森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2016.10.09.Sun

鳥の巣箱

DSC01079_(1)_convert_20161010175122.jpg

先日行ってきた花の市場で野鳥の巣箱を仕入れてきました。こんなものを置く必要もないのでしょうが、巣箱に出入りする鳥の姿を想像したらつい・・(^^)。
一つ一つ手作りされているので、これ以外にもいろいろなタイプの巣箱がありました。野鳥の種類によって穴の大きさも違い、屋根は瓦でよく使われる石でできています。


troglodyte-mignon-44x_14a468_convert_20161010061542.jpg
troglodyte mignon ミソサザイ

鳥の巣で思い出したのですが、 この夏伸びてきた藤の枝を切ろうと、妻がハシゴを使って屋根の下を覗き込んだところ、軒下の藤の木の中に綺麗なコケでできた鳥の巣を見つけました。どんな鳥が巣を作ったんだろう?といろいろネットで検索してみたところ、どうもtroglodyte mignon ミソサザイという野鳥の巣のようです。(和名はParadise of the Wild bird-野鳥の楽園の湯けむり2さんに教えていただきました。)


DSC09284_convert_20161010062828.jpg
写真は初夏のもの

巣の中には卵がなかったので、どうも空き家だったようです。このミソサザイという鳥は、一夫多妻制でオスがせっせと4〜5の巣を作り、その中にメスの気に入った物件がひとつあれば、その巣を作ったオスと子作りを始めるのだそうです。鳥の世界でも甲斐性のあるオスの方が、メスに慕われるということですかね。(^^;) このミソサザイはかなりのイクメンらしいですよ。

今年はもう巣作りは終わりでしょうから、来春元気で可愛い野鳥の子の姿を見るのを楽しみにしています。






 | HOME |