森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.09.12.Mon

フヌイユ :fenouil(英:フェンネル)

DSC02149_convert_20160912193256.jpg
夏から秋にかわる野菜のスープ

夏はトマトをベースに茄子やズッキーニ、ピーマン、インゲン豆を入れた野菜のカレーをよく作るのですが、これから少しずつ秋に近ずくにつれ、秋に収穫する野菜と夏の野菜を混ぜたスープの登場する機会が増えてきます。レモンバジルの葉を散らすとスープの印象がアジアンな感じにガラリと変わって好きです。



kitchen-13_201609121954528c7.jpg
挿絵はbabaちゃまが描かれているわん baba にゃんのフリー素材を
使わせていただいております。
babaちゃま、いつもありがとうございます。(^^)




DSC00679_convert_20160912181643.jpg

新しい植物を庭に植えると、今まで見かけなかった虫も訪れるようになります。今年は大きく成長したフヌイユ (fenouil)(英:フェンネル)の枝に、アゲハチョウの幼虫があちこち居ついていました。
草丈2mにもなるスイートフェンネルは存在感もあり、葉や種の香りも良く花も可愛いので大好きなハーブの一つです。

フェンエンルの葉や枝は魚を丸ごと焼く時にお腹に詰めたり、魚の切り身をホイルに包んで焼く時に、種や葉を一緒に入れて焼いたりしますが、株の丸くなるフローレンスフェンネルは野菜として売られていても、スイートフェンエンルはまず売られていないので(フランス南部に行くと、雑草のようにあちこちに生えているので商品価値がない)ほぼ自分で育てるしかありません。

このスーイートフェンネルには思い出があって、初めて妻の親戚の住む南仏のお宅へお邪魔した時に、乾燥させたものが束になって階段脇の大きな壺に挿してありました。見た目はただの干からびた植物の束でしたが、それがフェンネル独特の素晴らしい香りを周りに漂わせていて、これはいつか自分でもやってみようと思い今では庭のあちこちに植えています。その他の使い方として乾燥させたものを洋風の魚の出汁をとる時や、スープを作る時に一緒に加えたりもします。



hana3_20160913033708b58.jpg



例年だと9月入った途端に気温も下がり秋らしい気候になってくるのが、今年は未だに夏が居座っていて、明日はパリでも33℃の予報です。
真夏のような気温が続いているとは言え、確実に日は短くなっていて、日没するのが毎日4分ずつ早くなっているということです。









 | HOME |