森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.03.30.Wed

古いアパルトマン

 DSC08596+(1)_convert_20160331044834.jpg

写真の建物はパリでよく見かけるオスマン式のアパルトマン。古いアパルトマンは天井も高く、部屋も大きめに作られているので、ゆったりと暮らせるところが利点ですが、多くのオスマン式アパルトマンの場合、定員が2〜3人という非常に小さなエレベーターが、時として厄介な事があります。ほとんど車椅子は入りません。私の場合、友達の家に行く時にも、お医者さんに行く時にも、行ってみたら入れなかったという事にならない様、事前にチェックが必要です。

実はこのアパルトマンが建てられた頃は、住宅用のエレベーターがまだ普及していなかったので、階段しかありませんでした。しかし、徐々に近代化するに従って、狭いところに無理やりスペースを作り、そこにエレベーターを取り付けたので、仕方なく極小のエレベーターになったんだとか。

そういう事情で、引越しなどの際に小さなエレベーターは使えませんから、外に面した窓から大きな家具やベットを出し入れするのが、古いアパルトマンでは、一般的になっているようです。






 | HOME |