森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.01.12.Tue

レンタル電気自動車

DSC07635_convert_20160112072022.jpg

以前から一度電気自動車に乗ってみたかったのですが、妻の運転で先日初めて街中で試乗してきました。
妻が初めてこの電気自動車を使った時、何度イグニッションキーを差し込んで回しても、エンジンのかかる「ブルル〜ン」という音が聞こえないので、故障してるのではないかと思ったそうです。電気自動車ですからエンジンが始動してもガソリン車と同じような反応がないんですね。
そんな話を聞いていたので、走っている時もとても静かなんだろうと想像していたのですが、ずば抜けて静かというわけでもなく、モノレールに乗っているような「クイ〜ン」という独特な機械音が印象的でした。

この無人レンタル電気自動車、以前ブログでも紹介しましたが、乗車する時にチャージしている電気コードを外して、目的地に着いてまたコードを差し込むまでの時間が料金として計算される仕組みになっていて、使い終わった時点で、専用のカードから自動的にお金が引き下ろされる仕組みになっていています。
パリを走る電気自動車←以前の記事


電車で出かけたら思ったよりも買い物の荷物が増えてしまった、重くて大変だな〜・・という時に近くにこの電気自動車があれば、サクッと借りて自宅近くで乗り捨てればOK! そんな感じでスマートに使いこなすのが理想といったところでしょうか。
パリの街中であれば、どこでも簡単に専用のステーションを見つけることができます。
初めてで使い方が分からない時や車が故障した時にも、車内に設置されているマイクで、直接センターに待機している人と会話することもできるといった具合に、サポートもしっかりしているようです。


去年東京都知事の舛添さんもフランスに来て、パリをあちこち見学して周られたようですから、ひょっとしたら都内電気自動車レンタル構想なんていうものが、都知事の頭の中にできつつあるのかもしれませんね。(^^)







DSC06232_convert_20160113070019.jpg

脚の間に収まって寝るあずき・・









 | HOME |