森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.01.16.Mon

走行規制

11614576_convert_20170117023014.jpg

車の排気ガスが原因でパリの空気の汚れがひどくなっているのは、もう何度もブログでお話ししていますが、今日1月16日から、車から出る排気ガスのレベルに応じて、フロントガラスにシールを貼ることが義務ずけられるようになりました。その日の空気の汚れ具合によって車の使用が規制がされるそうです。

ナンバーなしの「緑色」は電気自動車か水素で走る車。1番の「紫色」はハイブリッド車、又は製造されてから6年以内のガソリン車。2番の「黄色」製造されてから6年以上10年以内のガソリン車と6年以内のディーゼル車。3番「オレンジ」は・・といった具合に排ガスの排出量が多くなるだろうと予想される順にしたがって数字も大きくなってきます。
ですから4、5番の車は、「私は空気を汚してますよー」と言ってるようで、貼るのもちょっと気が引けますね・・。実はこうすることによって、車市場の活性化を図る政府のもくろみもあるのではないかと思います。




photo2_convert_20170117025921.png
来月2月から(予定)セーヌ川を電気モーターで走る『浮かぶタクシー、シーバブル』←(記事に移動します)というものが試験的に走行を始めるようです。なんだか、ゆるキャラみたいで可愛いですね(^-^)。どうやって浮かぶんでしょう?運転手一人と乗客4名が乗車できるそうですが、ちょっと乗ってみたくなります。楽しみです。









 | HOME |