森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2015.02.27.Fri

戦争集結から、1920年台「狂騒の時代」へ


slide01_convert_20150228050219.jpg

国益、名誉、支配欲とそれに対する抵抗が巻き起こした第一次世界大戦。サラエボで起こった事件は、単に大戦が始まるきっかけに過ぎませんでした。

先の見えない長引く戦争で兵士達は士気を失い、ただ死ぬために戦場に行くのではないかと考え始めた男達の中には、戦地に行くことを拒否する者も出てきました。しかし、そういった兵士は反逆罪として銃殺されます。
戦争末期には、いったい何が原因で、何の目的でこの戦争が始まったのかさえ分からないほどになっていました。

4年に及ぶ争いはドイツが敗北を認める形で終わりを迎え、1918年11月11日フランス、イギリス、アメリカの連合国とドイツの間に休戦協定が結ばれました。(大戦途中ロシア、イタリア、旧オーストリアは長期化する戦争によって、国内で革命が起るなどして離脱)どの国も莫大な国費と資源を使い果たし、過去に例をみない犠牲者をだした。


国境という壁を取り除けば、そこにはどの国もみな同じ平和を願う市民の姿がありました。


Tombe_du_Soldat_inconnu_sous_l’Arc_de_Triomphe-2

戦争の犠牲になったフランス人兵士136万人。パリ陥落だけは死守しなければならないという想いで戦いに挑んだ、『ヴェルダンの戦い』その時に戦死した身元の分からない一人の兵士が、1921年1月28日に凱旋門の真下に移され埋葬されています。



sans_t25_convert_20150227010256.jpg
名も無き戦士の墓 Tombe du Soldat inconnu

『起こってしまった過去を変えることはできない。しかし、誤った過去でもそれを戒めとしてこれからを生きることで、過去に生きていた一人一人の人生にも意味が出て来る』






そして・・



annees-folles-paris_convert_20150228053550.jpg
1925年 エレガンスコンクール

戦争が終わり、人々は失った時間を取り戻すかのように夜通しダンスホールで踊り、解放された女性達は街にくり出し、希望に酔いしれ、若者たちが自由奔放に生きる「狂騒の時代」(Les années folles)と言われる時を迎えます。









 | HOME |