森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.03.04.Sat

街の掃除

photo_16_convert_20170305070112.jpg

以前、ブログで「鼻の都は臭かった」(←ココ)という記事を書いたことがあったのですが、『昔まだパリの下水道の設備が充実していなかった頃、家庭から出される生ゴミや汚物で、道の溝がすぐに詰まり街はいつも腐った肉や魚の臭いで溢れていました。アパートの上の住人は、下まで汚物(糞尿)持って運ぶのが面倒なために、窓から外に投げ捨てることも、しごく当たり前のことだったそうです。また、馬車が重要な移動手段だったために、パリにいた数万頭にも及ぶ馬達の糞尿で街中は悪臭に満ちていたようです。通りの真ん中は道の両端より低くなっていて、雨が降った時に汚れがその中央に集まるようになっていました。』
そういった歴史があったせいなのか、今でもパリでは水を使って道路を掃除をしている光景を見かけます。



1401515522-Tricycle-et-Moto-balayeuse-Jacquelin-1912_convert_20170305065947.jpg

水を流して、ただ箒で掃くだけよりももっと効率のいいやり方を考えたのか、ネットで調べてみると、馬に大きなタワシのようなものを引かせたり、上の写真のように自転車の後ろに回転するタワシのようなものを取り付けたりしたものもあったようです。




latil_lavage_convert_20170305070050.jpg

近代化してくると水の入ったタンクを積んだ車が、水圧で一気にゴミを集めるようになってきました。現在もこの手の小さな車が掃除しているのを時々見かけます。数年前まで、犬の糞も飼い主が拾わずにバキューム機能のついたオートバイがフンを集めていましたが、最近では飼い主さんがきちんと落し物を拾っている姿も時々みかけます。


フランスの学校では生徒たちが校内の掃除をしません。掃除をする人がちゃんといるので「掃除は自分たちがするものではない」という考え方が子供の頃から備わってしまっているようです。日本の学校のように、自分たちが汚したものは自分できちんと綺麗にするという意識を植え付けるのは、個々のモラルの向上のためにも大事なことだなと感じています。







 | HOME |