまず友達から先に〜>という内容の詩のとっても感じのいい曲です。
ご存知ない方、是非一度聞いてみて下さい!

Georges Brassens : Les Copains D'Abord -コパン・ダボー 仲間から先に

               -ジョルジュ・ブラッサンス-

        




三日間にわたってパリの市場の紹介をしてみました。いかがでしたでしょうか。
最後に市場で見かけた、色々なを写真でまとめてみました。







DSC02606_convert_20121221082034.jpg








DSC02571_convert_20121221081140.jpg







DSC02621_convert_20121221084119.jpg







DSC02583_convert_20121221012015_20121221083504.jpg







DSC02588_convert_20121222051412.jpg







DSC02570_convert_20121221081423.jpg







DSC02604_convert_20121221081926.jpg







DSC02618_convert_20121221082156.jpg







DSC02624_convert_20121221082320.jpg







DSC02579_convert_20121221081826.jpg







DSC02572_convert_20121221081708.jpg







DSC02608_convert_20121221012310.jpg







DSC02575_convert_20121222051740.jpg






DSC02617_convert_20121222025121.jpg








コメント

2012.12.23.Sun

ブルーチーズやチェダーチーズなど、味が濃い独特なチーズは単品では苦手なのですが、お惣菜となるととても美味しそうですね^^昔フランスで食べたブルーチーズのキッシュが忘れられません。

市場のカラーは色とりどりでなんとまあキレイ!!
2012.12.23.Sun

やはり生まれ育った環境が違いますから、日本人にとって味の強いチーズは難しいですよね。
ブルーチーズのドレッシングというのがあるんですが、これで食べるサラダは美味しいです。
ただこれを日本で作るとなると、チーズ自体がお値段高いですからちょっともったいない気もします。キッシュを作る用意をしているので、明日かあさってにでもレシピのせますね。^^
2012.12.23.Sun

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://morinoshokudo.blog.fc2.com/tb.php/60-808c46b3

 | HOME |