森の食堂 ア・ラ・カルト

フランスの片田舎で、四季の食材を使った料理を楽しみながら、森の動物とネコ達と暮らす日々を綴ったブログです。

2017.03.20.Mon

食の欧米化=健康を損なうは本当?

DSC02898_(1)_convert_20170321064145.jpg
ポロ葱とほうれん草のキッシュ

欧米の食事というのは、『鶏、豚、牛肉、ベーコン、ソーセージ、ハムなど加工肉中心の食生活、動物性脂肪、乳製品、砂糖などの過剰摂取』であり、日本人の食事内容が欧米化し、それを長く続けることでコレステロール値も上がり、後々健康を損なうリスクが高くなる。そんな風に私たちの頭の中に擦り込まれています。しかし、果たしてそんなに欧米人が体に悪い食べ方をしているのか?というと、私がフランスで暮らして感じることですが、それほど肉ばかりを食べるような偏った食事の仕方はしていないように感じます。

実際、私の知っているフランス人の方に関して言えば、普段からたくさんの野菜や豆類、果物をたくさん食べていますし、統計的にみても肉の消費量は年々減少してきています。チーズやヨーグルトなど乳製品もよく食べますが、食べ過ぎなければカルシウムを摂取できる大切な食品だと思います。



DSC02298_convert_20170323063533.jpg
かぼちゃのスープ。フランス人はよく野菜のスープを飲みます。



DSC09051_convert_20170323064042.jpg
サラダ菜の少ない冬はビーツのサラダ

なんでもそうですが、”偏った食べ方”がいけないのであって、バランス良く食べているフランス人はとても健康的な食べ方をしています。(もちろんピザや肉ばかり食べているフランス人もいますが)

日本ではひとくくりに「食の欧米化」イコール「健康の悪化」という言い方をされていますが、どんなものでも摂り過ぎはよくないので、欧州の食事の良いところを参考にして、うまく日本の食事の中に組み込んでいくことが大切なのではないかと思います。







 | HOME |