森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.08.28.Sun

ソーラーオーブン再び

DSC00668_convert_20160828183708.jpg

2014年に購入したソーラーオーブン。買った当初は夏によく使っていたのが、季節も変わり使う機会もなくなってしまったので、長椅子の下にしまい込んだままになっていました。ところが、最近のこの暑さのせいで、家の中で火を使うのもためらわれたので、久しぶりに引っ張り出して使ってみることにしました。

このソーラーオーブンは、太陽発電して機能するわけではなく、上面がガラス張りの反射板で囲まれたただの箱なんです。
以前、この箱を使った記事→ニャンとか活躍してます!ソーラーオーブン


普通の電気やガスオーブンと違って、自然に太陽の熱で庫内を温めるというアナログなものなので、箱の中が温まるまでに少し時間がかかるうえに、太陽が雲で遮られるたびに箱の中の温度が変化してしまいます。今は8月下旬の太陽の高さなので、庫内が120〜150℃までしか上がりません。最高に温度が上がっても170℃くらいでしょうか。赤道に近い国だともっと高い温度が期待できるかもしれません。

普通ケーキを焼くのにも160〜180℃は必要なので、このように低い温度では、どんなものでも調理できるというわけにはいきません。そこで弱火でコトコト煮込む夏定番の「夏野菜の煮込み」を作ってみました。最初の料理の出発点(ニンニク、玉ねぎ、トマトなどを強火で炒める)だけはガスレンジを使って調理し、その後ナス、ズッキーニ、パプリカを混ぜたあと、この箱の中に入れて調理をしてみました。

DSC00673_convert_20160828190550.jpg
箱に入れて調理開始。


DSC00683_convert_20160828185616.jpg
箱に入れて3時間経過。途中何度か混ぜました。


普通にガスを使って作れば、だいたい1時間ほどでできてしまいますが、それと比べて若干時間がかかるものの、鍋ごと箱に入れてただ待つだけ。下が焦げ付くこともないので、ほとんど手間いらずで調理できます。
以前、これでタルトも焼いてみましたが、ちゃんと焼き色もついて普通に調理できました。


DSC00693_convert_20160828003041_20160828190414c6d.jpg

バジルを添えて食卓へ。ラタトゥイユは冷蔵庫から出して、そのまま冷たくても美味しく食べられるので、夏にはもってこいの料理だと思います。これとキュウリのマリネとパンだけで十分です。今度晴れた時に、また何か作ってみたいと思います。(^^)







 | HOME |