森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.02.23.Thu

ガトーバスク

DSC01823_convert_20170224064555.jpg
フランスの南西、スペインに隣接するバスク地方という所の伝統菓子で、ビスケット的な生地の真ん中にカスタードクリームをサンドした焼き菓子を作ってみました。サクッとした食感で、バターの風味が素晴らしいお菓子です。最近ほとんどお酒を飲まないので、こういった甘いお菓子がたまに食べたくなります。

バスク地方はフランスでありながら、バスク語という言葉を話す独特な文化が存在するそうです。この他フランス北西部のブルターニュ地方ではブルトン語、イタリアに近いコルシカ島ではコルシカ語というのもあり(現在は基本的にフランス語を話す)それぞれ習慣や食文化にも特色があるらしくとても興味深いです。青森と鹿児島では方言もまるで異なるのと同じ感覚ですかねぇ・・。((°_°))



DSC01850_convert_20170224064756.jpg
今日は日中で15℃以上ある春のような陽気でした。
冬の間室内に避難させておいた植物を徐々に外に出し始めています。

ヒヤシンスもそろそろ開花しそうです。








 | HOME |