森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.09.30.Fri

ビニール袋から紙袋へ

DSC00878_convert_20160930185549.jpg

スーパーでレジ袋を配らなくなってからしばらく経ちますが、今年7月からレジ袋だけでなく全ての使い捨てのビニール袋の配布が禁止になりました(薬局や果物屋など、全ての一般小売店も同様)。フランスでは野菜や果物はほとんど量り売りなので、スーパーなどでは自分で欲しい分だけビニール袋に入れてレジで会計をしていたのですが、そのビニール袋も使えなくなったので(再生が可能な袋は別)これからは主に紙袋を使用するようになるようです。(100%再生可能なものに切り替えるのが目的)
こういった紙袋はなんとなくノスタルジックな感じがします。通気性もあるので、中が蒸れて臭くなることもなさそう。


hana0013.jpg




ビニール袋による環境汚染で、他にどういった記事があるか検索していると、ある記事に目が止まりました。
12歳と14歳、姉妹の熱意に州知事が動いた!バリ島「2018年までにレジ袋撤廃」へ。「大人たちが動かないなら、自分たちが動こう!」
バリ島でもビニール袋やプラスチックゴミによる環境汚染が問題になっていて、それを危惧した子供達の呼びかけで、州知事が2018年までにレジ袋撤廃を“約束”したというものです。

妻の友人で「地球環境を守る子供を育成する活動」をしている女性がいるのですが、どうして小さな子供たちに地球の環境を尊重すべきかを教えるのかというと、”大人に地球環境改善の話をしても手ごたえがない。子供たちが親に環境への配慮を促した方が効果がある”というのをこのバリ島で立ち上がった女の子の記事を読んで思い出しました。





 | HOME |